作ってみたよ

上っ張り

うっかり過ごしていた訳でもありませんが

20140219a

年も改まり 早や二月も あと10日足らず。

立春が過ぎても とても寒く、ねこが重宝しています。こちら→★★

他にも 箪笥の奥から引っ張り出した着物用の上っ張りも重宝しています。

20140219b

若い時の物で、色は少し派手(画像はレトロ処理)なウールの一重。

ねこの上に羽織ると、暖かくゆったりしているので肩こりしません。

洗い替えが欲しいのですが、もう一枚は虫食い穴だらけ (ノ∀`) アチャー

20140219c

ウールの着物でリフォームとも考えましたが、着物にはハサミを入れられず。

昔、母に自分で縫うようにと買って貰ったまま放置の反物を思い出し。

以前、流行ったアンサンブル用なので たっぷり生地があります。

20140219d

じゃん作ってみました。

20140219e

作務衣の型を応用して、袖は筒袖でなく少し丸みをつけ袖口はゴムで絞ります。

まだまだ、生地がたくさん残っているのですが・・・

去年、出かけた先で上っ張りにモンペ風の姿のご婦人を見かけました。
余りに素敵だったので思わず声をかけて、お聞きしたら
着物をリフォームしたものだから簡単ですよと、お話されました。

以来気になっていたもの、ついでにモンペも作ろうかな

おりしも、朝ドラの女性たちは戦時色濃くなってモンペ姿が目立ちます。
何か、流れに乗っているような気がしないこともありません

もう一つ、最近話題で気になるものが 割烹着。

海外の映画賞で最優秀女優賞の女優さんが映画の中で着ているとか
また、若き女性研究者や朝ドラの主人公が着ていたりします。

着物を着て家事をするのに、たっぷり袖まで覆うので便利でした。

以前は着物を着る機会がなくても、何かの時にと箪笥に入っていたような。
何かの集まりで、お手伝いするような場面になった場合に
中に何を着ていても、割烹着を着ると一応サマになる感じでした。

上っ張りにモンペ姿や割烹着、家の中なら好いかもと思っています。

裏を表に

寒い寒いと言いながら弥生3月に突入。

20130301c

今年は山茶花の花がいつまでも綺麗に咲いています。

20130301b

花の蜜を求めて来たお馴染みのメジロたち。

20130301a

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

先日 押入れから出てきた懐かしいもの。

山茶花の花に色に似た赤い着物用の羽織りもの。

20130301d

ほとんど着ることもなく仕舞ったままでしたが、思い出のもの。

裏地には虫食い穴がポチポチと。

20130301e

ウールなので羽織ってみたら暖かい。

けれど、普段着にしても この色では

裏布を外して、解いた着物地を付けて表も裏も着られそうにリバーシブル

20130301f

捨てる前の なんちゃってリフォームですが、自分用なので大丈夫。

ゆったり羽織れて、暖かい

↓は、同じ布で ちょっと羽織れるベスト。

121002a

去年の秋に友人のところへお嫁に行きました。

またまた ニットキャップ

春も近いかと思えましたが、昨日今日と冷たい雨になっています。

20130218g

本当の春は、もう少し先のようですね。

少し足を延ばした先で会ったルリビタキ

20130218a 1/22

女の子なのか、もしかすると若い男の子かも

20130218b

トップが、いつまでも年明けの写真ではと

最近編んだニットキャップとちょっと変わったマフラーです。

20130218d

マフラーの毛糸は随分以前に編んだセーターを解いて・・・

20130218e

セーターの中身が大きくなって着られなくなりましたので

他に毛糸はたくさんあるのに、貧乏性というか(≧m≦)

なので、またニットキャップを2点

20130218c

左のは、お嫁に行きました。

   :;;;:♪:;;;::;;;:♪:;;;:

バレンタインデー

20130218f

私にももらったけれど可愛すぎて食べられません

もう一人は、何も考えずパクパク

2013 年の初めは

新年 あけまして おめでとうございます

20130104e

更新も まとまりも あまりない ブログですが

本年も よろしくお願いいたします。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お正月ということで 和のもので 着物地を

20130104a

さて 出来上がりは

その名もゆかしき 「素襖袋(すおうぶくろ)」

20130104b

少し地味でしたが、納得の出来

ちらっと内側の色味が出ているのがみやびかと・・

でも、「これって ずれてるの?」 なんて決して言わぬよう

 

お茶席にお呼ばれした時の数寄屋袋のように、懐紙などをいれます。

着物の場合、数寄屋袋と同様に帯のお太鼓に挟めますね。

調子に乗って 次々と

20130104c

袋の蓋にあたる かぶせを開けてみれば

20130104d

ポケットのようになった入れ口もあります。

大きな方の袋は、お懐紙などを入れてお茶席に

小さな方は、アクセサリや念珠など入れにも好いかも

年の初めは 和の袋物を見て頂きました

それにしても地味な袋でしたが、それぞれお嫁に行きました

 

 

 参考にした本は続 茶の袋物―やさしい手作り です

また 毛糸の帽子

少し前の小春日和の公園で。

20121216b

 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

どんな帽子も似合わないという、長年の友人。
ベレー帽ならどうかと娘に言われたそうです。

で、編み込みのキャップとベレー型の帽子を編んでみました。

20121216c

20121216a

ベレーの形は、以前にも沢山編んでいます。 こちら→★★

手持ちの残り毛糸で編むので似たような色のものばかり(^^ゞ

どんな帽子も似合わないという人には、ベレー帽と
前に編んだ縁がくるんとなっている迷彩色のを送ってみました。

縁のくるりんは、顔の輪郭をカバーして誰もが似合いそうです。

思った通り、とても可愛かったと喜んでくれました。

めでたし

毛糸の帽子

いよいよ師走、何かと気忙しくなってきます。

今年も一年いろんなことがありました。

20121203a

終わり好ければすべてよし でもありませんが

あとひと月 楽しく過ごせると嬉しいですね。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

寒さに向かって、編み物を

20121203b

せっかく編んでみましたが、この形は私にちょっと似合わない(゚ー゚;

で、他のデザインにしてみました。

20121203c

似合うかどうかは別として 一つ目は、少し小さくて・・

次は、ぴったりで・・  調子にのって もうひとつ・・

どの順番で編んだのか判るかな

参考にした本は北欧のあみこみ帽子 (Let's knit series)

小箱

青い空に翼を広げて飛ぶ白い鳥。

B121124a

鶴だとおめでたいのでしょうが、これはコサギ。

 

 

 

↓は、おめでたい鶴の模様の小箱。

B121124c

チーズの箱をばらして、布を貼って簡単カルトナージュ。

蓋の裏や内箱の外側にも貼った布は、赤地に梅の柄。

B121124e

白地に鶴を織り出した、一見豪華に見える生地ですが。

 

 

春におめでたいお呼ばれがあり、ネクタイを出したら黄ばんでいました。
あわてて新調して出席し、楽しい宴をすませました。

 

 

が、残ったネクタイが捨てられず。よく見たら化繊なのに・・・
思いつきで解いて洗ってみたら、黄ばみは残っていますが

B121124d

こんなんが出来ました。

ちょこっと遊んでみましたが、形が少し歪んでしまいました。
何事もいい加減な性格が出るものです┐(´д`)┌ヤレヤレ

バネポーチ

昨日の朝は、前日までとは違う季節感で目覚め肌寒いとも思いました。

日中の残暑はまだ感じますが、朝夕はすっかり秋めいてきました。

120919d

公園の土手で見つけたツルボ
120919a

この数日後、下草刈りですっかり刈り取られていました。
120919b

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

この夏はとても暑くて、何もできなかったけれど・・・

ちょこっと作ったもの

バネポーチ

Bane1

100均を覗いて、バネポーチ用の口金を見つけました。

お試しに買って帰り、作ってみたら

調子に乗って袋を作り、100均に行くと口金は売り切れでした

仕方がないので、手芸屋さんで調達

友人が長期入院すると聞いて、こまごましたものを入れるようにと

Bane2
リリヤンを編んで、持ち手を付けてみました。
下の布は手ぬぐいです。
写真を撮り忘れましたが、あずま袋に縫って一緒にお嫁入り

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

その他のカテゴリー