« 迎春 | トップページ | 寒中お見舞い »

ねこ その後

昨日から今季一番の冷え込みで、家の中は底冷えしています。
それでも、窓の外は明るい冬晴れの光がいっぱいで
年末とは違って暖かい春を待ち遠しい気持ちになります。

Nekom
この間の“ねこ”の記事の 〇〇〇ねこ・・・こちら→★★

今日のような寒い日のためのもの。
信州地方の地名を付けたものが有名ですが。

私のは、強いて言えば“うちのねこ”でしょうかcat

Neko_j

昔は、お蚕さんの真綿を背中の大きさに広げた“背負い真綿”を肌着の上に乗せ防寒着にしていたそうです。

友人は子供が生まれた時、祖母がおんぶの上に着る「亀の甲」というのを縫ってくれたとか。

私のねこは、よそのブログや商品などを参考にして適当に作りました。
自分や気心の知れた友人用で、適当に同じようなものが出来ればOKのつもりで。

実は、「打ち直しの綿」や布の在庫整理が目的で(^^ゞ
夏の間、手縫いでチクチクしたものに寒くなる前に綿を入れました。

そんなねこの作り方、友人達のリクエストで まとめてみました。

布の都合等で、そのままの寸法でなくても大丈夫ですよ~(゚▽゚*)

興味のある方は
↓の 》続きを読む をクリックしてみて下さい。

How to ねこ風羽織りもの

まず、布を用意します。
目の詰まったシーチングの布を使いました。

①表と裏の布(縫い代 1㎝) 各一枚
Neko_a

②表と裏の布を中表に合わせ、裾を図のように縫い代1㎝で縫う
 (縫い代は上側に倒す)
Neko_b

③裏布をずらし、衿あき側に合わせ両脇側を縫う
 (縫い代は裏布側に倒す)
Neko_c 

④綿を入れます(化繊の綿より、木綿(もめん)綿の方が風を通さず良い)
 綿は200g位入れました。

 綿を切る時は、はさみで切らず手でちぎる。
 布と綿の間に、真綿を薄く引くと良いのですが省略しました。
Neko_

⑤綿入れ
 布の長さ1/3位の広告の紙を置いて図のように折り込み
 表側の中に手を入れ、もう一方の手で布をひっくり返す
Neko_e

⑥綿が入ったら、衿をつけます
 表と裏の布と綿を、ずれないように荒くしつけをかけて
 衿つけの長さを計る(衿用の布の長さ)
Neko_f

⑦衿用の布作り
 衿用の布は、少ししっかりした木綿の布を使いました
 12センチ幅のバイアスで、衿つけの長さに20センチ足した長さ
 はじめにアイロンをかけて、折りの形をつけておくと良い

⑧衿つけ
 表布に、左右10㎝余分に出して衿を縫いつける
 衿布の長さを半分に折り、真ん中から待ち針で左右に止めていくとやり易い
Neko_g

⑨衿を縫い付けたら、カーブの所に切れ込みを数カ所いれる
 この時、縫った糸を切らないように注意
Neko_h

⑩4㎝幅の衿になるよう、裏側の布にまつり縫いする
Neko11

⑪紐の足りない長さ分、別の布で4㎝幅のテープ(バイアスでなくて良い)を作る
 衿にテープを縫い付け、背負ってみて具合の良い位置に縫いつける
Neko_l

簡単にまとめるつもりが、なんだかくどい説明になりました。

作ってみれば、とても簡単にできますよ~happy01
サイズは適当でも、暖かな羽織りものが出来るはずです。

何かあれば、コメント欄に書き込んで頂ければ判る範囲でお答えします。 

hairsalon ちょっと補足しました。

別にどうしてもやらなくてはいけない事ではありませんが・・・
ねこを使っているうちに、綿が片寄らないよう 縫い終わったあとで

周囲を しのび綴じ(隠し綴じなどと いろんな言い方があるようです)
=表や裏側に出る目を小さく、綿の部分は荒くすくって大きな目で縫う=
ことをお勧めします。
↑うまく説明できませんが 検索などしてみて下さい(笑)

ねこの綿が側の布端まで上手く入っていれば好いのですが
小さめに入れていると、使っている間に綿が動いてしまうので
それを防ぐための知恵でしょう。

左右は5㎝位 下側は少し広く10㎝少しあっても好いかも(適当に)
上側は、衿を止める時に綿も綴じ付けてあれば やらなくて大丈夫。
ぐるっと三辺を綴じて置くと長く使えます。

|

« 迎春 | トップページ | 寒中お見舞い »

コメント

こんばんは!
ねこのHow to すごい力作ですね、さすがです(・∀・)イイ!
とても 良く分かりますよ~、
これだけ作るのは大変だったでしょう。
有難うございました。

中は木綿わたがいいですよね。
材料をいろいろ調達しないといけないので すぐには無理かもしれませんが・・・さっそくプリントして参考にさせて頂きます。

きょうは特に冷えるので この猫ちゃんがほしい所です。
最強の寒波 もう少し居座るようですから、風邪など引かないように気をつけなくちゃね。
ありがとうございましたhappy01


投稿: zucca | 2014年1月10日 (金) 20:53

zuccaさん こんにちは。
コメントありがとうございます。

長々お付き合いありがとうございます(^^ゞ
PCソフトもたまには使おうかと、やり始めたらまとまらなくて・・
zuccaさんに分ると言って頂けると、嬉しいです。

本当は適当にやっても出来るということです(^^ゞ
綿無しのベスト感覚で羽織るものでも良さそうですが
せっかく作るのでしたら、木綿わたを使って
暖かく使えるものの方が良いと思います。
あ、綿入れの作業は部屋中に綿が散るのでお気をつけ下さい。
私は4枚だったので、ベランダにレジャーシートを敷いて作業しました。

ほんとうに今日は冷え込んで・・猫ちゃん大活躍( ´艸`)プププ
泥縄では無理でしょうから、のんびり挑戦してみて完成したら見せて下さい。
こちらこそ、見て下さってありがとうございました。
zuccaさんも、風邪ひかないようにご用心くださいね。

投稿: シマのママ | 2014年1月11日 (土) 13:41

こんにちは!
おかげさまで 私も念願の「ねこ」を作る事が出来ました。
背中がとても暖かく、かつ作業しやすいので大助かり♪
綿入れは 今までした事がなく今回初めてでしたが、丁寧な解説で なんとか綿入れする事が出来ましたヽ(´▽`)/サンクス
私は 見頃はミシン縫いでしたが、
シマのママさんは 全部手縫いで 大変だった事でしょうね。
先程 ブログUPしました、久しぶりにTBさせていただいたので宜しくお願いします。
シマのママさんも ご迷惑で無かったらTBしてくださいませ、お待ちしていま~す。
有難うございました。

投稿: zucca | 2014年1月27日 (月) 14:05

zuccaさん こんにちは。
先ほど拝見してきましたが、素敵なねこが二枚も出来ましたねlovely
こんな つたないHow toでも、最上級の理解力があれば
完成するのを実践して頂いて嬉しいです(/ ^^)/アリガトネ
そして、ブログの紹介とTBもありがとうございました。
お言葉に甘えて、こちらからもTBさせていただきましたので
宜しくお願いいたします。

私の手縫いは、暇つぶしということもあるし
売り物ではないので余り苦になりません(^^ゞ
在庫整理を兼ねた暇つぶし、お金をかけない
お遊びのモノ作りにお付き合い本当に有難うございます。

投稿: シマのママ | 2014年1月27日 (月) 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/58893703

この記事へのトラックバック一覧です: ねこ その後:

» 猫は猫でも・・・[E:spa] [zuccaさんの備忘録 ]
猫は猫でも・・・ 猫じゃらし(エノコログサ) ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 里山探鳥②の [続きを読む]

受信: 2014年1月27日 (月) 13:52

« 迎春 | トップページ | 寒中お見舞い »