« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

出会いは・・

10月も残り数日、秋も深まってきました。

今年の秋は、残念ながら旅鳥さんとの出会いがほんの少しでした。

また会えるかと、保留にしていた画像をupすることにします。

20131029a

金木犀が満開で、ハナミズキの実が出来て葉が散る前のこと。

10月初めのころの公園です。

20131029b 10/4

まだ木の葉が茂っていて、姿を見つけにくい時でした。

20131029d

高いところで、こちらを観察してるようなのはエゾビタキでしょうか。

20131029c
カメラを向けると、飛び移って逃げてしまいました。

同じ木にいた別の個体ですが。

20131029e

胸の模様は、よく見ると薄いようにもみえます。

20131029h
サメビタキかな? コサメビタキかも??

こちらは、ちょっと飛ぶ振りをしても・・・
20131029f

近くで様子を見ています`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
20131029g

それでも、少し遊んで飛んで行ってしまいました。
20131029i

この後、台風や雨で出かけられず出会いはありませんでした。

次に立ち寄る時は、もっとゆっくりして欲しいですね。

他の場所ですが、早くも冬鳥さんとの出会いがありました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のコスモスと

台風は遠のいているようですが、今日はどんより曇り空cloudcloud

毎年コスモスが咲く場所へ台風の来る前に行ってみました。

20131026a
えっsign02 夏と秋の競演のようです。

ヒマワリの花は、いつも数本は混じっていますが今年は・・・

20131026b 10/21
コスモスと五重塔をねらっても、ヒマワリが頑張っています(*´v゚*)ゞ

それでも、コスモスを撮りたい;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

20131026c

沢山の花は、いつも何が撮りたいのか不明写真になります。

20131026d

優柔不断な性格の表れでしょうか┐(´д`)┌ヤレヤレ

  ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

夏のテシゴト

すごーく 久しぶりに布ぞうりを作りました。

20131017b

久しぶりすぎて、形が上手く出来てません (;´д`)トホホ…

20131017a

今年の夏は、厳しい暑さで毎日を凌ぐのに精一杯でしたcoldsweats01sweat01sweat01

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿地の蝶たち

次々と発生する台風に、被害が無いようにと思うばかりです。

ヌスビトハギに、可愛い花のあとに実も出来ています。

20131022q

実の連なりが、つま先歩きをした盗人の足跡に見えるとかsign02
よそ見して歩くと、服に沢山くっついていてアチャー(;´▽`A``

フジバカマにベニシジミ。アサギマダラは見つかりません(u_u。)
20131022s

萩の花には、ツバメシジミ 随分翅が痛んでいます。
20131022r

トンボもよく見ますが、名前がよく解らず後回しにしていました。

一応UPしますが、名前が間違っていたら教えてくださいね。

20131022t
この間会ったので、アキアカネでしょうか?

最小のトンボより少し大きかった(3cm位) ヒメアカネかな。
20131022j

リスアカネか、コノシメトンボ どちらでしょう?
20131022k

飛んでいるところも撮れました。

20131022l 20131022m

結局、赤いトンボも色々でよく解りません ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

追記:お友達のzuccaさんから、ヒメアカネは肩にⅰの模様があるとのこと。
 
    ↓ 探したら、よく解る画像がありました。
20131022u
zuccaさんありがとう(^^)/ 感謝ですm(_ _)m

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだまだ湿地の花(晩秋)

台風が次々に来て、秋も深まりススキの穂も開いてきました。

20131022a

メリケンカルカヤ 穂の出始めは可愛く、いつも撮ってしまいます。
20131022b

こちらは、何の花の綿毛なのでしょうか?
20131022c

ワレモコウもたくさん穂をつけています。
20131022d

よく見れば、吾亦紅(われも また 紅)の名のとおり暗紅色です。
20131022e

この日はセンブリがたくさん咲いていました。
20131022f

とても苦いそうですが、花は可愛いですね。
20131022g

キセルアザミも、ひっそりと まだ咲いていました。
20131022h

紫の色がとても綺麗です。
20131022o

まだ開く前の花も見つけました。
20131022p
グラデーションが私好みhappy01

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遊歩道にて

夏のあいだ余りの暑さで足が向かなかった、久しぶりの遊歩道。

春はミヤマホオジロやルリビタキ、クロジが居ました。こちら→

20131020a

この日、野鳥との出会いはヤマガラだけでした。

道沿いにはヤブミョウガや、ミズヒキが茂っていました。

20131020b

林床には、ひっそりホトトギスが咲いています。

20131020c

花被片が水平で、下部に黄色の斑紋があり花柱には斑点があるので
セトウチホトトギス(ユリ科)でしょうか。
20131020d

ヤブマメ(マメ科)も蔓を伸ばしてたくさんの花をつけています。
20131020e

青紫の花びらの先がくるりとカールしています。
20131020f

金平糖のような花が可愛い、ミゾソバも咲いていました。

20131020g

20131020h

コミスジが止まっていたり
20131020i

葉の上でジッとしている青ガエル、林の番人のようです。
20131020j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みんなの夢 (o ´_○`o)

たしか、先週は30度越えの夏日だったりでした。

ひどい被害を出した台風の後、今日は薄曇の晩秋を思わせる肌寒さ。

20131018a

公園を歩きながら ふと見ると・・・

20131018b

ちびっこを連れたママたちの向こうに、あの人気者(●゜_〇゜●)が・・・

20131018c

先日(10/13)、生みの親の訃報を聞いたばかりです(o´;〇;`o)ウウ・・・

こんなところで お会いできるなんてhappy01

20131018d

♪忘れないで夢を こぼさないで涙

みんなの夢まもるためnotes

20131018e

時ははやくすぎる 光る星は消える

だから君はいくんだほほえんでnote

20131018f

つぎは、何処の子供たちのために夢を届けるのでしょうか( )'●'( )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストロー

百日草の周りを飛ぶ ホウジャクです

20131016a

花から花へとホバリングしながら 長いストローを伸ばして吸蜜中

20131016b

蝶のように見えますが、ガの仲間(スズメガ科)です

20131016c

こちらは 同じようにストローを延ばした セセリチョウ

20131016d

他の日にもセセリチョウが ストローを伸ばしていますが何があるの?

20131016e

こちらは花の蜜でしょう ヒラタアブも寄って来ています

20131016g

ヒョウモンチョウも、判りにくいけれどストローを伸ばしています

20131016h

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ 湿地の花(秋)

予報通り、季節外れの暑さですが写真は秋の花です。

湿地に咲いていた、秋の七草以外の花たち。

20131007c

ワレモコウ(吾亦紅)(バラ科)目立ちませんが、好きな花です。

近くにはツリガネニンジン(キキョウ科)
20131007l
もう、花は終わりかけて種が出来ています。

桔梗は早く終わって、代わりにサワギキョウ(キキョウ科)
20131007b

下のほうの花は終わっていましたが、数株が固まって伸びていました。
20131007a

目立たない花も可愛いヒメシロネ(シソ科)
20131007m

スイラン(キク科) 葉が根元から細長く、ランの葉に似ているから。
20131007d

よく似ているアキノノゲシ(キク科)
20131007e

シラヤマギク(キク科)
20131007n

恥ずかしげに下を向いて咲くのはキセルアザミ(キク科)
20131007f

サギソウの後の湿地は、点々と小さく咲いた白い花
20131007g

シロイヌノヒゲ(ホシクサ科)

20131007h
名前は花の部分を白犬の髭に見立てたそうですがsign02

黄色く小さなミミカキグサ(タヌキモ科)
20131007i

こちらも小さな花のタチカモメヅル(ガガイモ科)
20131007j

オマケは

キノコですが、食用かどうかは判りません。
20131007k

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿地の花(秋)

またまた台風の影響で、秋を通り過ぎたような肌寒さです。
でも、明日はまた暑くなるとか・・・sign02

それでも、まだ暑さの残る先月の積み残しの写真です。

20131006hi

ホオジロもギラギラ日の差す中で、暑そうでしたsweat01

以下は、秋の七草の中で見つけることの出来たお花たち。

萩(ハギ)の花 マルバハギ

20131006a
暑さのせいか、葉が痛んでいます。

桔梗(キキョウ)は、早く(8/14)に見つけUPました。 こちら→★★

葛(クズ)の花は、湿地ではなく林道で見つけました。

20131006b

蔓ではびこると嫌われ者ですが、お花は綺麗です。

20131006c

藤袴(フジバカマ)に似ていますが、同じ仲間のサワヒヨドリ?

20131006d

女郎花(オミナエシ

20131006e

小さな花が寄り添って咲いています。

20131006f

尾花(オバナ)はススキのこと。

20131006g

ちょうど黄色い花が咲いたところです。

20131006h

黄色のは雄しべだそうで、少しだけ穂になりかけていますね。

最後の 撫子(ナデシコ)は見つけられなくて残念(´Д⊂グスン

book 秋の七草の覚え方では、五・七・五・七・七に合わせて

ハギ・キキョウ/クズ・フジバカマ/オミナエシ/オバナ・ナデシコ
=これぞ七草と教わりました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

湿地の花は、もう少し続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »