« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

成長記

生まれて8日目(7/11)の雛の様子です。

130721a

ずいぶん大きくなりました。

撮影場所のすぐ下に来てくれました。
130721b
しゃがみこんで、餌を貰っています。

餌は大きなミミズ
danger↓の画像に移っていますので嫌な方はスルーして下さいね。

130721c
くちばしに巻きつかれて困った~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ (少し画像処理しました)

お腹いっぱいになるとすぐに、ネムネムsleepysleepy
130721d

寝起きでも、ご機嫌(*^-^)
130721e
まだまだ大きくなるので、とても足が太いです。

食後の散歩に出かけるようです。
130721f
後ろ姿は、やっぱり楽しそうで可愛いnote

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そして、その一週間後の生後15日目(7/18)
130721g

もう、しっかり一人(鳥)前happy01
130721h

そろそろ、自分で餌を探す訓練でしょうか?
130721j

そう見えても、まだまだ甘えています。
130721i

大きくなるのがとても速いので、UPが追い付きません\(;゚∇゚)/

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成長記 番外

連日 猛暑 時々 ゲリラ豪雨です。

それでも、タンチョウの雛は順調に見違えるほど成長しています。

なので、今日は番外編。

130718c雛は、左の親鳥の胸のあたりの草むらに休んでいます(7/5)

スペシャルな餌のおこぼれをねらって、居候生活のゴイサギ。

追われれば、そばの林に飛んでいきますが
130718d

隙を見ては、池に舞い戻ってきます。
130718e

見事な着水を連続でご覧ください。
130718f

なんとか、美味しいご馳走にもありつけたようです。
130718b

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

次は、カワセミです。
遠いので、拡大&トリミングしています。

130718g
遠すぎるけど、記念写真にとカメラを向けました。

130718h
そうするうちに、戦闘態勢に・・・

そのまま、池をめがけて・・・
130718i
二枚の写真を、合成。

少しホバリングもして・・・
130718k
ホントは、こんなに遠いのです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

この後、飛び込み 魚をゲットして木に戻りました。
130718kl

随分ボケボケですが、一応撮れていたのでUPしてみました(^^ゞ

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成長記

生まれたばかりだったタンチョウの雛。
前回の翌日(7/5)、ということは孵化後4日目です。

130714b

あまり違いはないようですが、ぐんぐん大きくなっていくようです。

130714c
餌をねだる様子が可愛い(゚m゚*)

そして、親子のいる池の向こう側 右奥には、背後霊のような姿がshadow
130714e

果たして その光景はsign04 sign04

タンチョウの餌をねらってやって来る、ゴイサギでした。
130714f

家族で散歩の様子も少し変わってきました。
130714g
おチビさん ちょこっと、冒険してみようと水面を覗きこんだら・・・

あらら Σ(゚д゚lll)アブナッ ! chick↓写真をクリックしてみてね。
201307_turu

親鳥は、あわてず見守っていただけ・・・
130714i
本人(?)も、ナンデモナイモンって感じ(○゚ε゚○)

130714j
これからも いろんなこと いっぱい あるさ と、話してるのかな?

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここからは、生後一週間目(7/8)です。
130714k

親と同じしぐさで水を飲んでいたり。
130714l

大きなドジョウを貰ったり。
130714m

少しばかり親から離れてみます。
130714n
グッと大きくなったように。 近づいて写真が撮れました(笑)

でも、やっぱり 大きくなっていますよね。
飼育員さんは朝と夜で違って見えるそうです。

130714o
まだまだ生後一週間では、親の後を追って甘えています。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文月の蝶 2

6月の積み残しの続きです。

ミドリシジミの綺麗な姿に魅せられて通った湿地池ですが。

130710b

姿を見せてくれて、翅を開きそうにモジモジはしますが・・・
130710c

めったに開いてくれず、開いても♀だったりです。
130710d

それでも、逆光で見える翅の縁でうっとりもしました。
130710e

そして、初見初撮りの蝶も見ることが出来ましたscissors
130710f

ゼフィルスのうちのアカシジミです。
130710g 6/13

他の日(6/17)には、杉の枝に長い間 止まっていました。
130710h

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

presentオマケ

130710i 6/13
今年は少ないと言われた小さなトンボです。

130710j

130710k
カップル成立のようです。

例年は、サギソウの頃まで見られるそうです。
130710l

来年に期待して
130710m

今年は、もう見られないかも知れないので大放出ですsweat01

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文月の蝶 1

梅雨明け(7/8)の後は、連日の猛暑ですcoldsweats02sweat01
平年より13日早く、統計開始以来4番目に早い梅雨明けだとか。

毎度ですが、先月の積み残しから

130710a

もう終わってしまったけど、綺麗だったころ(6/17)のカキランです。

湿地池で出会ったゼフ以外の蝶、一応記録です。

閉じた翅が地味な蝶
20130631a
ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)

でも、翅を広げると鮮やかですね。
20130631b

小さくても可愛いツバメシジミ。
20130631d

20130631h 20130631i

こちらも小さなベニシジミ。
20130631e

少し離れていますが、カップル?
20130631j

木漏れ日で、翅の縁が虹色に見えました。(ボケていますが)
20130631f

ヒメアカタテハも居ました、
20130631c

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

6月の積み残し もう少し続きます(^^

 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

梅雨明け10日と言って、梅雨明けから10日位は暑さが続くそうですcoldsweats02
水分や栄養と休養も摂って、体調を崩さぬよう気を付けましょうヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雛 誕生

今朝は、今にも降り出しそうなcloudcloudどんよりしたお天気でした。

昨夜のニュースで、雛誕生と放映されたのですが
cloudでも、いついくの?いまでしょ!とcardash

小さな雛が見えました。昨日(7/3)朝 誕生しました。

130704a
去年は残念でしたが、今年は可愛い姿が見られました。

遠くて小さいので、なかなかピントが合っていませんが (;;;´Д`)

130704b

パソコンで確認すると・・・

130704c

餌らしきものを貰っているようなhappy01

130704d

この少しあと、家族揃って お散歩のようです。

130704e

両親に見守られた、まだ生後2日目のタンチョウの雛です。

130704f

少し撮ったところで、sweat02ぽつりぽつり降りだしたので退散しましたrain

これから少しの間、可愛い姿を見せてくれることでしょうheart04

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

以前のタンチョウの雛の姿は、カテゴリのタンチョウ
左サイドバーのタンチョウ(雛)でも見られます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

文月 公園にて

7月に入りました、梅雨の最中とは思えない爽やかな下半期初日。

130701b

まだ6月の積み残しは山ほどありますが、ひとまず置いておいて(^^ゞ

130701a

今朝の公園での出会いは、まだ幼さの残るスズメの子
130701c

水場の横で、仲間を呼んでいるカワラヒワ。
130701d

そして、季節の変わり目にやって来る旅鳥さん。
130701m 
数羽いたようでしたが、コサメビタキでしょうか?
間違っていたら教えてください(^^ゞ

夏は、涼しい北で繁殖し、冬は暖かい南で越冬するために
春と秋の渡り途中に立ち寄る旅鳥。

chickクリックしてみてください。 飛び出しますhappy01
201307_kosame

まだ、高い場所で飛び回っているので なかなか写せません。
130701k

ホバリングして
130701l

餌をキャッチ出来ました。
130701j

クリクリお目々の旅鳥さんたち、夏までの間もう少し滞在して欲しいなぁ。

今年の上半期、色々あっても何とか過ぎた
下半期もマイペースで過ごしましょう。

flag今日のラッキー
130701n
コゲラの毛づくろい中に、チラッと見えた頭の赤班eye

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »