« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

美しい輝き 見えた♪

ノハナショウブも終わりかけオカトラノオ(サクラソウ科)の花が咲き始め。

20130630a

カキラン(ラン科)の柿色の花が、あちこちで見えてきたころ。
20130630b

見たかった梅雨の季節にだけ見られる蝶
ゼフィルス(西風の精)のうちのミドリシジミを見つけました。

20130630c

見られれば見られたで、美しい翅を開いたところを見たい。

でも、チラッと見せてくれたのは普通の感じで輝きはなく。
20130630d 6/10
↑は、♀のA型

調べてみたら、♀の翅には、A、B、AB、Oという血液型みたいな型があります。

虫博士によれば、ミドリシジミの翅は朝早くの方がよく開いているそうです。
でも、そんなに早く出掛けるのは ちょっと無理coldsweats02

だけど、いつ行くの?いまでしょsign02という日があってcardash
ちょっと早めに到着出来たのですscissors

そして、開いた翅を見せてくれたのは、またも♀でした。
20130630e 6/11
こちらは、♀のO型

その後ちょっとして、やっと見られた♂の美しい翅ですshine
20130630h

やっぱり 綺麗な輝きですheart04
20130630i

少し待つと、他の場所でも翅を開いてくれています。

20130630j

綺麗な翅の色は、見る方向や角度で違って見えます。

20130630k

前から撮るのが綺麗に色が出るようですね。

20130630l

うっとりと、時間を忘れてしまうくらいでした。

20130630m

それでも、日が高くなると共に、みんな翅を閉じてしまいました。
20130630n

ミドリシジミの翅の輝きを今シーズン見られましたヽ(´▽`)/

オレンジ色の斑が2つ くっついているのは、ミドリシジミです。

↓お友達のzuccaさんの所では、美しいオオミドリシジミが見られます。
こちら→★★★

オレンジ色の斑が2つ 離れてついていればオオミドリシジミです。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿地池 ゼフたち

湿地池では、6月初めからノハナショウブが咲き始めました。

20130623a

ノハナショウブ(アヤメ科)は、園芸用ショウブの原種だそうです。
20130623b 6/3

湿地池に行く最初の目的だった、ちっちゃなトンボ。
常連の皆さんによれば、今年は少ないようです。

それでも、誰か見つけている時は教えて貰えます。
20130623c 6/3
見つけにくい ハッチョウトンボ♀

同じ日に、未成熟の♂
20130623d 20130623e

成熟した♂は、赤色です。(6/6)
20130623f 20130623g

小さいトンボを見ることが出来て、ひとまず目標は達成でしたが。

近くミドリシジミも見られると聞いて、湿地池通いから抜け出せずsweat01

ミドリシジミは梅雨の季節にだけ見られる蝶 ゼフィルス(西風の精)の一員。
20130623k 6/6

見られれば広げた翅をゼヒ見たくて、泥沼ならぬ湿地池にハマったsweat01sweat02

20130623l 6/7

綺麗な色がちょっとだけ見えましたが。
20130623m 6/7
未成熟な個体だったのかこれまで。

それでも、行く度に嬉しい収穫もありました。

ゼフィルスの中の ミズイロオナガシジミ
20130623r 6/10

同じくゼフィルスの ウラキンシジミ 初見初撮りです(v^ー゜)ヤッタネ!!
20130623s 6/10
羽化したばかりの、綺麗な個体。博士が教えてくれました。

これもゼフィルス ウラゴマダラシジミ
20130623t 6/10
翅が痛んでいますが、 初見初撮りなのでOK(゚▽゚*)

ミドリシジミはたくさんいるのに翅を広げてくれません。
なんとか綺麗な翅を私も見たいと、その後も泥沼を抜けられずcoldsweats02

翅を見られたかどうかは、次回までお待ちくださいヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿地池 昆虫編

今日(6/21)は、1年で昼の長さがもっとも長い「夏至」の日です。
ずっと雨なので、昼夜の長さを比べられません。

20130621a

黄色いコウホネの咲く池は、もうすぐ蓮の花が咲きチョウトンボも飛びます。

湿地続編は、まだなの~?(*`ε´*)ノ との声が聞こえてきそうなので
この辺りで、少しだけ披露します。

 danger 今回は昆虫がたくさんです。
 虫嫌いな方はスルーしてくださいm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

湿地池で、早くから飛んでいたシオヤトンボ。
20130621b 5/20
時々出会うトンボ博士達に、シオカラではなくシオヤと教えられました。

そして別の日には、昨日からずっとあそこに止まっているよ、と。20130621c 5/27

ヨツボシトンボを教えてもらいました。
20130621d
なぜならば、翅に四つ黒い印★があるからと。

博士たちは、虫を見つけては子供のように何やら話し込んでいます。

こんな風に 掌に載せて、見せて貰った虫の名前は忘れました(^^ゞ
20130621f

博士たちが居あわせて、教えて貰えると好いのですが

これ↓は、ヤナギハムシ(甲虫目) 自分で調べました。
20130621e

そして↓は、カメノコテントウ(甲虫目)
20130621g
日本で一番大きなテントウムシのようで、体長は11~13mm

他にも テングチョウやルリシジミ
20130621h 20130621i

オマケは、トキソウに近づくヒラタアブです
20130621j

やっと、湿地池続編 5月分がアップ出来ました。

なかなか、本命をアップできませんが気を長くしてお待ちください。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

付録
今日のGoogieロゴは夏至の日バージョンでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子育ての頃

暑い日が続いた後での、台風や梅雨前線の影響で大雨になりました。
当地は警報が出ていますが、今のところ大きな被害はなさそうです。
これからも各地で警戒が続きそうです。

雨で出かけられず、パソコンの中から発掘した写真です。

20130619a

子育て中のカイツブリ。

少し前の写真ですが、可愛いので載せてしまいます。
20130619b 5/27
親鳥に餌をねだっています。

20130619c
見守る親は、優しい目に見えます。

雛は、もう親鳥が居なくても池の中央で泳げるようです。
20130619d

巣の場所あたりでしょうか、戻ってこないで!と親に追われています。
20130619e
そろそろ 親離れの時期なのかも知れません?

つぎは、公園のツバメです。

一羽が、ぽつんと親のくるのを待っています。
20130619n 5/21

親が来ると、精いっぱい大きな口を開けて ごはんちょうだい!!と・・・

 chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

さすが親鳥、上手に口に入れてやりました。

それから、街中のツバメも
20130619f 6/4
雛に、食べられたかと思うくらい(笑)

そして早く離れなさいと
20130619l
そのまま次の子の所へ

まだ餌を持っていたのでしょうか?
20130619m
最後の子には?

大丈夫、ちゃんと この後餌を捕って戻ってきましたよ~happy01

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

睡蓮

初夏を通り越し連日真夏日の暑さに 更新もままなりません。

湿地池での出会いは、少し後回しにして
今回は、その近くの池で見つけた睡蓮の花で涼しさを演出です。

20130618a

行ったのは今月初め(6/4)でしたが とても暑い日でした。

20130618b

赤い花ばかりでなく

20130618c 20130618d

いろんな色の花が 涼しげに咲いていました。

20130618e 20130618f

水の中でも、涼しい顔でこっちを見ています。
20130618g

その少し上では、トンボたち。
20130618h

20130618i

20130618j 20130618k

帰ろうとして、振り向いたところで目に入ったのはdanger
20130618l
ヒエーッwobblysweat01

早く気付いていたら、ゆっくりできなかったし無事だったので めでたしscissors

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

本日 フィリピンの東海上で台風4号が発生typhoonらしいです。

西日本では、台風接近前に大雨の恐れがありとか。

前の台風でも、雨を期待しましたが一日降っただけでした。

でも、侮るなかれ用心に越したことはありませぬrainsprinkle

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トキソウなど

台風3号接近中の昨日の空。

20130612d

今日も青空で、夏のように暑くなり 当地に台風の影響は無さそうです。

これから台風の進路にあたる地方の方はご用心ください。

 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

少し前に戻り、小さなトンボが居た湿地池の花たちです。

20130612a 5/17
ひと月前には、サワオグルマ(キク科)が咲いていました。

たくさんの穂先にぶら下がった実が目立つのは
20130612b 5/17
ゴウソ(カヤツリグサ科スゲ属)

駐車場から続く道にも、たくさんの花が咲いていました。
20130612e 5/20
コツクバネウツギ(スイカズラ科)

がく片が2~3枚なのでコツクバネウツギ がく片がが5枚ならツクバネウツギ20130612f 20130612g
ツクバネウツギ(右)は散った後のようで がく片だけ残っていました。

ガンピ(ジンチョウゲ科)の花
20130606j 5/31

小さな可愛い花が集まっています。
20130606k

湿地池には、やはりたくさんのモウセンゴケ(モウセンゴケ科)が。
20130606i 5/31

最後になりましたが、トキソウ(ラン科トキソウ属)の花です。
20130606h 5/31

今年はトキソウの花が少なかったそうですが
自然の中に咲くのを見られたので満足でした。
20130612c

行く度に色んな出会いがあって、近々続編も予定しています。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちっちゃ ( Д) ゚ ゚

今週は、梅雨らしくない晴れた日が続いています。

20130606a

スイカズラの花も、気のせいか少し潤いが欲しそうに見えます。

梅雨入り前から隣市の湿地池まで度々出掛けていますcardash
といっても、いつもの散歩コースから少し足を延ばした場所。

それは、国内で一番小さなトンボをsearcheye見るためです。
20130606 5/31
画像では普通の赤トンボのようですが

ハッチョウトンボ♂ 体長15〜20ミリ。
20130606c
一円玉の〇に隠れる程の小ささ。

何度か通って、この日 初見初撮りです。
自力では見つけられず、先客に教えて貰ってやっと見えました(^^ゞ

折角なので、別の角度からもcamera
20130606e

ちょっと引いて眺めると
↓こんな感じです。
20130606f
ちっちゃ過ぎて、AFが定まらず(;´д`)トホホ…

♀も、いるよと 指さしてもらって エッ!どこに?とsearcheye
20130606g
枯れ草色で、♂よりも見えにくいですcoldsweats02

日当たりのよい湿地に生息。
当県版レッドデータブックで、優れた環境の指標として守るべき留意種。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »