« 公園の紅葉 | トップページ | 小雪のころ »

カワセミ その後

秋になって、散歩の時にカワセミに出会う日が続いていました。

111117c

何日か続けて会えたので、いつでも会えるように思っていました。
前回はこちら→

111117d

111117e

この頃は、独り立ちの準備だったのか、日替わりでアチコチに出没。
111117f

目の前の木にも止まって 近すぎ~~( ^ω^)おっおっおっ
111117g
↑ノートリミングです。

111117h
その後 警戒心が出てきたのでしょうか見かけなくなりました。

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

散歩の時にも全然会えません。
でも、姿を見たという方もいるので、いつか会えると思っています。

以上は、好い写真がまだ撮れそうだと保留にしていたもの。
このままだと置き忘れてしまいそうなので少しですがupしました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

|

« 公園の紅葉 | トップページ | 小雪のころ »

コメント

そうですよねえ
見かけないときはホント会えません
カモがいるところにいたりするんですけどねえ

でも奥の引き出しがあって思い出してまた楽しめて
良いですね

キーキーとか鳴き声がすると思わずあたりを見回します
こんなに雨が降ってる時はどうやってご飯してるんでしょうかねえ

また楽しみにしてまーす

投稿: みゅうばあ | 2011年11月18日 (金) 21:46

こんばんは!
カワセミ君 いつも出会えるとまだまだ大丈夫と思ってしまいますよね。
いつまでもいると思うな○とカワセミ・・・なんちゃって。
でもこれだけ遊んでもらえたのですから・・・いいではないですか~note
手すりや杭がお気に入りみたいですし・・またフラッと戻って来る事を期待して 散歩の楽しみにしてくださいねshoehappy01shoe
私は写真を楽しみにしています。
マウスオンも 何度も飛ばせて 楽しませて頂きました。
私も翡翠ブルー 見たいなぁloveletter
きのうは やっとエナガに会えました。写真を撮る暇もなく通過してゆきました~~~weep

投稿: zucca | 2011年11月18日 (金) 22:03

おはようございます。

カワセミの写真がたくさん撮れましたね!
漢字では翡翠と書くようですが、翡翠輝石はカワセミの背の色のような石ということでつけられたようです、逆だと思っていました。
昔からカワセミの色をめでていたのですね!

近頃、我家の近くの山にきて囀る鳥がいるのですが、声だけで調べてみたのですがわかりません。今も来て鳴いていますが、おしゃべりな鳥の声を楽しむことにしました。

投稿: 正丸 | 2011年11月19日 (土) 09:29

みゅうばあさん、こんにちは。
そちらのカワセミもかくれんぼしてるのでしょうね。

>でも奥の引き出しがあって思い出してまた楽しめて
そうですね、いつか会えるというのも楽しみですし。
私の散歩と時間帯が会わないのだと思っています。

雨の日の食餌、気になりますよねthink
鳴き声がするのは、近くにいて様子を見ているのかも・・
いつか会えると好いですね~♪

投稿: シマのママ | 2011年11月19日 (土) 10:50

zuccaさん、こんにちは。
はい、いつまでも甘くはないのねcoldsweats02
つい自分の都合の好いように思ってしまいます。

>でもこれだけ遊んでもらえたのですから・・・
そうなんですよねhappy01
手すりにとまったのは歩き出したとたんcamera設定もまだなのに
構えたら、目の前の木にやってきて逆光~thunder
そんなこともあるから、散歩はやめられないshoehappy01
zuccaさんも、いつか翡翠ブルーが見られると好いですね。

エナガやっとお出ましで、これから楽しみですね。

投稿: シマのママ | 2011年11月19日 (土) 10:56

正丸さん、こんにちは。
カワセミの写真、まだまだ撮れると思っていましたが・・
それでも、あと少し残っていた写真も見て欲しくてupしました。
翡翠ブルー、綺麗ですよねshine
写真の固体はまだ若いので、まだまだ綺麗に変身すると思います。

お宅の近くのおしゃべり鳥さんは何者でしょう。
いつか姿を確認できたら教えてくださいね。

投稿: シマのママ | 2011年11月19日 (土) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/53271566

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ その後:

« 公園の紅葉 | トップページ | 小雪のころ »