« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

小雪のころ

初冬のイメージ、サザンカの花が咲き始めました。

111123e
今日は小雪、ウィスキーを飲むのではありませんヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
二十四節気の小雪(しょうせつ)わずかながら雪が降りはじめる頃です。
昨日の朝は、車の窓ガラスも凍っていました。

先日の刺繍を刺し終えました。ちょっと配置が変わっています(^^ゞ
111123a

後は形にするばかりとなったのですが。
いろいろ見て回っているうちに気がかりなものが出来・・

ひとつ作ってみました。
さてどちらが出来たのでしょう?
111123f
作ったのは、携帯につけたストラップ。
お饅頭のウサギはお友達からのプレゼント、樹脂粘土製です。

作ってみると、楽しくて増殖しました。
111123c
直径3cmのマカロン型のポーチです。

コインが2~3枚入ります。
111123d
お散歩の時の小銭入れに、お財布を持つまでも無い時に便利かも。

左の大きいのは直径4cm、、マカロンというよりfastfoodみたいcoldsweats01

寄り道はこれ位にして、早く刺繍の作品を仕上げなくちゃrun

clipマカロン型のポーチの作り方は、検索するとたくさん出てきます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

カワセミ その後

秋になって、散歩の時にカワセミに出会う日が続いていました。

111117c

何日か続けて会えたので、いつでも会えるように思っていました。
前回はこちら→

111117d

111117e

この頃は、独り立ちの準備だったのか、日替わりでアチコチに出没。
111117f

目の前の木にも止まって 近すぎ~~( ^ω^)おっおっおっ
111117g
↑ノートリミングです。

111117h
その後 警戒心が出てきたのでしょうか見かけなくなりました。

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

散歩の時にも全然会えません。
でも、姿を見たという方もいるので、いつか会えると思っています。

以上は、好い写真がまだ撮れそうだと保留にしていたもの。
このままだと置き忘れてしまいそうなので少しですがupしました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公園の紅葉

昨日の立冬を過ぎ、今朝は暦どおりちょっと冷え込みました。
散歩の公園の桜の葉も赤くなって散っています。

111109a秋に桜の葉が紅葉することを桜モミジmapleというそうです。

本当のモミジはというと、まだまだ ほとんど青い葉ばかり。
111109c

少し紅葉しているところを探すのも楽しいのですが。
111109d
綺麗に紅葉するには、もう少しかかりそうです。

ハクセキレイも、紅葉の見頃を見張っているのかな。
111109l

池の周りのツタは、綺麗に色づき始めています。
111109e

池の赤い藻が水面に写った枯れ木を紅葉させているみたいです。
111109f
この藻はアカウキクサという絶滅危惧種で浮遊性の水性シダ植物。
緑色ですが、秋の終わり頃から赤く色付くようです。
先日TVのニュースで関東の池でも赤くなったといっていました。

池には少し前からカイツブリが2羽戻ってきました。
111109g

昨日は、ヒドリガモの♀が1羽だけやってきていました。
111109h

カイツブリに寄っていきましたが、無視されて淋しそう。
111109i

池の廻りの枝では、エナガも。
11110j

メジロやシジュウカラも仲良くしていますsign02111109k

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・

今日のお昼前の空、太陽のまわりに傘がかりました。
111109m

日暈(ひがさ、にちうん)という現象です。
暈(かさ)は、上空のうす雲に含まれる小さな氷の粒がプリズムのような働きでできます。

お天気が崩れる前に現れることがあるそうです。
明日の天気予報は、冷たい雨になりそうだということです。

暖かい日が続き油断していて、まだ冬支度ができてないのにcoldsweats02

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カイノキの実

公園のモミジバフウが少し色づいてきました。

111106a

111106b 公園の入り口に大きなカイノキ(櫂の木)が数本あります。

カイノキ(ウルシ科)は秋の紅葉がとても綺麗です。

↓閑谷学校のカイノキが有名です。
こちら

今年は暖かいので少し遅いようです。

それでも、たくさんの綺麗な実が付いていました。
111106e

実は色とりどりで、見ていて飽きません。
111106d

カイノキは紅葉が綺麗ですが、実がこんなだと初めて知りました。
111106c
カイノキは雌雄異株で、実をつけるまで20年以上かかるうえに
実をつけるまで、雌株と雄株の判別はつかないということです。

真っ赤に紅葉していたのは、ハナミズキです。
111106f

赤い実が、まだ少し残っていました。
111106g

実つながりで、こちらは落ちていたエゴの実です。
111106i

枝にもまだ残っています。
111106h
固い殻がはじけて、種が出ています。
色は地味ですが、とてもシックな秋の木の実です。

少し前は、可愛く枝に鈴なりでした。
111106k

その前の5月頃に咲くエゴの花です。
111106j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いろいろと

朝起きた時からの雨がしとしと降り続いています。
11月なのに夏日だったりしましたが、これから少し冷え込むでしょうか。

111105b紫陽花がドライになって、シックな色を保っています。

111105aベランダのフウセンカズラも枯れてきたので片付けました。

今年はたくさんの実がなりました。

児童公園の藤棚をボランティアで剪定した蔓のリースに。

飽きたら種を取って来年用に保存します。

  。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

このあいだ出てきた刺繍糸の整理をしました。
いろいろな色の糸がたくさん、なのに作品は残っていません。
111105c
手持ちの100均のボックスがあつらえたみたいにピッタリです。

他にも、刺しかけてそのままになったものや布も一緒に発掘しました。
続きを完成させればよいものを、いろいろと他のことがやりたい(^^ゞ

zuccaさんが八角形の可愛いピンクッションを作っていたのが気になり
111105d
ちょこっと始めてしまいました ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

↓は、今年流行のポンチョを手縫いで作ってみましたが・・・
111105e
リバーシブルのつもりで使った布に張りがあってドレープが出ません。
気に入らなくて、一考の余地あり┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マユミと “(`(エ)´)ノ彡

昨日の続きです。

県北のマユミの実が綺麗に色づいたと、TVの話題になっていました。
林道の近くでも先日見かけたのを思い出して行ってみました。

111103k和名は「真弓(まゆみ)」(ニシキギ科)で、弓の材料としたからだそうです。

小さな赤い四角の巾着をぶら下げたような可愛い実です。111103l

実は四つに割れて赤い種が出てきます。
111103n
種が出たのは、まだ数粒でした。

枝には、時期外れの薄黄緑色の花も咲いていました。
111103m

土手には、ツリガネニンジンがひっそりと芽生えていました。
111103r
芽だしの頃に、下草刈りされたのでもう見られないかと思っていました。

夏から生えて大きくなったものよりも、弱々しく感じました。
111103s 111103t

ツリガネニンジンを写す目の端で動いたもの“(`(エ)´)ノ彡は。
111103u
枯れ草色にまぎれた 多分 イ・タ・チ・・だと思います。

111103v
あっという間に、側溝のあたりに隠れてしまいました。

家でイタチを見たと鼻息荒く言ったのですが・・・
たまたま来ていた知人達に、よく見かけるよと一笑されましたsad

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の林道で

11月に入ったというのにポカポカと汗ばむ位の陽気です。

カワセミと会えなくなったので、散歩の場所を林道へ変更しました。

111103a柿の実が綺麗に色づいていてます。

黄色のセイタカアワダチソウ(キク科)も秋色の中で目立ちます。
111103h
迷惑がられた帰化植物ですが、以前より減ってきたように思います。

同じキク科のアキノキリンソウも藪の中で満開でした。
111103f
アキノキリンソウの別名はアワダチソウだそうです。ややこしやcoldsweats01

フェンスの向こう側には、先日見つけたノヴドウ(ブドウ科)の実。
111103b

たくさんの実が色とりどりshine
111103c 111103d

タデ科のイシミカワの実も色とりどりです。
111103e

実の色は日にちが過ぎると少しづつ変化します。
zuccaさんによると 緑→赤紫→青と変化するとか→こちら
111103o

そして、金平糖のように可愛い実はミゾソバ(タデ科)
111103p

こちらもタデ科の同じように見えますが・・・
111103q
棘が多いのでアキノウナギツカミかママコノシリヌグイ(可哀想な名前)

逆光でキラキラ光るのはイネ科のメリケンカルカヤの綿毛。
111103g

見つけるとつい写して、キラキラを確認してしまいます。
111103j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

画像が多くなったので明日に続きます。
明日は登場します→“(`(エ)´)ノ彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »