« 大きくなりました | トップページ | 立秋でざんしょ »

蓮池で

八月に入って益々暑い日が続いています。

林道横の蓮池では蓮の花が次々と咲いています。

110804a

ほとんど白い花ですが、所々にピンク色の花が見えます。

110804b

このピンク色の花は、ちょうどよい咲き加減ですgood
110804c

白い花のようでも、花びらにピンク色の縁取りがおしゃれ。
110804d

全開です~happy01
110804e

散りまぎわ~gawk
110804f

少しガマの穂が出来ています。
110804l

バンがいるはずですが、葉の中に隠れているのか姿は見せません。

この池では、チョウトンボも見ることが出来ます。

110804j

たくさん飛んでいますが、飛翔シーンは難しいです(^^ゞ
110804g

止まっていても、翅の輝きがなかなか上手く出せません。

110804i

110804h

コシアキトンボやタイワンウチワヤンマも飛んでいました。

タイワンウチワヤンマ
110804k

腹部の先の大きな広がりを、うちわに見立ててウチワヤンマ。
タイワンウチワヤンマのウチワは小さく、内側に黄色い部分がありません。

「ヤンマ」とついていますが、ヤンマ科ではなくサナエトンボ科だそうです。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

|

« 大きくなりました | トップページ | 立秋でざんしょ »

コメント

こんばんは。
蓮の花 白いのも綺麗ですね~shine
チョウトンボと一緒に見られるのもうらやましいです。
翅のキラキラもきれいだよ~ん!
飛翔シーンもピントぴったり、バッチリgood
みんなとってもきれいですね~。(・∀・)イイ!
タイワンウチワヤンマは徐々に北上してるようなので、関東でも見られるのかな、私も見たいなぁ。
その季節ならではのお花めぐりも素敵な事ですよねlovely
わたしも蓮の花を見に行きたくなりました。

投稿: zucca | 2011年8月 4日 (木) 21:28

こんばんは!

蓮の花は日本的な美を感じます。
「散りまぎわ~」の写真で、近頃読んだ本の句を思い出しました。
☆散牡丹ぼうたんの葉に草の葉に  川端茅舎
 (ぼうたん=牡丹)

チョウトンボを見たいと思っています。保護されている湿原にはいるのではないかと思い、近く寄ってみるつもりです。

投稿: 正丸 | 2011年8月 4日 (木) 22:33

トンボの写真がすごいです。

朝刊に シオカラ チョウトンボ ウチワヤンマが一枚の写真に収まってる記事を見たばかりでしたのでよけい感動です。
ほんとにアンテナ良好ですね!
よく名前もご存知で 私が普段スルーしている中に 宝物があったんでしょう・・・

ただ歩くだけでなく 観察力を身につけたいです シマさんのように。

投稿: みゅ | 2011年8月 4日 (木) 22:37

zuccaさん、こんにちは。
いつもの散歩コースで見られるものが限られているので
目新しいものが期待できません(^^ゞ
蓮池もチョウトンボも去年と同じですが
何とか写真でも綺麗に写せるようにと思うばかりです(^^ゞ
zuccaさんに褒めていただけて少しは進歩してるのかな~?

ウチワトンボはタイワンウチワより大きいようですね。
ウチワはまだ見たことは無いと思います。
トンボも難しくて~(;´д`)トホホ…

zuccaさん、蓮の花も見に行ってください。
って、あっちやこっちや忙しそうですね。

投稿: シマのママ | 2011年8月 5日 (金) 16:26

正丸さん、こんにちは。

牡丹の句、素敵ですね。
牡丹も、蓮も花びらの存在感が似ていますね。

チョウトンボ、私もこのトンボを知って意外に近いところで見つけました。
そちらでも、是非見つかると好いですね。
今はお相手を探して飛び回っている頃のようです。

投稿: シマのママ | 2011年8月 5日 (金) 16:32

みゅうばあさん、こんにちは。
トンボの名前、なかなか判らなくて困っています。
写真を撮って帰ってから、図鑑やパソコンで調べますが
ホントは昆虫が苦手で、途中でイヤになることが多いのです。

錆付いたアンテナを褒めて頂けるのは嬉しいけれど
それほどの物ではありませんよ~ι(´Д`υ)アセアセ
めったに宝物は落ちていないものですね(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2011年8月 5日 (金) 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/52378595

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池で:

« 大きくなりました | トップページ | 立秋でざんしょ »