« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

アジサイを見に♪

まだ6月で梅雨明けもせず暑い日が続きましたが、明日から7月です。
夏の始まりというよりも、真っ盛りの夏に突入ですねsun

暑いとはいえ、やはり季節の花アジサイを先日見に行きました。

110630a

お昼前なのに強い日差しで、アジサイにはちょっと不似合いかも。
110630b

下のほうから、可愛い声(泣き声も)が聞こえてきます。
110630d
小さな人たちも、アジサイを見に来たのかと微笑ましくcameraパチリ。

今年は、春先に思い切った剪定をしているように思っていました。
110630f

そのせいなのか判りませんが、去年に比べ花が少ない気がします。
110630c
去年、友人とこの場所を歩いたことを思い出します。

去年のアジサイは→こちら

坂を上って、汗だくsweat01なので写真もそこそこに引き上げることに・・
110630e

途中、さっきの可愛い声の主人公たちとすれ違いました。
110630g
アジサイを観賞するには、小さすぎぃ~(゚ー゚; それに暑かったねぇsweat01

今年も半年経ちましたが、思いがけないことがいろいろありました。
これからは、この子たちの未来とともに好いことがいっぱいあるようにと思います。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ムラサキシジミ

林道の横には貯水池があって、カルガモが棲んでいます。

110627aいつもペアなのに、この日は一羽 いつか雛が見られるかな~confident

カラスムギ、中の黒い種が少し見えて、ちょっとお洒落です。
110627c
実が黒いからカラスムギかと思っていましたが。
食べられない植物にイヌやカラスと名前につけるのだそうです。

見つけると嬉しくなるコバンソウ。
110627b
たくさんの小判が下がっているようで、裕福な気分moneybagdollar

ずっと歩いて行った先では、トンネルの間に走る新幹線が見えます。
ゴーッと音がしてcameraを向けシャッターを押しても、もう最後尾bullettrain
110627h
この色は、はじめて見た山陽・九州新幹線のようです。

dangerここから蝶が出ます。苦手な方はスルーしてください。

何度か見かけたことのあるムラサキシジミを初撮り。
110627f

綺麗な色の翅も広げて、「開けゴマ」の呪文は少しだけ効果あり。
110627g
この後すぐに飛んでしまいました。

少しだけお花を植えている場所もあります。
110627e  110627d
モンシロチョウやアゲハチョウが来ています。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公園デビュー

夏至(6/22)を過ぎたとたんに30度を超える夏日が続いています。
節電も大切ですが、身体に無理の無いように過ごしましょうhappy01

110624a公園の池の畔には、ヒルガオの花が咲き初めました。

見慣れた光景ですが、見過ごせません(^^ゞ
110624g

賑やかに鳴きながら歩いていたのは、巣立ったばかりのムクドリの幼鳥。
110624d

其処此処に20羽位が居ましたが、公園デビューでしょうか。
110624c
街路樹などに集団でやってくるムクドリ、雛のときから集団行動です。

近づくと一斉に飛んでしまいます。
110624b

少し行ったところでは、みんなで一休みのようです。
110624e

遅く孵った雛でしょうか、まだボサボサの姿です。
110624f

水場でぼんやりしていたのは、カワラヒワの幼鳥。
110624i
親とはぐれたのかと見ていましたが、少し経つと高く飛んでいきました。

110624h
なーんだ、飛べたのね。ヽ(´▽`)/ヨカッタ!!

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ミヤコグサ

アジサイが咲き始めました。

110621f白い花も咲き始めは緑色です。

足元の小さな黄色の花はミヤコグサです。
110621a

マメ科なので、実はサヤに入っています。
110621b

アザミもたくさん咲いています。
110621g

dangerこの後、蝶が出ます。苦手な方はスルーしてください。

モンシロチョウがアザミに集まっています。
110621h

中にモンキチョウも混じっています。
110621i
黄色い蝶はキチョウと思い込んで、キチョウとしていました(^^ゞ
zuccaさんから「モン」が付くのではと、ご指摘頂き訂正しました。

黒いふちどりがあるのは夏型だそうです。
110621l

吸蜜管がくるりん。
110621k

アサマイチモンジ
110621d
最初に見つけた時は、初見のイチモンジチョウと思っていました。

110621c
調べてみると、前翅中室の白斑が明瞭なのでアサマイチモンジです。

どちらにしても、初見・初撮りです。
110621e
ここの近くでも、イチモンジチョウではなく同じ蝶を見つけました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紫色の小さな着物

ウツボグサ

110617a

魚のウツボではなく、弓矢の矢入れの靫(うつぼ)に似ているのでウツボグサ。
110617b

花穂が夏になると枯れ、茶褐色となるので別名は夏枯(かご)草。
110617c

カゴソウを干したものを煎じると腎臓・膀胱炎に効く漢方薬です。

カゴソウの花の色にも似た紫の布で作っていた小さな着物。

糸が足りずに、まだ肩上げと腰上げが出来ません。
110617d
6号サイズ(身長30cm位)のお人形用
小さいと可愛いけれど、作るのに苦労したので次回は少し大きめを。

別の布で、同じサイズの小さな被布も作りました。
110617e  110617f
着物の紫色は、上の写真の色が近いです。

去年、同じ布で作った小さな着物。着物の柄が多く出ています。
100329c
こちらは、お人形サイズ12号用(身長45cm位)

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キセキレイとシジミチョウ

緑の色が濃くなった林道で、黄色の鮮やかなキセキレイが居ました。
公園で姿を見なくなりましたが、こちらの方が少し涼しいのでしょうか。

110616aまるで別の鳥みたいに顔が黒く黄色が濃いのは、夏羽だそうです。

110616b
カメラを向けたら逃げられましたが、キセキレイ夏モデルは初画像です。

ちなみに↓は、今年春(2011.2)のキセキレイです。
20110218c

下草もたくさん生えてきましたが、見逃しそうな小さな花が咲いています。

キキョウのような花ですが、ヒナギキョウ(キキョウ科)。
110616k

名前がよく似ていますが、ヒナキキョウソウ(キキョウ科)
110616j

写真は無いけれどヒナキキョウソウに似た花のキキョウソウもあります。

danger蝶が出ます。苦手な方はスルーしてください。
小さな花の後は、小さい蝶の仲間シジミチョウです。

こちらのベニシジミも、黒ずんできた夏モデルでしょうか。
110616c

林道では、ツバメシジミも見られます。
110616d

真正面を向いて翅を開いてくれました。
110616e
開いた翅の色が綺麗ですね。

こちらも綺麗な色の翅で、ひらひら飛んできたルリシジミです。
110616f

少し翅を開いたところ、ちょっと見えた翅表のヘリが少し太いです。
110616g

梅雨の時期だけ見られるゼフィルスといわれる蝶も見つけました。
初見のミズイロオナガシジミです。
110616h
木から落ちてきたのか、もぞもぞと動いていました。
木の葉に止まって欲しかったけど、初見・初撮りの記念です。

前にもオオミドリシジミを見た同じ場所(こちら)です。

めったに開翅しないそうですが、少しだけ翅を開きかけました。
110616i

zuccaさんの備忘録では、綺麗なゼフィルスが見られます→こちら

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (1)

春の置き忘れ

今年の春のジョウビタキ、色々あってすっかり置き忘れていた写真です。

110612a

冬鳥のジョウビタキ、散歩の度いつも遊んでもらっていました。

110612d
ジョビオ君がいつも居たのは、池から流れる川の畔。

側を通ると、何度も飛んで見せてくれました。
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

ジョビ子さんは、池に流れ込む川にかかる石の橋で待っていました。
110612g

こちらを見つけると、飛び上がったり宙返りをしたり・・(クリックしてみてね)
Jobiko11032

こんなことも、して見たり・・・
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

お茶目に、あっかんべーもbleah(クリックしてみてね)
Jobiko1103

毎度のことなので、いつかまとめるつもりで後回しになっていました。
そうするうちに、写真がどんどん増え・・・
110612q

まとめようとした頃、いろんなことがあって春は過ぎました。
110612p

その後、季節が移り 他に気をとられて置忘れ状態でした。
110612r

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

6月末で@nifty動画サービスが終了するそうです。

残念ながら、6月末で@nifty動画サービスが終了しましたcoldsweats02
動画は早く投稿していて、あと少し手直しするつもりでした。

この機会に、ジョウビタキの写真も発掘し直しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ガンピの花

林道を散歩していて、シダに覆われた斜面の奥に見つけた小さな花。

110611a細い枝の先に、クリーム色の雁皮(ガンピ)の花は初めて見ました。

ガンピ ジンチョウゲ科 和紙(雁皮紙)の原料になる。
ガンピは外皮の繊維が強靱で、その繊維から作られる和紙が雁皮紙。
和紙の原料はコウゾ、ミツマタが知られていますね。

以前は謄写版原紙用紙の材料になり、金箔などの箔打ち紙等に使用されている。

花はジンチョウゲに似て小さく、色はミツマタにも似て淡い感じです。
110611b 6/3
花弁は退化して、花冠に見えるものは萼だそうです。

久しぶりの林道では、可愛いメジロも姿を見せてくれました。

チッチと、可愛い鳴き声を聞いて桜の枝を見ると、お食事中。
小さなサクランボをくわえたばかりでしたが、クリックすると・・。
Mejiro

メジロの口には、少し大きな実だったようですね。
110610f
苦戦していました (舌が見えています)。

何とか飲み込んだようですが、胸が膨らんでいるようです。
110611d

そして、すぐ近くの木の枝には・・
110611e
三羽が、と思ったら右にもう一羽。
メジロのおしくらまんじゅうです。

こちらにまったく気付かないのか、あくびなぞして。
110611f

そろそろ、行くかなと 伸びをして・・
110611g

この後、揃って飛んでいきました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の忘れ物 4

5月の忘れ物も、今回で最後に。

公園に作られた蛍のビオトープのホタルブクロ、蛍はまだかな?
110609l

梅雨入り前の曇った日の公園でのことです。

巣立ったばかりのツバメの雛が数羽電線に止まっていました。
110609a 5/26

ついさっき巣立ったばかりのように、心もとない感じで おとっと。
110609b

餌を運ぶ親がやってきて、大きな口を開け・・・。
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

まるで、親を飲み込んでしまいそうな勢いです。

少し裏手にまわると、他の雛たちが順番に親から餌を貰っていました。
110609e

やはり、親を飲み込む勢い( ^ω^)おっおっおっ
110609f
去年も同じような光景を目撃しましたが、同じツバメの兄弟でしょうか?

翌日も、同じ場所にいましたよ~happy01
110609m 5/27

やはり、親を飲み込む勢いm9(^Д^)プギャー
110609n

アップにしてみました。
110609o

シジュウカラの雛もいました。

大きな口をあけ、催促しています。
110609k

こちらでも、親がやってきました。
110609i 

親は、上手く雛に餌をわたせるかな? クリックすれば判ります。
Sijuukara

少し大きな雛は、自分でも探して何か食べているようです。
110609g

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の忘れ物 3

まだ5月の忘れ物 3。先を急ぎましょう(^^ゞ

前回と同じ、タンチョウの施設を出たところの畑です。

110608aジャガイモの花が綺麗に咲いていました。

110608b 110608c
ソラマメやエンドウ豆が、収穫を待っています。

田んぼには、ケリがいました。
今まで見つけても遠くでしたが、初めて近くで姿が撮れました。

110608d

近づいていくと、相変わらずけたたましく啼いて・・・
110608e

そっと近づくと今度は、しゃがみこんでも啼いています。
110608f

見ていると、飛び出して・・・
110608g

少し離れたところに行きます。
110608h

そして、また・・・
110608i

何度か同じように繰り返し、最後には高く飛んでしまいました。
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

高いところからも、喧しく啼いていました。

離れたところに、もう一羽いましたので巣があったのかも知れません。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の忘れ物 2

梅雨らしくない爽やかな晴れた日が続き、今朝は少だけ雨。

6月に入って一週間になろうかというのに、まだ5月の忘れ物2。
こんなに小出しにしていては、今月も大量に忘れ物の予感です。

110607a梅雨入り前に、タンチョウの様子を見てきました。
今年は野外放飼場での産卵・誕生・子育てを目指しているそうです。

去年は二羽の雛が生まれキボウとタンタンと名づけられました。
その様子は、左サイドバーのマイフォットに纏めています。
 clipタンチョウ(雛)09’→(こちら)
 clipタンチョウ(雛)10’→(こちら)

子供達は五月の初めに親とは別のケージに移されたそうです。

野外放飼場には豊富な餌を狙ってアオサギがいつもやってきます。
110607b
タンチョウは白サギにはお構いなしですが、アオサギは気に入らない様子。

アオサギは悠々と飛んで逃げますが・・
110607d

タンチョウは、血相替えて追いかけて・・
chick写真をクリックすると、飛び出します。
Tanntyou

特にこの時は、産卵の前で気が立っていたようです。
110607f

しつこく、アオサギを追いかけていました。
110607g

アオサギは、からかうように遠くまでは逃げていきません。
110607h

この日の後、タンチョウは卵を産んだようです。
110607i 6/4
今年も可愛い雛を見せてもらえるでしょうか。

施設の入り口で見つけた可愛い色の花はナツハゼ(ツツジ科)
110607j
ウルシ科のハゼと違い、濃い色の実が付きブルーベリーと同じ種で食べられる。

サクランボもたくさんの実を付けていました。
110607k

サトキマダラヒカゲもいました。
110607l
花畑から飛んできましたが、黄色い花粉をたくさんつけていました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の忘れ物 1

散歩の途中で目に付いたものを撮って帰ります。
家に帰ってパソコンに保存し確認はしますが、整理できず貯まるばかり。

そんな中の5月の忘れ物。
公園の川や水場の近くで何度か見かけたハクセキレイの幼鳥たちです。

110603f最初の出会いは、川で遊ぶ二羽の幼鳥でした。

ちゃんと自分で餌も獲っていました。
110603e 5/14

数日して、水場でも多分同じ幼鳥たちがいました。
110603h 5/17

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

飛び立ったかと思うと、もう一羽の近くに飛んでいきました。

chick写真をクリックすると、バトルが始まります。
110603k

遊んでいるのか、縄張り争いの訓練か・・
バトルは長く続くこともなく、すぐに仲良さそうに遊んでいました。
110603l

ほかの日には、別の雛二羽が川にいるところでした。
110603o 5/21

嘴がまだ黄色く、前の二羽よりもまだ小さな雛のようでした。
Hakusekirei2

親から餌を貰う場面も見られました。
110603n

大きなトンボを与えようとしていました。
110603p
この後は、向こうの方へ行ったので食べることが出来たかどうか・・

見ていると、少し小さい雛にばかりに餌をやっています。
ちょっと大きい方は、早く親離れするようにということでしょうか。
110603q
それでも、少し遠くからうらやましそうに見ていました。

sprinkle忘れ物にしては、今回もたくさんの写真を載せてしまいました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雛が5羽♪

白鳥の雛が孵ったとのニュースで、早速行ってきました。

曇り空でしたが可愛い雛を撮ろうと、たくさんのカメラマンがいました。
考えることはみんな同じですね。

110601a

それでもみんなの前に可愛い姿を見せてくれました。

ピッタリと親に後れまいと・・
110601b

ちゃんと並んでいます~♪
110601c

みんな石垣の方を向いて、なにしてるの・・
110601d

親も一緒になって、石垣に付いた苔を食べているようです。
110601e

みんなで輪になって、何か見つけたの?
110601f
川下に流されないよう、橋に網がかかっています。

おかーさーんって、言ってるのかな?
110601g

ふわふわ もこもこ~♪
110601h
柔らかい羽毛でも、しっかり水もはじいているようです。

これから無事に大きく育って欲しいですね。
追記:少し大きくなった様子 2011.7.27大きくなりました→(こちら

pouchおまけ
110601i
スズメの雛たちも可愛い~heart04

モネの睡蓮も、通り道なのでパチリcamera
110601j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »