« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

水の季節

いつもより早い梅雨入りに台風のおまけもあって、雨降り続きでした。

台風一過、今朝は夜明けから強い風が吹いていますが好いお天気です。

110528g

水場のスズメ、雨の日はスズメも水浴びどころではないでしょうが。
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

ひっそりと川辺で休むのは、遠くからはアオサギかと思いましたが。
110528d
白く長い冠羽の鳥は、この公園で初めて見つけたゴイサギ。

カメラを向けると、葉の茂みの奥に隠れてしまいました。
110528e
時々同じ場所で見かけるので、ここが気に入ったようです。
アオサギやコサギが休む場所のすぐ近くです。
ゴイサギは夜行性だそうですから、見かけないときもあります。

ここでは、晴れた日によくコサギが餌を探しています。
110528i

最近はカワセミも出てくると、顔見知りの方が言っていました。
でも、なかなか私の散歩の時間とは合いません。
110528f
見つけても川の向こう側、遠くだし すぐに飛んでいってしまいます。

水辺の鳥達が元気に思える季節になりましたsweat01

pouchおまけ 他にも、こんな生き物も元気です。
110528k
ヌートリアです、以前に数匹駆除されたと聞いたのですが・・・

以上は、雨の前に撮っていた写真ばかりです。

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

雨が続くと思って、テシゴトも始めました。
110528h1

それでも、今日は晴れたお天気になりました。
貴重な晴れ間なので テシゴトは はかどりそうにありませぬ。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チョウやトンボです

今日5月26日、四国・中国・近畿地方が梅雨入りしたとの発表がありました。
中国、近畿は12日早く、昨年よりも18日も早いそうです。
これから、雨の日が続きそうですrain

少し前の写真ですが、公園のユリノキの花です。

110526c

公園には見上げるほどのユリノキが数本あります。
110526a 110526b
今年はどの木にも、本当にたくさんの花が咲きました。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

danger今回は蝶とか昆虫です。苦手な方はスルーしてください。

散歩途中、野鳥の他にも蝶やトンボを見つけるととりあえずパチリcamera
帰ってからの名前調べが苦手なので、いつも後回しになります。

それが少しづつ貯まってきたので、一応記録として載せておきます。
名前が間違っているかもしれませんが、間違っていたら教えてください。

ひらひらと飛んでいた黒いアゲハチョウが白いツツジに止まりました。
110526d 5/14
尾状突起がないのが特徴の西日本で主に見られるナガサキアゲハ。

ヒカゲチョウの仲間、サトキマダラヒカゲ
110526g 5/15

同じ場所に居ましたが♀と♂でしょうか。
110526h

少しボケていますが、なかなか撮れない翅の開いたところ。
110526i

花芯に吸蜜管を伸ばしているスズメ蛾の仲間ホウジャクです。
110526e 5/15
左にはハナムグリも写っていました。

飛んでいる時は吸蜜管は、くるんと曲がっています。
110526f
空飛ぶエビフライとも言われるとか、そうでないとか( ´艸`)プププ

タテハチョウ科のコムラサキも見つけました。
110526l 5/24
シダレヤナギの木の近く、以前もここで見つけました(こちら)。
橋の手すりの色は、前のブルーからグレーに塗り替えられています。
この日は少しもジッとしていなくて、すぐに飛んでいきました。

後、トンボの種類の特定も難しいのですが・・

小さなオツネントンボ
110526j 5/21
成虫で越冬することから、越年(おつねん)の名がついたそうです。

コサナエ
110526k 5/17

ちょうど、羽化し終えたばかりのところも見つけました。
110526m 5/24

まとめてみると、昆虫ともたくさん出会っていました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

育児の頃

公園の散歩道は、桜の若葉ですっかり覆われてしまいました。
遠足の幼稚園児たちが口々に「おはよーございます」「こんにちはー」と
110523a「はい、おはよー」と、律儀に挨拶をかえしながらすれ違いました。

鳥の世界での幼稚園児くらいの幼鳥たちを散歩中に見つけます。
前回は餌を運ぶ親鳥でしたが、今回は幼鳥たちです。

餌をくわえた親が近づけば、餌をねだる幼鳥の鳴き声が聞こえます。
シジュウカラは、ビービーとやかましく催促します。
110523g

餌を運ぶ親鳥が行く方向を見て、雛の居る場所を探します。
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

親鳥が行くと、おとなしくして親を待つので見つけにくくなります。
110523f

一羽見つけると、近くに数羽の兄弟が居ることがあります。
110523e

カワラヒワの給餌シーンも見つけました。
110523h

110523i

やはり親が行ってしまうと・・・
110523j

すぐに見つかるのは、お馴染みのスズメの幼鳥です。
110523n
警戒心があまり無いようで、人が近づいても気にしません。

たくさんの兄弟で、親が来ると大騒ぎ。
110523m

小さな下の子(向こう側にいます)は、なかなか餌をもらえません。
110523l

それでも、親が行ってしまうと・・
110523k
それぞれおとなしくしています。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親鳥の虫あつめ

今回は、親鳥が雛のための虫集めをしている様子です。
親鳥の口元には、たくさんの虫らしきものが写っています。
 danger虫が嫌いな方、ご注意くださいcoldsweats01

散歩の途中、すぐ近くの植え込みにコゲラが飛んできました。

見ていると、雛のための餌を集めているようです。
110519a

梅の木に付いた虫を次々とくわえながら上に登っていきます。
110519b

別の木に移っても、まだまだ虫集めはとまりません。
110519d

少しアップしてみましたが、口もとに注目。
110519c
口からあふれそうになっていますが、しっかりくわえているようです。

以前に撮ったコゲラですが、ちょうど嘴が写っていました。
110519g 4/30
思ったより長いようです。

が、挟めるだけ挟んでも まだまだ・・
110519e
巣で待つ雛のためなら、一生懸命なのでしょう。

くわえたままでも、ピョンと出来ます。
110519f

この日は、残念ながら雛は近くに居ませんでした。
たくさんの虫を加えて、親鳥は遠くの方に飛んでいきました。
雛は、まだ巣立っていなかったのかもしれません。

この場所は、去年コゲラの幼鳥を見つけたところです。
 clip2010.6.2 コゲラの子とカイツブリ→こちら

前に撮ったエナガですが、こちらも大きな虫をくわえています。
110519i 4/30

可愛い雛が待っているので、親鳥は大きな虫もくわえて運べます。
110519j 4/30

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初夏の花を見に♪

久しぶりに雨が三日も降り続き、折角あがったのに昨日は黄砂でした。
雨の降る前に、ボタンとアヤメの花を見に行ってきました(5/9)。

110513a山笑うは春の季語ですが、向こう側の山が笑顔に見えました(^^ゞ。

去年(5/11)は、ちょうどボタンが見頃でしたが(こちら)

110513b
今年は、花が開ききったり散っていたりで少し遅かったようです。

でも、顔を上げると大木に絡んだ山の藤が見事に咲いていました。
110513c

110513d あまりにたくさん咲いていたので

境内の裏手の道を登ってみました。
110513e
近くまで行って見ると、思っているよりたくさん咲いていました。

下にはオドリコソウや、もう終りかけたムラサキケマンも見られます。
110513f 110513g

その後、あやめ池まで足を伸ばしてcardash

見頃にはちょっと早い、咲き始めのアヤメがとても綺麗でした。
110513h

110513j 110513i
蕾もたくさんあって、まだまだ楽しめそうです。

2、3羽のムクドリが遊んでいました。
110513k

向こうの田んぼからは大きな鳴き声でケリが飛び立ちました。
110513l
どこかに巣があったのかもしれません。

藤棚の下では、ゆったりとした時間が流れているようですgemini
110513m

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏鳥がきたよ♪

連休が終って、いつも通りの静かさを取り戻した公園です。

110509a

昨日は当県のほとんど全域が夏日だったという程の暑さでした。
暦の上では立夏(6日)も過ぎて、もう夏ですねsun
それでも今朝から雨模様sprinklerain、数日続くそうです。

ついこの間まで、遅く咲いた八重桜が綺麗に満開でした。
110509b 5/6

見ていると風もないのに、ぽたりぽたりと花が落ちています。
木の下には、たくさんの花が散っていました。
110509l
初めて八重桜が散るのは花びらでなく花のまま落ちることを知りました。

110509cいつもとは違う鳥の声がしています。

若葉の茂った木の上の方でした。

110509d

カメラを向けると、すぐ別の枝に飛び移って。

110509f 110509e

胸の縦斑がないので夏鳥のコサメビタキ、到着したようです。

clip↓去年のコサメビタキの記事です。
 2010年10月11日 似たもの同士→(こちら

他の場所ですが、ビワの木のてっぺんで囀るホオジロ♂です。
110509g

地面で餌を探す♀も見つけました。
110509k

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蝶も虫も

暖かい日が続いて、レンゲの花がいっせいに開きはじめました。

110506k

花が咲けば蝶や虫達も飛びまわるので、散歩の途中によく出会います。
今回は蝶とか昆虫です。苦手な方はスルーしてくださいcoldsweats01

110506l

さすがに春の初めだけのチョウ達は見られなくなりました。
その代わり、よく見られる蝶がたくさん飛び回っています。
110506c 110506d
↑お馴染みのアゲハチョウ(ナミアゲハ)とモンシロチョウ。

スジグロチョウにも出会いました。
110506h

茶色のセセリチョウ、オオチャバネセセリ。
110506f 110506g

一匹狼で、ぶんぶんと飛び回るクマバチ。
110506j
刺激しなければ刺さないといわれますが、大きいので怖いですsagittarius

オマケは、テントウムシがサンバならぬ三匹。
110506a

もし名前が間違っていたら、教えてください。

昆虫の名前調べはとても苦手です。
検索して見比べていると、突然幼虫や卵が出てきますΣ( ゜Д゜)ハッ!

という訳で、名前調べを放棄したバッタとトンボです。
110506m 110506n
ポピーの花の上にいるバッタは、小さくて可愛く見えました。
トンボは今年初めてだったことで、とりあえずパチリしましたが。

散歩の途中で出会うと、とりあえず写すので、その後調べるとなると・・
矛盾しながらも、少しづつ克服でき・・そうかな?

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高く泳ぐや

110502g

五月に入りました。

五月晴れの空には鯉のぼり。

先日見かけた鯉のぼりです。

ちょっと元気がありません。

鯉のぼりは風がなければ泳げません。

↓こんな風に泳ぐと好いですね。

110502f

先日からお節句用にとチクチクしていたもの。

小さな人形に兜をかぶせました
110502a
兜だけではありません。(大きさは右下の一円玉と比べてsign02)

後の赤い布切れは、鯉のぼりになりました。
110502b
なかなか、上手にまたがってくれません。

反対側から見れば
110502c

大きく開いた口は、袋口になっています。
110502d
中には、お香など(今は綿ですが)入れると好いでしょうか。

お節句といえば、ちゃんと買ってきました柏餅japanesetea
柏の葉の代わりに、サンキライの葉で包んでいます。
110502h
近頃は、柏の葉で包んだものも一般的に売られています。

サンキライ(サルトリイバラ)の花と葉です。
110502i

おまけ
一枚目に敷いてある着物生地をチクチクして作ったブラウス。
110502e

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »