« とびます | トップページ | いつの間に »

とびます とびます

前回の続きです。
今度は同じ方向なので、ついでに寄ったタンチョウの池でのこと。

cardash途中で見つけたチューリップtulip110421c

チューリップの花は赤白黄色ですが、赤白の花が咲いた木がありました。
110421d
ゲンペイモモ、バラ科でハナモモの一種。

八重咲きで、白花や紅花、桃花を咲き分け、絞りが入ることもある。
一本の木でいろいろな花を楽しめます。
110421e
源平合戦で知られた源氏と平家の旗色からの命名のようです。

久しぶりのタンチョウの池は、シラサギと旅立ち間近のカモ達だけです。
110421a

主役のタンチョウは、まだ鳥インフルエンザの予防でケージの中に。

110421b
首を突っ込んでいたりしてsweat01sweat01何か獲れたかな。

sagittarius前回のとびますは、ヒバリでした。
今回飛んだのは、カワセミです。
110421f
タンチョウが見られない池は淋しいので、帰ろうとしたところで登場。

110421g
とても遠いし、枝には新芽が付き始めこれから見難くなります。

110421h
口が開いてるようだけど、枝被り~sad

他の木に飛び移ったかのようでしたが虫でも居たのかホバリングです。

でも、遠すぎてアップには耐えられないのでアニメにしました。
chick↓の画像にマウスオンすると、とびます。

ホバリングの後はピューッと、飛んでいってしまいました。
110421j

オマケの飛びますは
池の向こうの施設の屋根に枝を銜えて飛んできたカラス。
110420a
この後の顛末は、ごらんの通りです。

110420

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

|

« とびます | トップページ | いつの間に »

コメント

こんにちは
4月15日の記事に訪問して、その画面をお気に入りに登録したため、更新がないものと思っていました。
天候の具合で沖に出るのを中止し時間があったので、ようやく気付き、人で苦笑いです。

カワセミよく撮れましたね!
魚をくわえているのに、枝被りが残念です。
私も近くでカワセミを見かけるのですが、コンデジでは撮らしてくれません。

カラスの会話、上手く出来ましたね!しかし、同じオスとしては身につまされます。
カラスが電柱に営巣し、それが原因で停電するので対策に苦慮していたのを思い出しました。

投稿: 正丸 | 2011年4月22日 (金) 11:06

こんにちは!
チューリップ 華やかですね~、やっぱり春はチュ-リップですよね、気分がウキウキlovely
ゲンペイモモもいいですよね、絞りが色々で見ていてあきません(*^-^)
タンチョウが見られなくて残念でしたけど、
カワセミ 居てくれたんですねscissors
ブルーが綺麗note、とびますに楽しませていただきました。私もカワセミに会いたい!
カラスもこうしてみると可愛く見えますね、ほほえましい会話 ぴったりgood

投稿: zucca | 2011年4月22日 (金) 17:00

正丸さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
更新の期間もマイペースなので、取り留めない茶飲み話を見るつもりで
適当にお付き合いくださいませ。

ここの場所ではカワセミが出てきても、いつも遠いのです。
今回はホバリングまで何とか撮ることができました。
カラスの会話ear聞こえたような気がしたのは
私の主観が入っているからでしょうか?
カラス達が「そんなこと言ってない」って怒るかもpunchannoy
カラスも子孫を残そうと頑張っているのでしょうが、停電の被害は困りますね。

投稿: シマのママ | 2011年4月22日 (金) 21:24

zuccaさん、こんにちは。
チューリップ咲いた咲いたと歌いたくなりますnotes
ゲンペイモモ遠くから見てなんだろうと思いました。
近くで見ると散りかけていましたが、花の数々が綺麗でしたcherryblossom

カワセミ、しきりに啼き交わしていたので
どこかのお相手がいたかもheart01
ホバリングはカメラの時間を見たら1分近く披露してくれました。
折角なので、ヒバリ同様飛ばせて見ました。
カラスのペアは如何にもって感じでしたが
カラスに聞いたら勝手でしょ!って言うかもねbleah

投稿: シマのママ | 2011年4月22日 (金) 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/51443212

この記事へのトラックバック一覧です: とびます とびます:

« とびます | トップページ | いつの間に »