« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

いつもの散歩で その1

早いもので、一月も今日で終わりです。

年明けから雪にはなりませんが、ずっと寒い日でしたsnow20110131v寒い日でも、なるべく歩くようにしていますshoe

いつもの公園では、散歩のお馴染みさんも自然に出来ます。
野鳥たちも同じで、いつもの鳥にいつもの所で出会います。
20110131a
車を止めて歩き出すと、川向こうの木に待っているのはモズ♂。

20110131b
遠くからこちらを気にしても、用心深く決して近づけてはくれません。

20110131l
モズ♂の視線の向こうにはモズ♀の縄張りです。

20110131j
モズ♀は、少し人懐こくて少し離れても待っていてくれます。

20110131k

もっとこっちへ、おいでと・・
20110131c
なので、もう少し近づくと。

20110131d
飛んでいってしまいます。

モズに気をとられていると、ジョウビタキ♂が僕はここだよと。
20110131m

どちらを優先するか迷ってしまいますcoldsweats01
20110131o

目で追っていると、ずっと向こうの方にいってしまいます。
20110131p

シメとは仲良しみたいで、ツーショットも見られます。
20110131q

シメには、また後ほど登場してもらいますが。

少し離れた場所には、ジョウビタキ♀もいます。
20110131u

いつものジョビコさんですが、今年はなかなか会えません。
20110131r

でも、会えた時は人懐こくて少しの間遊んでくれます。
20110131s

♪いつもの小道で いつものように~♪
聞いた事がありそうですねconfident

まだまだ、いつものように出会う野鳥は次に続きます。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

林道で会った野鳥たち

今日は久しぶりにいつもの公園とは反対方向の林道にいきました。

20110128a高台に挟まれて、最近まで使われていた旧道の間に池があります。

寒い朝で池も凍っていましたが、林道は風もあまり感じません。

車を止めると、すぐにジョウビタキ♂が様子を見にやってきました。
20110128c
ヌルデ(ウルシ科)の実を食べていました。

20110128b
少し遊んで、池の向こう側に飛んで行きました。

池の方を覗いてみると、二羽の水鳥が見えます。
20110128g

遠くてはっきり見えませんが、とりあえずcameraパチリ。
20110128h

帰って調べてみると、初見初撮りのイカルチドリのようです。
遠かったので良く写っていませんが証拠写真ということでcoldsweats01

bookイカルチドリ
 北日本では夏季に繁殖のため飛来、冬季には温暖な地域に移動する。
 その他の地域では、留鳥。

よく似た鳥のコチドリもいるので間違っているかもしれません。
間違っていたら、どなたか教えてください。

寒くなったので帰ろうとするとエナガの群れがやってきました。
20110128i
ヤシャブシの実を突いたり。

実を食べつくしヘタだけの柿の木にも、まだ何か残ってるかもってsign02
20110128j
賑やかにやってきて、あっという間に かいさ-んupdash

他に、丸々としたメジロに会いました。
20110128d

他の一枚 拡大してよく見ると、あかんベーしているのかな?bleah
20110128e

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒヨドリのご馳走 イヌマキの実

前回に続いてヒヨドリのご馳走のお話です。

公園のセンダンの実を食べつくしたヒヨドリたちですが。
少し離れた場所のイヌマキの木に群れで集まっていました。

20110122a枝が高くオマケに逆光で、鳥のいる場所がよく見えません。
でも、この木はイヌマキの木、赤い実がなります。

20110122e
↑は一昨年の写真ですが、今年は下の方の枝は実が着いていません。
最初の画像にも実がありますが、まだ色は美味しくなさそう。

調べてみると

bookイヌマキ(マキ科マキ属) 関東地方南部以西に分布の常緑樹
  スギの古名のマキに、より劣るという意味のイヌをつけたもの

  雌雄異株で、くし団子-のような実をつける
  赤いは、花托で食べられますが青いは種子があって有毒

帰ってPCで確認すると、本当にくし団子-を銜えているみたい。
20110122b

20110122c

青い実は、まだ熟してないのかと思っていました。

木の近くでは、コンコンと枝に何かを打ち付ける音が聞こえました。
そして木の下には、たくさんの実が落ちていました。
20110122f
青い実を外そうとして、木に実を打ち付けていた音でしょう。
鳥さんも、やはり美味しいところだけ食べたいようですねconfident

お腹一杯になったら、日当たりの好い場所でまったりしていました。
20110122g

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒヨドリのご馳走 センダンの実

よく見る光景ですが、センダンの木にとまったヒヨドリです。

20110121g
センダンの実をもぎ取って、くわえています。
20110121a 7日

こちらは、実を今にも飲み込もうとしています。
20110121b 11日

↓正面から見ると
20110121c 遠くからでも、目を白黒しているみたい。
20110121d

日にちを追って画像を見ると、木に着いた実が少しづつ減っています。

↓同じ木の去年2月7日ですが、たくさんの実があります。
20110121e
この時の鳥は、ヒヨドリでなくムクドリです。

比べてみると、今年は実の無くなるペースが随分早いみたいです。

18日にはすっかり木の実は食べつくしてしまいました。
仕方なく、自分たちが落とした実を拾って食べていました。
20110121f

今年は、山のドングリが少ないとのことでした。
他の木の実なども不作なのでしょうか。
不味そうなセンダンの実が、早くも鳥達のご馳走となりました。

次回はヒヨドリの次のご馳走のお話です。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帽子のゆくえ

年末にお友達が「ごめんね~coldsweats02sweat01」って・・

いつか編んであげた帽子、好く似合っていたのに。
そのゆくえは、アイケン君dogが齧ってしまったということです。

20110118b なかなかお散歩に連れて行ってもらえなくて、ついついだったとか。

まだ生後半年の子犬なら怒っても仕方ないねとbearing
先日のドングリ帽子を替わりに被って帰ってもらいました。

年が明けて、もうひとつドングリ帽子を編みました。

写真左側のグレーの糸一色で編み始めたのですが少し暗いので
極細の白い糸を足して二本取りで編みました。

20110118a
この帽子のゆくえは・・

前の帽子もお揃いで編んあげたお友達の友達に。
そちらにはアイケンがいないから大切に被ってくれることでしょう。
ただ、この色で気に入ってくれるかどうか気になるところです。

アイケン君がかじったのと同じ時に作った帽子
紺色のは私のお散歩用に被っていたのですが、そのゆくえは・・

時々公園で挨拶をする顔見知りのご婦人に「どこで買ったの?」と
同じものが欲しいと言われ、そんなに気に入ったのならと
お古ですが差し上げました(^^ゞ

カウチン編みのベストsports 少しづつ編み進んでいます。
20110118d
裏の渡り糸を一目置きに編み包むのにも慣れました。
ただ、今は輪編みなので棒針にして裏編みになった時が心配。

半端な毛糸を使って編み始めました。
そんな糸も帽子に使ったりして、もっと中途半端になってしまいました。

↓どんぐり帽子
book参考にした本は「チャルカといっしょに東欧の手づくり」

  japanesetea ○o。+..:*○o。+..:*○o。japanesetea

東京のお土産に頂いた きんぴらごぼうかりんと
20110118c
ごぼうの香りに、後でピリッと唐辛子が辛かったですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅園は

昨日から冷蔵庫に入ったような寒さです。
晴れてはいますが、外の空気が冷たくて家に篭っています。

先日(1/12)初詣をかねて梅園の下見に行きました。

最近はパワースポットで有名になっている神社です。
境内のえびす宮では用意の笹におみくじがたくさん結ばれています。
20110116aおおっsign02写真の右上、木立の後から ありがたそーな光がthunder
って、ちょうど向こうから朝のお日様が顔を出したのでしたsunshine

20110116g早咲きの白いツバキ。
ツバキなので花びらでなく
花のまま散っています。

梅は、まだまだ蕾が固いようでした。
20110116b

去年の春は、ルリビタキ♀やミヤマホオジロを見られました。
  chick 2010.3.23 ミヤマホオジロ初見→こちら

この日は、ジョウビタキ♀がココにいるよ~♪と。
20110116c

20110116d

そしてエナガも負けずに、こっち見て~♪と。
20110116e

20110116f

ルリビタキやミヤマホオジロには、梅が咲く頃に会えるかなぁ。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈴なり

大きな紅葉葉楓(もみじばふう)の木です。

20110111a
普通の葉が散った木に見えますが、少し近づくと。

20110111b
たくさんの丸い実cherryがぶら下がってとても可愛いです。

実も鈴なりですが、よーく見るとeyeglasseye
20110111e

数え切れないほど鳥が鈴のような実に止まっています。
20110111c
丸い実の中にある種を食べているようです。

20110111f公園では、遠かったのでカワラヒワかと思っていました。

20110111d

帰ってpcで確認すると初見のマヒワでした。

いつか、黄色が濃いカワラヒワと思ってみたのはこの鳥です。
この公園にもマヒワは来ていたようです。

他にも、メジロが横の木でマヒワたちが食べ終えるのを待っていました。
20110111g

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒中鳥撮り

寒中とあって、強い北風が吹いて冷え込む毎日です。

暖かい部屋から出掛けるには少しひるんでしまいます。
それでも、買い物ついでに公園を少し歩いてきました。

20110109aカモが独占していた池にもユリカモメたちも到着のようです。

なかなか出会えなかったジョウビタキ♀のおジョウさん。
今シーズン初対面です。
20110109d池の向こう側で、待ち構えたように遊んでくれました。

ツーショットは撮れませんでしたが二羽のおジョウさんがいました。
20110109b

縄張り争いもなく、適度な距離を保った二羽は友好的でした。

20110109g
ここで出会うおジョウさんは恥ずかしがり屋さん。
たまにしか顔を見せてくれません。

なので、一羽のおジョウさんだけが目だって遊んでくれます。
いつものおジョウさんが遊びに来ているのかな?

見分けがつきませんが、羽根にある白斑の形がビミョーに違うようです。
20110109e

20110109h

少し遊んで見失ったところで、池をひと廻り歩いて行くと・・

いつものおジョウさん、いつもの場所でいつものように・・
20110109f
先回りして待っていてくれました。これからはここで会えるね~happy01

寒くても歩いていると好い事もありますね。

他にも、シロハラや寒そうにしているシメにも出会いました。
20110109i 20110109j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ことしも

年も改まって、今日はもう3日です。
お天気が荒れるという予報で、年末年始は引き篭もるつもりでした。

引き篭もってはいますが、当地は予想外の好天に恵まれました。
当地より北側の地方では大変な被害もあったようですが。

荒れても荒れなくても三が日限定の、お屠蘇とかお神酒とかbottleで明け暮れ。
飲むことが出来るのも健康ならではと、少しだけ安堵するお正月です。20110103a干支の兎模様が織られた倉吉絣のコースターの出番もやってきました。

お土産に頂いた、「葛もなか」あっさり餡でお抹茶のお供に結構なお味でしたjapanesetea
20110103b

ことしも、取り留めのないブログにお付き合いよろしくお願い致しますhappy01 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけまして おめでと 卯 ございます fuji

20101225_0002

本年も とりとめのない 茶飲み話 ですが よろしくお付き合いくださいませ

chickヤマガラもご挨拶しております。

(↓マウスオンしてみてください。)

続きを読む "謹賀新年"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »