« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

散歩の公園で

散歩の公園では紅葉が散り、冬模様に変わりはじめきました。

少し紅葉に染まった池に居ついたカモと、時々やって来るカワウ。

1011029

1011029b イチョウも散って黄色の絨毯のようです。

その葉を集めて投げ合っている少女達。
少し前(?)は私もこんなだったはず。
もうこんなに無邪気になれないなぁ。

chick馴染みの野鳥たちも来ています。

到着したばかりで、枝でひっそりと様子を伺っています。
まるで、だまし絵の中にいるよう。

ツグミ
1011029c

ビンズイ
1011029d

常連のメジロもモミジの中にいると だまし絵のようです。
1011029e

シジュウカラは、明るいところでこちらを見ています。
1011029f

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の佳き日に

久しぶりに回廊のある神社へ散歩がてらの紅葉見物 cardashshoemaple

紅葉は少し散り始めていましたが、朝の日差しに映えて綺麗でした。

101119a
101119h

七五三のお宮参りのチビッコたち。
101119e
慣れない盛装で、歩きもぎこちなく。

101119d

101119j

回廊では、挙式を済ませたばかりの新郎新婦が記念撮影。
101119b
カメラマンから「二人で話しながら、こちらを見て!」って、ちょっと無理かもsmile

101119c

 heart04秋晴れの佳き日、大安の朝。 

何年か後には、家族でこのように・・・
101119i

ほっこりと、好い気分で帰ってきましたcardash

| | コメント (4) | トラックバック (0)

毛糸で編み物

ここ2~3日曇り空なのか黄砂か判らないどよんとしたお天気でした。
今日は重い雲がありますが、黄砂も吹き飛んで青い空も見えます。

101115c 今晩から冷え込むとのことで、いよいよ冬本番でしょうか。

sports編み物を始めました。
手持ちの糸だけで編めることと、目数を考えずに編めそうなもの。
101115f
カウチン編みで半端な糸を色々使っています。
カウチン編みは裏に渡る糸を交互に絡ませながら編み込む技法。
裏の糸が長く渡らないので、引っかかりにくく温かいのが特徴。

始めのうちは裏に渡る糸を編みくるむのと糸を替えるのが上手く出来ず。
裏側も綺麗に糸が渡るはずなのに・・・coldsweats02sweat01

編み始めは4本針で、途中から輪針だし・・bleah
試行錯誤で編みながら、少し判りかけてきました。

少々気に入りませんが、もう編み直す気になりません(^^ゞ
編み進みが遅いので、ほどかずそのままいってしまいます。

101115e随分前に編んだアフガン編みのベスト。
しっかりした編地と糸が裏に渡って温かく、気に入ってずっと着ています。

サイズが合わなくなったpigのに、そのまま着るものだから裾のゴム編みがほつれ始めています。
なので、早く替わりのものがいるのです。
いつもながらのドロナワですcoldsweats01

memo綺麗に仕上げるには
編み糸が変わっても常に渡り糸を一目おきに針にかけて一緒に編むこと。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

mobaq これはなんでしょうsign02
101115a
下のマウスと比べてみてみてください。奥のが20cm手前は13cm。

先日、左腕の肘が少しimpact堅くなっているのに気付きました。
パソコンを見る時に無意識で肘をついているからでしょうか。

101115b肘の下に何か敷くもの、と思って作りました。

2:1の布を4枚合わせ
お手玉型の小さな座布団。

初め10:20cmで作りました。
パソコンの横には大きくて邪魔。

次に6.5:13cmで
大きさは好いのですが
綿が多くて肘の位置が高い。

まあ、使ううちに中の綿が落ち着くでしょう。

 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

101115d薄い生地に餡がたっぷりのたい焼き。

いつも行列が出来ています。

知り合いが近くに行ったからと、買ってきてくれました。

熱々spaをほおばって美味しかったdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公園も秋色に

季節が急ぎ足で秋から冬へと移り変わっているようです。
散歩の公園の木の葉も日ごとに秋の色に染まってきました。

101111a

週の初めから北風が吹き始め、今朝はこの秋一番の冷え込みでした。
日中は穏やかでしたが、明日は時ならぬ黄砂の予報が出ています。
今年の天候は何かおかしなことが多いです。

バスで遠足にやって来た幼稚園児達。
101111c 11/8
この日は暖かだったので、みんな元気に遊んでいました。

池にはヒドリガモ達もやってきてました。
101111b 11/6

101111d 散歩の顔見知りの方が見せてくれた「ムベ」の実。

子供の頃はアケビなどの実を食べていたが
家では若い者がよくそんなものを食べるなぁと言う
若い者はダメだと嘆いていました。

ムベはアケビとよく似ていますが、熟しても実が割れないそうです。
公園で採れたものではありません。

木の葉も少なくなって、小鳥達を見つけやすくなってきました。
101111e 11/8

今年は本当にヤマガラによく出会います。
101111f 11/8
おとぼけ顔を見ると嬉しくなります。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

櫂の木の紅葉

先日、お友達に誘われて紅葉を見に行ってきましたmaplecardash

途中、瀬戸内海が望める道の駅で一休み。
101108a穏やかな瀬戸内の海に養殖牡蠣のいかだが点々と浮かんでいます。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

maple当地では有名な国指定史跡 旧閑谷(しずたに)学校の櫂(かい)の木。
お休みの日は大変な混雑で狭い道を駐車場までも渋滞します。

お休みを避けて平日に出掛けたので正解flair
101108b 11/4
穏やかな秋晴れの中での紅葉を、ゆっくり楽しめましたmaple

閑谷学校は江戸時代前期に岡山藩によって開かれた庶民のための学校です。
詳しくは↓(財)特別史跡閑谷学校顕彰保存会ームページへ
http://shizutani.jp/shiseki/index.html

閑谷学校正門・鶴鳴門
101108c
校門の屋根瓦は備前焼です。
石塀(せきへい)を含めたほとんどの建造物が国の重要文化財です。

中に入ると、聖廟に続く石段の左右二本の櫂の木が紅葉真っ盛り。
101108e
向かって左の木は紅色に、そして右は黄色がかった色です。
bookカイノキ:ウルシ科ランシンボク属ランシンボク(学名トネリバハゼノキ)

この櫂の木は大正時代に中国の「孔子廟」から持ち帰った種子から成長したものです。
閑谷学校では、孔子にちなんで「学問の木」と呼ばれています。

観光案内のボランティアの方のお話では、今年の紅葉は特に綺麗だそう。

櫂の木手前左側の、国宝に指定された講堂の屋根瓦も備前焼です。
101108f
講堂の中には入れませんが、回廊までは上がることが出来ます。

講堂の磨きこまれた床に映える櫂の木の光。
20101104_0072

講堂から見た飲室門(いんしつもん)。
101108i
学校を囲む石塀(せきへい)は唐様の石積塀です。
写真では判りにくいですが上部が丸いカマボコ型をしています。

講堂横から見た櫂の木。
101108g

どこを切り取っても、綺麗なグラデーションです。
101108h
夜はライトアップもされているそうです。

綺麗さに圧倒され、帰ってみると写真は少ししか撮ってなかった(^^ゞ
お天気にも恵まれて最高の紅葉見物が出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の実と種

旧道の小路で、今期初のジョウビタキ女子にあいました。
遠くからこちらを眺めて、ヒッヒと鳴いて呼んでくれます。

101107e
とても遠くて豆粒ほどですけれど、証拠写真です。
少し前に近くで男子も見かけましたが、仲良く住み着いてくれるかな。

  .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

公園の散歩途中、コブシの実の殻がはじけているのを見つけました。
101107f

一緒にいた友人にzuccaさんから教えてもらったことを受け売り。

101107gはじけたコブシの実が

白い糸でぶら下がること。

お友達は面白がって

いくつもぶら下げました(笑)

zuccaさんの備忘録での記事は(こちら)

そして、種がハートの形をしているのも確認したくなりました。
アオツヅラフジの種も面白い形だと聞いていました。
それなら、フウセンカズラの種だって面白いよと。

そんなわけで、全員集合happy01
101107

↓それぞれの種を少し大きくしてみました。
101107a
フウセンカズラは黒く丸い種にハートの模様heart02
コブシは茶色のハートの形heart01
アオツヅラフジの種はアンモナイトの形みたいに見えますかsnail

↓アオツヅラフジの実です、それぞれの粒の色が違って綺麗shine
101107b

101107d粒の色が綺麗なのは

右のノブドウもです。

この実を見つけると嬉しくなります。

たくさん蔓についているのは
↓アケビの実
101107c
果肉の中の黒い小さな種の周りが甘く食べられます。
この場所は藪の中で、残念ながら手が届きません。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »