« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

育児はおんぶで

連休も始まったのに、その前はとても寒かったりしました。

100429bいつかのカイツブリが気になって見に行きました。
 2010/4/8の記事→こちら

桜の花ももう終わりだと思いながら
春らしく水面にピンクの写りこみだな~と
変化がないように見え、帰ってきました。
100429c
PCにとり込んで確認すると、親鳥の背中にちょこんと雛が。
写真を撮っている時には全然気付きませんでした。

しまったー! もっとちゃんと撮ってくるんだったcoldsweats02

そして次の日は雨rain

お友達からカイツブリは雛を親鳥がおんぶすると聞いていました。
100429d

少しは泳げるようですが
100429e

巣の近くからは、余り離れません。
100429f
顔の模様がゴーグルをしてるように見えます。

100429g
ちゃんと、羽根の下に保護されています。

一昨日その様子を確認しに行き、お友達に「おんぶ見たよー!」と・・

「私も見たい~」と、いうことで午後から再び観察に・・
二人で、ずっと見ていたいねと ひと時を過ごしました。
100429h
親子の様子を見て、二人で勝手に台詞をつけたりして遊びました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小さな着物と桜の花袋

この春のお天気は、日替わりメニューのように変わりますね。
今日も朝から強い風と雨ですが、土日は好い天気になるとか。

小さな着物の二枚目が出来上がりました。
100427a

今度もお人形サイズ12号、袖の端から端まで40cm 着丈も約40cm
お人形も持っていないのに、小さな着物作りが楽しくなりました。

後はこんな感じ
100427b

100427c骨董市で求めた1000円の着物をほどいたものです。
しっかりした生地で地紋もあります。
裏も裾避けも一緒に使いました。

作る手順も、ちょっと判ってきました。
ちゃんと柄合わせもやらなくては、など問題点も。

次の小さな着物用の生地を裁ちました。
その生地で思いついて、桜の花袋を作ってみました。
100427d
生地は化繊のようで、しなやかさがありません。
なので、接着芯を省いても張りが残っています。

花の直径は6センチ 3.5センチ位の高さです。
100427e
あら~sweat01着物のしつけも、まだ残っていました(^^ゞ

  .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

公園の桜、ソメイヨシノはほとんど散ってしまいました。
代わりに小さな木ですが八重桜系の桜が咲いています。

ウコン桜 御衣黄(ぎょいこう)
100423b

100423c花びらが多いので、木は小さくても華やかです。
右の桜は白妙→

↓アマノカワ
100423d

もう若葉の出た桜の木にはキジバトのカップル。
100423e

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

book 参考にした本は

 着物は
 * 「やさしいお人形さんの着物 (レッスンシリーズ)」
 * 「骨董「緑青」〈Vol26〉特集:古布・古裂 市松人形の着物仕立て方」

桜の花袋は
 * 「歳時を飾る12カ月のお細工物」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おしくらまんじゅう

前回のエナガの雛たちを見た次の日は冷たい雨でした。
雨が上がって晴れた昨日(4/21)の朝、行ってみたのですが。

雛達は巣立ったようで、ひっそりとした巣は空き家でした。
一日見なかっただけなのに、随分成長していたのでしょうか。

残念と思いながら散歩していると、遠くで雛達の鳴き声が。
鳴き声のする方に行くと、松の高い枝から聞こえます。
上を見上げ木の周りを何度もぐるぐる、枝の隙間から僅かに。

なんとか、おしくらまんじゅうを見ることが出来ました。
100422a

反対側からも
100422b
遠い、暗いでしたがボツの山から探し出して加工しました。

去年のエナガの雛達は右サイドのバーマイフォト「エナガ09'」で。

この後、公園の管理の方が「タケノコ要らんかね」と声が。
「要る要る~」ちょうど筍を掘っていたところに通りかかって。
100422e
大きなタケノコを3本も頂きました。
慌てて画像は無しです(笑)。
帰りにたまたま出合ったお散歩の顔見知りにも一本おすそ分け。

100422d 午後はお友達から「ワンコのチビを見においで~」とお呼びが。
タケノコ持参で見に行ってきました。

イタリアングレーハウンドというお洒落な犬種。
ナポリタンではありませぬsign02

生後4週目、やっと目が見えるようになって。
連れて帰りたいくらい可愛かった~lovely
100422c
こちらも、おしくらまんじゅう状態ですね。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雛すくすくと

公園ではハナミズキの花が咲きはじめました。
寒い日があったりしたせいか、濃い色になっているようです。
100419i

出掛けた先の駐車場に戻る途中、大きな木の横で
懐かしく可愛い餌をねだる雛の鳴き声で見上げると。
100419c 4/17
まだふわふわの毛玉のようですね。
眠っていたような顔です。

他にも数羽いるようですが枝が込み合って確認できません。
100419d

100419e
くちばしに何かついてますよ~smile

親鳥が餌を運んで帰ってきました。
100419b
ちゃんと見つかりにくい場所で子育てしていますね。

こちらは公園のエナガ、餌を持ち帰ったお父さん。
100419a 4/17
汚れてよれよれの姿は、お疲れのようですね。
往復の回数が頻繁でしたが、雛は確認できませんでした。

今日は見られるかもと、行ってみました。
100419g 4/19
ちゃんと餌を貰っている雛の姿が見られました。

100419f
しっかりした顔つきのようですが・・

100419h
親がくわえている○は、雛のフンです。
雛が巣の外に向けて出すと、親は直接くわえて外に捨てに行きます。

どこの親も、お疲れ様ですね。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花も散って

花冷えとか寒の戻りというには余りにも寒い昨日今日です。
気温は二月頃に逆戻りしたそうです。

少し遠出した一昨日は、少し冷えても柔らかな日差しでした。
山路の桜cherryblossomは、散ってしまった木がほとんどでした。

花はすっかり散った枝ですが、残った花柄にメジロが。
100416e

そんな花柄でも、くちばしをつけています。
100416f
何か味がするのでしょうか?

まだ花が残っている枝では、ヤマガラが花をくわえて。
100416g
ヤマガラは花ごと食べている様子でした。

すぐ近くの枝にやって来て、隠れてもshadow見えてるよ~smile
100416h
クリックすると、見つかるかもしれませんhappy01

遊びに出かけたのに、鳥さんが気になってしまいます。
でも、一緒のお友達はずんずん先に・・・ 

後を追わなくちゃrunということで
chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

予定外の鳥見も出来たし、楽しいお出掛けでしたbus

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花の下では

今日は朝から雨でした、予報では明日も雨。
満開の桜にとって花散らしの雨になってしまいそう。
100412c 4/9 

桜も満開ですが、行く先々の車窓に濃いピンクの花畑が見えます。
100412a 4/10
これは当地の名産、美味しい白桃の畑です。

100412b_2 4/10
満開に咲いた桃の花、美味しい桃の実にな~れheart01
これから受粉し一枝に2、3個の下向きの花を残し後は摘みとります。

100412j花を横目に行った先では、桜をバックのモデルさん。

お宮参りでしょうか。
若い両親がデジカメと携帯で撮っています。

当の本人は池の鯉に夢中のご様子coldsweats01

去年、お人形を撮っていたかたも(こちら)。
100412i 4/9
風が強く他のお人形の出番もなく、この後すぐに撤収されました。

抱卵中のエナガの巣の近くでは、エナガ仲間が騒いでいます。
その渦中には桜の花の下、困り顔のモズ♂でした。
100412e 4/9

激写中に、んんsign02落としモノ。 ○こんな形が見えますか?
100412d 4/9

ニュウナイスズメも桜の花がお気に入り。
100412f 4/6

上を見ると、たか~いところに猛禽類らしき姿。
100412h 4/6

油断はしていません、慌てて飛び立ちます。
100412g 4/6

春爛漫、桜の花の下に集う時は仲良くしてくださ~いcoldsweats01

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

卵抱いてます

いつもの散歩コースは桜の名所ですcherryblossom
早く花が咲き始めてやっと満開、今年は長く楽しめますね。
100405a 4/5

花見客を避けて、花の頃の散歩は他の場所へ変更です。

久しぶりのタンチョウの池では、一羽が池の真ん中でしゃがんでいます。
卵を抱いているように見えますが・・・
100405c 4/3
ここのタンチョウはノゾミ君の両親以外はみんな♀なのです。
季節がきて、孵ることは無い卵を産んだようです。
去年もこの様子に刺激されてか、ノゾミ君が生まれました。

そして、カイツブリの池の公園でもcherryblossom綺麗に咲きました。
100405i 4/3

カイツブリは、冬に巣を作るような様子が見られました。
100405m 12/9
ここにはこの日以降行っていませんでした。
この為の巣だったのかどうか判りませんが。

久しぶりに行ってみたら、前のとは違う巣にしゃがんでいます。
100405d 4/4

ちょっと席をはずした時に失礼して見せてもらいました。
何も無いようにみえますが・・・
↓クリックしてみてください。
100405e
お出掛けの時は、ちゃんと隠してるのですねlovely

↓去年の秋に一緒に居たカイツブリ達ですが、今はいません。
100405j
子供達は親離れしてどこかに行ったのでしょう。

いつもの公園、枯れ木のようだったのにcherryblossomのトンネルに。
100405h4/5
まだまだ、お花見の人が多く駐車場もいっぱいです。

気になったのは、エナガの巣。
100405g 4/5
ちょこっと顔を見せてくれました。

お相手が餌を運んできているようです。
100405f 4/5
卵は確認できませんが、可愛い雛達が見られるでしょうか。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の日に

四月に入りましたが、今日も雨模様です。
桜はまだ咲き揃わないので、花散らしの雨にはなりません。

花曇りの日に、少し遠回りして桜cherryblossomの様子を見に行きました。
桜よりも駐車場近くの畑の菜の花が満開でした。

100401a
傾きの塔、傾いていても倒れないという不思議な五重の塔です。

なんちゃって、今日は4月1日。
花を入れようとして、しゃがんでカメラが傾いただけ(^^ゞ

誰も本気にしないでしょうが、ちゃんと真っ直ぐに立っていますcoldsweats01
100401b

曇り空で折角の桜にメジロ=サクジロもきれいに写りません。
100401f

桜のうしろの満開の白い花の枝にはスズメのようですが
100401d
ニュウナイスズメでした。
好く撮れていませんが、シーズン初の証拠写真ということで。

白い花の木の下では甘酸っぱい匂いに包まれました。
100401g
スモモの木でしょうか、間違っていたら教えてください。

そして、駐車場までの畦道で、ピーチクパーチク鳴いていたヒバリ。
100401c
これも今シーズン初の出会いでした。

曇天でしたが、出かけたお陰でヒバリやニュウナイスズメに会えました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »