« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

着られない着物 完成

桜が開花してからも冬型の気圧配置の寒い日が続いています。
今日も一日中、冷たく強い風が吹いていました。

100329a 3/26
気温が低いのでまだ一部咲き、満開は当分先。

それでも、気の早いツバメ御一行はもう到着しています。

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

明日の朝も冷え込むと予報が出ています。
遠くからやって来たばかりなのに、大丈夫なのでしょうかsad

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

着ることが出来ない着物、お人形用の小さな着物が出来ました。
100329c
右側の後見頃の裾の下に、30センチのモノサシを置いています。
お袖の端から端まで40センチ 着丈も約40センチ

着物は途中までsign02しか縫ったことがありません。
なので、参考の本を見ながらイメージして少しづつ縫いました。

図書館で、他のお人形の着物の縫い方の本も借りてきました。

少し失敗したところもありますが、何とか形になりました。
まだ縫い方が判っているうちに、もう一枚縫おうと思っています。
それには、ほどいたまま待機している着物地(こちら)の出番です。

そして編み物は、こんな感じの帽子になりました。
100329d
配色は気に入ったのですが、すかし編みで型が決まらないcoldsweats01

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

book 参考にした本は
お人形着物→「やさしいお人形さんの着物 (レッスンシリーズ)」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヤマガラの巣材運び

前回の続きですが

藤棚の前を通ると、ビービーannoyとヤマガラの威嚇の鳴き声がします。
100325g

カメラを向けても逃げません。

そして、どこからか巣材をくわえたヤマガラが飛んできました。
でも、カメラを見てびっくり!そして

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

相方さんに危険dangerを知らせていたのですね。

少し待つとまた帰ってきましたが・・(写真をクリックしてください)
100325j
↑苔をいっぱいくわえ、髭ダンスを踊りだしそうな顔ですねsmile

長居して巣作りを放棄すると悪いので、梅林への道を行くと
またまた、威嚇annoyの鳴き声がします。

見ると、こちらでは木に止まって苔を採取中です。
気になっても、止められない~sweat01 

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

ここでも、お邪魔してしまったようです。 ごめんなさ~いwobbly

この日は、エナガも巣材運びをまだ頑張っていました。
100325m

100325l

三日続けて雨で、画像で遊び過ぎました(^^ゞ
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミヤマホオジロ初見

今日は朝から冷たいこぬか雨が降っています。
予報では今週は雨の日が多く、菜種梅雨の始まりでしょうか。

昨日(3/22)開花宣言、咲き始めた桜が冷たい雨で蕾を閉じそうです。
100323a
cherryblossomの咲く頃は落ち着かない私も、雨では家でおとなしく(^^ゞ

先日、春になってやっと会えたルリビタキにまた会いに行きました。
100323d
車を止めた近くでコゲラを見つけ、追っかけ~run

いつもとは逆コースになって、参拝もせず梅林に直行。

ルリちゃんは、梅の木に止まってちゃんと待っていました。
100323b

そして、いつかの正体不明の鳥さんにも会えました。
お友達のzuccaさんに教えてもらった通りミヤマホオジロでした。

数羽の群れで地面に降りて、のんびりしていました。
100323f
左が♂ 右は♀

近づくとサッと近くの林に隠れても、少し待つと出てきます。
でも、地面の低い場所や込み合った枝ばかりに止まります。
100323h
梅の木でむこうを向いても特徴のモヒカン頭で判ります。
後頭の黒い冠と鮮やかな黄色が綺麗でした。

のんびりしてるようでも、こちらを気にしていますね。
100323g
左が♀ 右は♂

初見のミヤマホオジロに夢中なので、ルリちゃんはご機嫌ナナメ(^^ゞ
100323c
いつの間にかいなくなってしまいました。ルリちゃんごめん~coldsweats02

それに比べジョウ君は、僕も撮ってとウロウロしていました(笑)
100323e

この日はヤマガラの巣材運びも見つけましたが次回に致します。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マーガレット完成

公園の寒緋桜が咲き始め、目ざといメジロがやってきました。
100317c 3/14

100317d 3/14
下向きのお花に、くちばしをめいっぱい入れています。

完成したマーガレットといっても、お花ではなくて着るものです。

カーディガンのような、前合わせのない羽織って袖を通すだけのもの。
暖かくなる前に何とか編みあがりました。
100317a
左右どちらでも着られるので、片方の袖口に別色でラインを入れました。
  memo 中細二本取り=50g×8個 5号針 4号針(ゴム編み)

さて、次の編み物は
100317b

パンドラの箱で熟成された生成りコットンの夏糸(100g)2玉。
一緒にあったピンク系のラメ糸とバイオレットのレース糸をあわせて。
春らしい雰囲気になりましたが、私用には可愛すぎます(^^ゞ。

ベレー型の帽子(こちら)が気に入ったので、すかし編みで編んでみます。
でも、このあと間違い発見で、二度も解きましたbearing

book 参考にした本は
マーガレット→「手編みでおでかけ―この冬編みたいウェア&小物」
帽子→ 「冬に編みたいニットアイテム 定番小ものbook」

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

天気予報のコーナーの「ふる・ふく・どん」という話題でした。

春の天気は「雨が降る」「風が吹く」「曇天」の繰り返しだそうです。
一昨日は一日中強い風が吹いていました。
昨日はちょっと遠出しましたが、好いお天気で助かりました。
今日は朝から雲り空で、お昼から小雨も振りました。

昔からの経験での言葉のようですが、当たっていますね。

駐車場で、ツクシを摘んできました。
100317e
restaurant 卵とじ一回分楽しめました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

会えました

前回の続きですが
梅にメジロを撮っていると、地面に降りた鳥がチラッと目の端に。
ジョウビタキかとカメラを覗くと、黄色のお腹が見えました。

わっ!会いたかったルリビタキ。
去年ここで見つけましたが、今年は会えないかと思っていました。

逃げられないように慎重にまず一枚。
100312k

少し近づいて
100312l

動かないでね~ (chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

でも、遠くには行かず もう少しだけ遊んでね~
100312m

最後にはお立ち台に立って (chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

今シーズン会えないと思っていただけに、ゆっくり遊んでもらって感激lovely

サンシュユの花が咲いていました。
100312f
この木には、年末に赤い実(こちら)が付いていました。
12月1日の記事でアキグミの実としていたのを訂正しました。

この日は赤い椿の木でもメジロが蜜を吸っていました。
100312d

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梅林で

先日(3/9)は時ならぬ雪が降って寒い日になりました。

100309b温暖な当地ではめったに雪の降ることはなくて、この冬初の積雪でした。

これから春に向かって暖かくなるかな・・

雪の日の前も天候が不順で、梅の花見に出遅れてしまいました。

今はどこでも梅にメジロの写真ですね。

私も前にも載せましたが、もう少しましなウメジロを撮りたいと梅林に出かけました。

早く咲いた花はもう散りはじめ、意気込みと成果は違いました。
懲りずに楽しい出会いも含めて載せることに(今日は写真が多いです)。

一番に出迎えてくれたのはジョウビタキ男子。
100312a
少し遊んでもらっていると、メジロたちもやってきました。

でも、なかなか思うような好い位置には止まってくれません。
100312b

100312q
好い天気だなぁ~

100312j
懸垂ポーズ ちょっと、苦しそう

100312o

疲れたのか、お腹を枝につけて休憩
100312p

chick クリックしてみてください。飛び出すかもdash
100312c

ここでも、エナガの巣材運びが見られました。
100312g

そして、一枚だけ写っていた この子は誰?
100312h
遠かったので、カワラヒワかと思っていましたが・・

帰るときには、ジョウビタキ女子のお見送りがありました。
100312e

ほかに、思ってもみなかったルリビタキちゃんとも出会いました。
その写真は、次回といたします。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の準備を

暖かいかと思えば急に寒くなるの繰り返し、三寒四温です。
気温の変化で、体調を崩さないように注意したいですね。

それでも昨日は啓蟄、冬ごもりの虫は出てきたのでしょうか。

少し前ですが、シジュウカラやコゲラが虫を食べていました。
100307b 2/2

100307a 2/8

折角出てきた虫もすぐに食べられては可哀想なようですが
春の花を咲かせる木は害虫を取ってもらえ嬉しいでしょう。

子孫繁栄の春の準備に着々という鳥たちもいます。

髭が生えたように口いっぱいに巣材をくわえたカワラヒワ。
100307c 2/24

エナガは、くもの巣のようなものをくわえています。
100307f 2/24
巣材は↓のように頑張って採ったものでしょう。
100307g 2/24
この続きは動画(51秒)にしました。時間があれば見てください。

こちらのエナガは、落ちていたほかの鳥の羽根をくわえています。
100307d 2/22
羽根は卵を産むための敷物になるようですから、巣の完成間近かな。

巣材を運ぶエナガが何度も行き来する先に新築中の新居を見っけeye
100307e 2/24
中にエナガの姿も見られますが、静かに見守っていたいものです。
後どれくらいで今年も並んだおチビさん達を見せてもらえるかしら。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipお友達のzuccaさんの備忘録でもエナガの巣材集めが見られます。
  →こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅の花袋

お天気が日替わりで晴れたり雨空なので計画が立てられません。
今日も雲って少し寒くなりました。

散歩の途中で、しだれ梅が綺麗に咲いていました。
100303d

小さな被布が出来上がったので、その後に作った梅袋です。
100303a

うしろ側に袋の入れ口があります。
100303b

去年の椿袋の後が続かなかったので、再チャレンジです。

今日は桃の節句、桃の花袋にすれば好かった~coldsweats01
二月は日にちが少なく、まだまだと考えるうちに月が変わります。
子供の頃から三月になると思うのに、この年になっても同じです。

小さなものはとても可愛いので大好きです。
でも、小物ばかりでは布の消費が追いつきません。

痛んで破れがあったりしても、一反分の布があることも。
布の消費も、自分の作りたい気持ちが満足しなければ続きません。

そこで、とりあえず必要な布を裁ったところです。
100303e

市松人形の着物が出来るはずですが、45センチのお人形用です。
お人形は持っていませんが、着物だけでも飾ってみたくなりました。

実物の形を小さくして作ったものを雛形と言います。
雛の節句から始めてみることにします。

編み物は進んでいますがまだ少しかかります。
100303c
来週は寒くなりそうですが、それには間に合いませんね~。
早く作らないと暖かくなってしまいますhappy02

book 参考にした本は
梅の花袋 →「歳時を飾る12カ月のお細工物」
お人形着物→「やさしいお人形さんの着物 (レッスンシリーズ)」
マーガレット→「手編みでおでかけ―この冬編みたいウェア&小物」

今日のGoogleロゴ(こちら)は可愛いお雛様です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

弥生の始めは

午後から雨になるとの予報でしたが、ピッタリ的中でした。
雨で始まった三月弥生、年度末ですね。

公園の(リュウキュウ)ヒカン桜は、いまがちょうど見頃です。
100301a

曇り空を見上げながら、シメはお食事中。
100301e

つぐみもお天気が気になるようです。
100301d

先日から顔を見せてくれるカワセミが少し明るい場所に。
100301c

雨の予報に、早めの食餌で何度もジャンプしていました。
100301b
飛び込みの写真は、なかなか撮れませんね。

散歩の顔見知りの方が、ツクシが出ていたと見せてくれました。
100301f
三本みつけて、二本だけ摘んできたそうです。
帰って子供さんに見せる、と言っていました。
春ですね~notes

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »