« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

梅にメジロ 桜にも

季節はずれのぽかぽか陽気が数日続きました。

100225a梅にメジロ、ウメジロを狙ってせっせと出かけました。

今日は少し歩くと汗ばむくらいでした。
午後から曇って、明日からお天気は下り坂。
今日、春一番が吹いたそうです。

早咲きの八重の梅は、満開も過ぎて散り始め。
100225b

八重の梅をバックに白梅メジロ
100225c

公園の白梅でもメジロたちが
100225j 100225i

100225k

メジロばかり撮っていると、ジョビ子さんがpoutannoy
100225e

公園で一番乗りのリュウキュウヒカンザクラも咲き始めました。
100225h

そこで桜にメジロ、サクジロも撮れました。
100225f

100225d

桜にカワラヒワなら、なんていうんだろ・・
100225g

これといった写真を絞れなくて沢山載せてしまいました(^^ゞ
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紫の被布(ミニ)

少し寒さが和らいできましたが、このまま暖かくなるのでしょうか。
寒い日が続くと、外に出たくないのでテシゴトがはかどります。

先日の小さな被布(身巾12㎝ 着丈20cm)を、おそろいで二枚。
100222a
裏地の色を赤とオレンジ色に変え、飾り紐もそれなりに・・

後身頃です。こちらの色のほうが実物に近いです。
100222b

やっぱり襟付けが上手く出来ません。
それと、柄合わせも工夫すればよかったと、後で気付きました。

もうすぐお節句、小さなお雛様たちがお出ましになりました。
100222f
少し窮屈そうですが、去年は出せなかったので今年は勢揃い。
姉様人形やてまりも飾ってみました。

  。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

ホットケーキミックスと熟れすぎのバナナでバナナケーキを焼きました。
100222c
卵2個と砂糖少々サラダオイルにホットケーキミックスとバナナを混ぜ。
三時のおやつに試食して、手抜きにしてはまずまずかなdelicious

寒い日は買い物もサボって、翌朝のパンが無くなっていたのです。
珍しくケーキを焼いたのは、好い事があった訳ではありません(^^ゞ

バナナケーキが焼ける間に、柚子のマーマレードも作りました。

たくさんの貰った柚子、柚子酢を使うたび残った皮を冷凍していました。
柚子を少し足して果汁と刻んだ皮を一緒に、ことこと煮て出来上がり。
100222d
左は、マーマレードを少し別にして柚子味噌にしてみました。
ふろふき大根や、お豆腐の田楽につければ美味しいです。

ピンポーンと春の味イチゴが届きました。
100222e
沢山だな~、と思いながら
おすそわけを持ってでるにも寒く、そんなに寒いので誰も来ない。
で、美味しく我が家で全部食べてしまいました(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タンチョウの池で

前回のタンチョウの池のつづきです。

のんびりしているタンチョウを見ると、おおらかな気持ちになります。
100219a

タンチョウの池には、居候のコガモたちが大勢います。
100219b
毛づくろいしたりちょこっと動くほかは、ほとんど寝ています。

毛づくろいする♂
100219e ケージが見える丘はツバキが咲いています。
 100219g

ツバキに止まっていたメジロも遠くには行きません。
100219l

秋に高いところで鳴いていたモズも下まで降りてきました。
100219k

ここのジョウビタキも、とても愛嬌が好いです。
100219h
男の子は、丘の上で遊んでくれました。

女の子は、池の側で恥ずかしそうにこっちを見ています。
100219i

100219m白いものを口にしたカラス。
近くに飛んできました。

何かの卵みたいですが。
よく見れば丸いお餅。

どこから失敬してきたの?
産直の売店がありますが、まさか!

こちらに気付いて慌てて逃げました。
あ、ちゃんとお餅は銜えていましたよ。

この日ではありませんが、カワセミもいます。
100219j

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タンチョウ

少し前ですが、久しぶりにタンチョウを見に行ってきました。

飼育場には二羽のタンチョウがのんびり放されていました。
100217d 2/4

昨年生まれたタンチョウの子供ノゾミは検査の結果男の子でした。
数年前までの検査は、注射器で血液を採取していたそうです。
いまは二、三本の羽根を抜いての検査で判るということです。

ノゾミ親子は、ずっとケージの中です。
100217e
左がノゾミ君

右側の成鳥と比べ、ノゾミの白黒模様も少しはっきりしてきました。
100217f

施設のタンチョウのなかでは、ノゾミの父親だけが♂でした。
関係者はノゾミが男の子と判って喜んでいるそうです。

そして、今年もノゾミ君の兄弟誕生を期待しているとか・・

池には、いつかのホシゴイもやってきていました。
100217g
eye目線と足は右端に見えるバケツにむかって・・

あ、足をかけました。
100217i

覗き込んでいますよ~ (chick↓の画像にマウスオンしてみてください。)

ちゃっかりタンチョウの餌を横取りしています。

そんなホシゴイも、ここの主に少しは遠慮しているようです。
100217h
タンチョウが来ると、こそこそ逃げていました。

到着してすぐに、何かいるので一枚だけ写しました。
100217k
保護色でよく判りませんがシギの仲間でしょうか。
とりあえず証拠写真ということで。

ここでもジョウビタキに遊んでもらい、池にはカモもいました。
その写真は次にまわすことにします。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipカテゴリーにタンチョウを追加しました→こちら

book マイフォトにタンチョウのアルバムもあります→こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

編み物そして縫い物も

とても暖かい日が続いていましたが、今日は朝から雨。
今週はぐずついたお天気で、また寒くなるそうです。

こんな時は、おうちでテシゴトに限ります。
先日の編み物(こちら)、遅々としてですが進んでおります。

100210c

半分位まで出来ました。

左右対称に同じように編みます。

手を通して羽織るボレロになります。

本では平らに編んで綴じる編み方。
綴じるのは、めんどうで苦手です。
で、最初から輪にして編みました。

(前の画像より暗めの色ですが、こちらが実物に近いです。)

recycle編み物をしていると縫い物が気掛かりです。
そして縫い物をしていると、編み物が・・

100210b縫い物は小さな被布(こちら)を復習しようと。

生地を何枚か一緒に裁つと後は縫うだけだと。
なるほど~と、昨年末に二枚分裁ったまま。

生地はいつものパンドラの箱から(^^ゞ
古い生地で薄くなって破れもあります。
大きな柄ですが二枚とも同じ表地です。
裏地は赤と薄いオレンジ色の色違いで。

編み物より前に仕上げるべきだったとrecycleに戻ります(^^ゞ

だから小さな縫い物は、間違えぬよう余裕のある昼間に。
目数の増減がなくなった編み物は、気楽な夜に少しづつ編むことに。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

サザンカの花が終わりに近づいて、沢山の花びらを散らしています。
100210d
サザンカは花びらを散らしますが、ツバキは花のまま散ります。

↓のような光景も見られなくなりますね。

おもそうに花粉をつけて運ぶミツバチ
100210a

メジロも蜜を吸いにやってきました
100210e100210f

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (10) | トラックバック (0)

池にかかる虹

昨日は暖かく穏やかなお散歩日和で、いつもの公園へshoe

キセキレが、のんびり散歩を楽しんでいました。
100208i

ところが、セグロセキレイが池に落ちそうになって
100208n

カラスは飛び上がり・・
100208j

ゆったり浮かんでいた、カイツブリも慌てて とび・・ とび・・
100208l

 とび・・  だ せ ま せ ん が・・

何ごとかと見てみると、池の端のほうに虹がかかっています。
100208k

虹の正体は、消防団の人たちが訓練していたのです。

↓の画像をクリックしてみてください、虹が見えるかも~shine
100208h

そんな騒ぎの中でも、ムクドリたちはセンダンの木で花より団子です。
100208o

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ジョウビタキ

立春が過ぎ暦の上では春なのに、寒波襲来でとても寒くなりました。

外は晴れていても冷たく強い風、今朝は風花が舞っていました。
こんな日は、お散歩は休んでゆっくりするのが好いかも。

お馴染みのジョウビタキ、いつも機嫌よく遊んでくれます。
いつものことなので、後回しになった写真から選んだものです。

100206j
いつものおジョウさんは隠れていても、カメラ目線です。

100206m 100206l
もう行ってしまうのと呼びかけて、甘えたしぐさ。

こちらは少し離れた場所の別のおジョウさん。
100206k

この娘のお気に入りは池の畔です。
100206f 100206h

どこにいても、目線はこちらです。
100206g

目の周りに特徴がありますが・・・
100206e

こちらも行こうとすると、ちょこちょこっと動いて遊んでくれます。

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

chick↓の画像にマウスオンしてみてください。

寒いのでふくらんでいますが、洋梨メタボ体型のようですね(笑)

ジョウビタキの男子はシャイなので、なかなかモデルにはなりません。
100206n

まして、ツーショットは難しいです。
100206o

沢山の写真にお付き合いありがとうございました。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clip左サイドバーマイフォトにジョウビタキのアルバム(こちら)があります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

立春大吉

昨日は節分、巻き寿司のかぶりつきや豆まきをされましたか。

大手のおすし屋さんで働く知り合いに聞きました。
具を芯にしたお寿司が機械から出てきたものに海苔を巻くとか。
どおりで、上手くちゃんと真ん中に具が入っていますねcoldsweats01

今日は暦の上では春になるという立春です。

聞きかじりですが
「立春大吉」とは、一年間災難にあわないおまじない。
100203立春の日の朝、墨で半紙に「立春大吉」と書いて玄関に張ります。

文字を書くにも、いろいろ決め事があるようですがここでは省略。
興味のある方は、調べてみると面白いかも。

縦書きにした「立春大吉」の文字は左右対称です。
半紙に黒々と書くと、裏側から読んでも同じに読めます。

節分の日に豆で追い払われた鬼が朝になって家に戻っったとき
「立春大吉」の札を貼った門を入り、ふと振り返ってその札を見ます。
同じように読める札を見て、入ったはずなのにまだ入ってなかったと
勘違いし、また門から出て行ってしまうそうです。

100203a

まるで私のような、おっちょっこちょいの鬼。

そんな鬼は、どこに行ったかというと。

とある神社の参道にある土産物屋。

真面目にアルバイトをする姿があったとさ。

見かけたら、励ましてあげてねsmile

少しシャイで恥ずかしがりやです(笑)

  .。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

公園の池では、昨年の暮れからカイツブリが数羽見られます。
100203c
池の中ほどに一族で、ぷかぷか浮かんでいます。

100203d暖かい日には、のんびりして見えます。
寒くても、よく見ると丸くてふわふわです。
少し強い風が吹くと、全員で流されています。

雛が出来ると背中に乗せて泳ぐそうです。
この池が気に入ったようなので、居着いてくれると嬉しいです。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »