« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ドングリ&小物入れ

秋晴れの日が続いていたのに、週明けからぐずついたお天気です。

少し前の散歩の途中、落ちているたくさんのドングリを見つけました。090929b

ドングリはブナ科の木についた実です。

木の種類によってドングリの形が違います。

まるくてコロンとしているのは、クヌギのドングリだと思っていました。

葉っぱの裏に毛が生えているのがアベマキ、ないのがクヌギだそうです。
090929a

偶然に葉っぱが写っていましたが、これはどちらでしょうか。

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

布ぞうりの参考にした本を眺めていたら、面白そうなものがありました。

私流にアレンジして作ってみた小さなバスケット。

090929c

イマドキの雑貨風に見えませんか。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

本では紙ひもの芯に、ラフィアをくるくる巻いていました。
芯の紙ひもを荷造りロープ、ラフィアを布ぞうりの余りの裂き布に変えて。
だからなのか、イマイチ形がちゃんとしていません(^^ゞ

090929d
ちょっと遊んでみました。

小鳥の巣になら、ちょうど良さそうな感じで~す┐(´-`)┌

book参考にした本は「NHK おしゃれ工房 2007年 08月号」 (タオルで作る布ぞうりが載っています。)

追記:どんぐりを使って遊ぶ時は、中に虫がいることがあるので処理して使いましょう。

  • 水に漬けて浮いたものの中には虫がいるかもしれないので、使わずに捨てましょう。
  • 沈んだものも、念の為しばらく水に漬けておいて乾かして使いましょう。
  • 他にも二日ほど冷凍し、自然解凍して使うやり方もあるようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヒガンバナ開花

シルバーウイークも後半に入り、今日は国民の休日です。
お天気は下り坂ですが、まだ雨にはなりません。

昨日の公園は少年野球やゲートボール、広場はBBQなど賑やかでした。

見上げれば野鳥ではなく、公園のイチョウの木にギンナンが鈴なりです。
090922a

広場から外れた桜並木は、散策の人がいつもより多いくらいでした。
少し前には、並木道の外側の土手は下草刈りをしていたのですが。

090922b
何も無かった場所に、あっという間にヒガンバナが咲き始めました。

名前どおりにお彼岸に咲きだしましたね。

真っ青な空に飛行機雲です。
090922g

トンボも飛んでいますが、上手くピントがあいません。
090922d

引き返すときは当たり前ですが、反対側からの眺めになります。
090922c
毎朝散歩するという方が、朝方はまだ蕾が多かったのにとビックリしていました。

ちょっとアップで撮ってみました。
090922i

川岸にはハグロトンボがまだたくさんいます。
090922f

近くにはノコンギクも咲き始めました。
090922e

ヒガンバナにも小さくキラキラを背景にしてみました。
090922h

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三兄弟

朝夕肌寒く感じる頃ですが、まだ子育て中の野鳥を見つけました。

散歩の途中、上のほうからピィピィと可愛い声が聞こえてきます。
見上げると、木の枝に見慣れないけれどなつかしい塊。

0909021c 9/13

ああ、少し大きいけれどおしくらまんじゅう。
と言うか、まるで団子3兄弟。

葉が邪魔をしてよく見えないので、上を向いたまま少しづつ移動して・・

0909021b

やっとちゃんと見える場所は雛たちの真下でした。

雛だけど少し大きい、ヒヨドリです。
7月にもヒヨドリの雛を見ました(こちら)。
今度の子たちは前に見た雛よりも、まだ孵って間がないようです。

親鳥が餌を食べさせに戻りました。

まるで親鳥を頭から飲み込んでしまいそうな勢い(笑)

0909021a

やんちゃそうな雛も一羽になると、心細げですね。
0909021d

ずーっと上を向いていたので、帰る頃は頭がクラクラしていました(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

篭脱け鳥

秋の陽に輝いている猫じゃらし(エノコログサ)です。

0909017a

散歩の途中で、黄色い鳥が目に入りました。
0909017e

珍しい鳥かと、よく見ると以前飼ったことのあるセキセイインコです。
その辺りの草の実を食べている様子です。

思いつきの呼び名で「ピーちゃん」と呼んでみましたが無視されて。

枝に止まりましたが、逃げもしないけれど近づいても来ません。
0909017b
こちらから近づくと、一定の距離で逃げていきます。

これは篭脱け鳥ですね。
公園では初めて見ますが、外の暮らしはいつからなのでしょうか。

飼い主が可愛がっていたとしたら探してることでしょう。
それとも飼えなくなって籠から放す人もあるとも聞きました。

どちらにしても、籠から出て自由に一人前に生きているみたいです。

こちらもある意味、篭脱け!
0909017c
羽根が生え揃ってないし、こちらを見ている目がたよりないsweat01

くちばしに黄色が残っているのでまだ幼鳥のスズメです。
もう少したてば立派な一人前のスズメになれるんでしょうね。

この日はコミスジチョウホシミスジにも出会いました。
0909017d
こちらはヒラヒラ自由に飛んでいました。

追記:お友達にホシミスジでは?と、以下のように教えて頂きましたので訂正しました。

前翅の模様のうち
  翅の付け根から伸びる長めの白い紋が
    コミスジでは2つに分かれていますが、
    ホシミスジでは5つに分かれています。
掲載の写真では 前翅の裏から白い紋が5つに分かれているように見えますので、
この蝶は ホシミスジかも~♪

↑のように教えて頂いた、翅の付け目からの白い紋が判り易い
翅を広げた写真があったので追加します。
0909017f

やはり細かい違いでの区別は苦手で~す(^^ゞ
これからも間違っていたら、皆さんよろしくお願いしま~す。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ちゃんちゃんこ

今日は朝のうち雨で、降り止んでも気温が上がりません。
暑い日が続いていたのに、気がつくと肌寒いということに・・

9月15日、以前は敬老の日でした。
2003年から敬老の日はハッピーマンデー9月第3月曜日になりました。

布ぞうりがひと段落し、図書館の本をパラパラめくって・・・

090915aゴソゴソ布切れを探し・・

出来上がりました。
端切れで作ったちゃんちゃんこ。

これから肌寒い時にちょっと羽織るのに重宝しそうです。

だけど、着られません。

肩上げがあって、子供用?(^-^;

いいえ、そうではありません。

↓写真の手縫い糸と比べてみてください。
090915b

とても小さくて丈が13センチです。

布を少ししか使わないので、布の在庫整理にもなりませんが。

飾って可愛いので、敬老の日のプレゼントくらいにはなるかも。

参考の本では綿入れでしたが、綿は面倒そうなので入れていません。
あまり時間がかからずに楽しく作れます。

memo参考にした本は「はじめての布あそび―和布で作るかわいい小物がいっぱい!」です。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜

一昨日、散歩の途中で見上げた空。 お月様が居残りしていました。
090915c 9/13 10:00

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋めいて

今日は久しぶりに朝から雨降りで、しっとりとした気分です。
これからは、一雨ごとに秋めいてくることでしょう。

090912a
蓮池の周りもススキの穂が出て、秋の風情になりました。

バンの雛の鳴き声も聞こえ、ハスの根元にちっちゃな姿も見えました。

この後、久しぶりにタンチョウの様子を見に。

産直売り場の通路には、大きなカボチャがゴロゴロしています。
090912f

少し気の早いイロハモミジ、一本だけ紅葉が始まっていました。
090912b
よく見ると葉先が枯れています。
今年の紅葉は期待薄でしょうか。

タンチョウの親子は、ずっとケージに入れられているそうです。
090912g
ほかのタンチョウが放鳥されているそうですが、この日は出ていません。

それでも池には、サギやホシゴイ、カワセミも来ていました。
090912d

090912c

タンチョウ目当てだけでなく、他の野鳥も楽しめます。
そう思っているからか、コブシの実が鳥のように見えます(*´v゚*)ゞ
090912e

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipカテゴリーにタンチョウを追加しました→こちら

book マイフォトにアルバムもあります→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の秋は

少しづつ涼しくなって散歩がちょっと楽になった気がします。

桜並木で久しぶりに賑やかなカラ類の混群に出会いました。
秋の気配と共に野鳥たちとも再会できて嬉しくなったのですが。

090905a

それなのに、いつもの公園に行く足が鈍っています。
090905c

と言うのも、木の葉の虫食いのあとを見てください。
090905b

今年は桜並木に毛虫がとても多いのです。
桜の葉の紅葉を期待どころではないですね。

お友達と話をしてると「キャーッ!」と、わたしの服を指差します。
私も「ギャーッ!」   ケ、ケムシが付いてるshock

お散歩仲間には車の窓を開けていたら、毛虫が座席に座ってたとか(^^ゞ

たくさんのスズメ達も、落ちた毛虫を拾ってるの?と疑心暗鬼に。
090905e

シジュウカラに退治して貰っても、公園への足はすくんでしまいます。
danger虫嫌いな人は画像をクリックしないでね。
090905d

普通ではないのはケムシの発生だけではありません。

池ではまだまだ藻が増え続け、サギも足をとられて困るほどです。
090905f

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (14) | トラックバック (0)

布ぞうり クリアランス

昨日から9月、急に高くなったような空には雲一つありませんでした。
高い空につられ、公園の横を流れる川の土手に上がってみました。
090902d
眺めはよいけれど ここは車の道、川原に降りる道が判りません。
危ないのですぐに公園に戻りました。

向こう岸ではサギが餌を探しています、カワウやシギなども居るはず。

  japanesetea*:;;;;;;:*japanesetea*:;;;;;:*japanesetea*:;;;;;:*japanesetea

涼しくなってきたので、素足に布ぞうりの心地好さもそろそろ終わり。
少しすれば、暖かいソックスが恋しくなってきますね。

090902c 先日は、たくさんの布ぞうりができました。

その後も裂いた布が少しづつ残っていました。

これらをスッキリ使い切りました。
090902b

布が少しづつなので配色は適当です。
090902a
これで、布ぞうりは今期最終といたしました。

さあ、次はナニに取り掛かろうかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »