« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

紫陽花で梅雨らしく

予報では先週末から今週のかけてrainマークでした。

土曜、日曜日と雨にはならず、蒸し暑いことでした。

せめてブログの中で雨を降らせようと、昨日PCに向かって作りました。
Newimage2

画像加工ですが、雨が降っているように見えるでしょうか?
呼び水となったのか、今朝から梅雨空rainとなっています。

明け方少し雨が降った日、紫陽花の咲く神社で撮った写真を加工しました。

シンプルな紫陽花ばかりですが、前回より微妙に色合いが変わったよう。
090629j
最初に見たときより、全体に少し花の色が濃くなっていました。

その中で、一本だけ気になったお花です。
090629d
同じ木に咲いているのに、お花の色が七変化しています。
090629e
090629g

少しですがガクアジサイもあります。
090629c

090629a

090629b

花に見えるところはガクで、実はその中がお花だそうです。
090629k

とても小さなカタツムリがモデルになってくれました。
090629h

敷地にはこんな場所もあります。
090629i
小さな水車ですが、ちゃんと回っています。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

追記:

clip zuccaさんのブログ6/26「紫陽花 いろいろ」にたくさんの紫陽花があったのでTBさせていただきました。

clip 雨降りアニメは

Photoshop Elements 6.0で作る雨降りアニメ↓
http://allabout.co.jp/internet/cg/closeup/CU20080627A/

を参考に作った方のブログを参考に作りました。
私のソフトはPhotoshop Elements 6.0でも、そのブログのでもなかったので少し苦労しました。
「雨降りアニメ」で検索するといろいろ出てきますよ~♪
興味のある方は暇があったらお試しください。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

梅雨の晴れ間に

夜のうちに雨がひどく降った雨上がりの6月23日午前。

図書館に行ったついでに、少し散策をしました。

090627a
090627b川沿いの柳は少しうっとうしくなってきました。

お馴染みの喫茶店のツタも青々としています。

散策の目的は睡蓮の花です。

モネの睡蓮の絵を収蔵の大原美術館ですが

工芸館の横に「モネの睡蓮の池」があります。
090627c

ジヴェルニーにあるモネの旧アトリエで実際にモネが描いた睡蓮を株分けしたもの。
090627d

黄色とピンクの花が、10月下旬頃まで楽しめます。
090627e

メダカもたくさん泳いでいました。
090627f
好いところにきてくれないので、ちょこっと技を使いました(^^ゞ

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

以前のモネの睡蓮の記事は
2006.5.25「モネの睡蓮」→こちら
2006.7.23「モネの睡蓮その後」→こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒバリを初見♪

週があけて、梅雨らしいお天気となりました。

鶴の雛を見に行った日、五重の塔の近くの畦にヒバリが一羽。
一生懸命餌を探していました。
090622c 6/17
ソーッと近づいて何とか写真が撮れました。

ヒバリは高い空で鳴いているのを見た(聞いた)ことがあるだけでした。

マウスオンして見てくださいね。

こんなところでヒバリを見つけるとは、今回が初見初撮りです。

土の色によく似ていますから、今までも気付かなかったのでしょうか。
これからは、気をつけて探しあてることが出来るかもしれません。

ブログのお友達zuccaさんも偶然同じ頃にヒバリを見つけたそうです。
zuccaさんの備忘録2009.06.19「♪ヒバリ 初見」にTBさせていただきました。

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

そして、一昨日(6/20)バンの池に様子を見に行ったところ。

なんと道路を走っているのはカラスではありません。
090622d
もう一羽も、田んぼにいました。
090622e
池のすぐそばなのですが、こんなところに居たとは。

私に気付くと猛ダッシュして池へdashsweat01
090622f

慌てて田んぼから池に走るようすをスライドショー(60秒)にしました。
時間があれば見ていってください。

こんなところ、といえば。
090622gこんなところで飼育されている丹頂鶴の雛ですが。

バンの池から巡るコースになりました。

暑い日は池の中にある島の木陰で休んでいることもあるようです。

もう、随分大きくなっています。

足の大きさが、親と同じくらいに見えます。

090622h

090622i

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipカテゴリーにタンチョウを追加しました→こちら

book マイフォトにアルバムもあります→こちら

| | コメント (6) | トラックバック (1)

今日の雛は特別♪

梅雨はどこかに行ったのでしょうか?
雨が降らないので、毎日出歩いて落ち着きません。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

バンの居る池から少し走ると観光地になります。
090617a

090617b 春はレンゲ畑でしたが、今はヒマワリが咲いています。

ヒマワリも綺麗ですが先を急ぎます。

目的は少し走ったところ。

090617c
ちょっと見は、北海道sign02
特別天然記念物タンチョウの保護と繁殖を目的とした施設(こちら)です。

090617e 6/16
こちらで雛が誕生したと、TVのニュースで知りました。

090617g家から近いのに、行ったのは初めて。

雛が孵ったのは6/2。

ケージから池のあるところへ放されたそうです。

雛はすぐに草陰に隠れてしまいます。

少し移動してくれるのを待ってみました。
が、思い通りにはなりません。

居合わせた方が、朝早ければ見やすいところに出てくると教えてくれました。

それはちょっと無理。

もっと早くだったら、ふわふわで可愛い姿だったかな?
090617f 6/17
でも、まだまだ可愛いです。

上の方にはケージがあって、他のタンチョウが入っています。
090617h
この施設には6羽居るそうですが、このペアの他は♀だそうです。

あ、飛んだ!
090617k
飛んだように見えたけど、駆け下りたのかな~~(゚ー゚;

羽根を飛べないようにしているそうです。
卵を抱いているあいだに羽根が伸びたのかもと聞きました。

こんな風に自然の環境の中で見られて贅沢だね~と話しました。
他の保護施設は、このような感じではないそうです。

何度も写真を撮りに来るという方と、いろいろお話しました。

090617i

090617j見るときは続くものでヌートリアもいましたよ。

この固体はまだ子供のようです。

ここは鳥獣保護地域(当たり前)

餌(鶴の)も豊富で外敵も無い楽園。

前日は一頭だったのが三頭に増えたそうです。

居心地がよいと仲間に教えたのかも。

サギもいますが、この子は仲間には教えてやらないので、ずっと一羽だけだそうです。

その話、本当みたいだけど誰が聞いたのかなぁ?

まだ雛が可愛い間にまた見に行かなくちゃ!run

なんだか忙しいな~sweat01dash

clipカテゴリーにタンチョウを追加しました→こちら

book マイフォトにアルバムもあります→こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オオバン コバン

大判小判がザクザクなら好いのですが、ちょっと違います。
バンの幼鳥が気になって、ようすを見に行きました。

蓮の葉がどんどん大きくなって見つけにくいです。
090616c
幼鳥は何羽か居ますが、一度には出てきません。
先日、始めに見て次に見た時に急に大きくなって見えた筈です。
雛は一羽のようだったので遠近差のせいと思っていました。

090616b
よく見ると、蓮の葉を利用して休んでいるようです。
090616a

ガマの茂みに踏み固めたような場所がありました。
あたりの水が動いて、上にあがってきたものは。

マウスオンして見てくださいね。

ヌートリアです。 私と目が合って固まっていました。
この後、慌てて水に飛び込んでしまいました。

あちこちにいるとは聞いていましたが、見つけたのは初めてです。

昨日(6/16)はバンに追っかけられていました。
090616d
バンより大きいのに逃げるヌートリアです(笑)
090616e
一生懸命の顔がかわいそうだけどユーモラス。
090616f
この後、ガマの茂みから潜ってしまいました。

池には、もうトンボも飛んでいました。
090616g

他所ではチョウトンボの羽化が始まったそうです。
ここでも、もうすぐ見られるかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

紫陽花を見に

予報どおり、梅雨に入ったばかりの中休みです。
気温は29度にもなりましたが、湿度は低く風があれば爽やかでした。

夕方、雷大雨洪水注意報でしたがザ-ッと夕立が少しあっただけです。

紫陽花を見に行ってきました。
090615f春に梅の花を見て、ルリビタキやアオジと出合った神社です。

clip↓春の梅の記事です。
2009.2.8
 “メジロとルリビタキ”(こちら)
2009.3.12
 “梅園でアオジを見ました”(こちら)

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

裏山一帯に紫陽花が咲いていました。

春に登りましたが若葉もなかったのに、圧倒される程の紫陽花の花です。

綺麗だと聞いていましたが、これほどたくさんだとは。

写真で少しでも雰囲気が伝わるでしょうか。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

090615b
途中で見上げる石段沿いにも・・

090615c
一休みしても・・

090615e
見下ろしても・・

090615d
背の高い紫陽花に挟まれ。

090615g
ガクアジサイも綺麗。

090615h
ピンク色は少ないかな。

090615i
それでもこのあたりはピンクが。

090615j

たくさん撮ったけれどきりがありません。

紫陽花の花は七変化とか、少したってまた行ってみたいと思います。

梅園にもいってみましたが、やはり誰もいません。
梅の実が付いていましたが、あまりたくさんありません。

こんな看板がありました。
090615a
たくさんの梅の木には、実がほとんど付いてませんでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

梅雨入りに梅そしてテシゴトも

雨が降らないのに昨日(6/10)梅雨入りしたもようとの発表でした。

それでも今朝から雨が降り出してタイミングは好いようです。
予報では、明日から雨はやんで梅雨の中休みになりそうだとか。
梅雨入りしたばかりなのに、中休みというのだそうです。

090610cきちんと決めなくても好いことのようですが、
予報はいろんな人相手なので困るのでしょう。

梅の実がなる頃だから梅雨。
たくさんの梅の実を頂きました。

家には何年も前に漬たものや、貰った梅干がまだたくさんあります。
昔ながらの塩辛く酸っぱい梅干は、人気がなくて消費できません。

梅酒にするしかないかと、梅酒用のブランデーと氷砂糖を用意しました。
保存瓶は一つ、増やしたくないので1.8リットル漬けました。

090610b 少し残った梅をどうしよう。
醤油漬けと味噌漬けというのを見つけました。
どちらも洗った梅を漬けておくだけ。
手抜きの好きな私向け。

少し馴染ませて使うそうなので、お味はまだ試せません。

味噌漬けは少しお砂糖を入れています。
梅の実から水分が出てお味噌が少しゆるくなりました。
お醤油にお味噌、そのままでも使えるものに梅の風味がでる。
梅の実も食べられる。

どんな味になるのでしょうか・・・

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

雨降りではお散歩も出来なくなります。
090610a 落ち着いてテシゴトを始めるかな。

骨董市で買った着物をほどきました。
洗濯してアイロンもかけました。

一枚の布に戻ってさっぱりしました。
さて、ナニ作ろう。

あ、ゆびぬきもやってま~す。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

セグロセキレイの巣立ち

セグロセキレイの子育て4回目ですが、これで最終となります。
昨日(6/6)で5月26日に雛の姿を確認して12日目です。

今回は動画を3つも載せています、少し長いものもあります。
お時間のない方はどうぞスルーしていってください。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

昨日(6/6)朝日の当たるうちに写真を撮って、動画の編集をしていました。
090607a
もう羽ばたきの練習をしているので、巣立ちも近い感じでした。

家の者が「チビが下にいるよ~!」と言っています。
090607b
いつの間にか一羽巣立ちしてしまったようです。

予感はありましたが、こんなに早い巣立ちとは・・

お昼前から2時間くらいウロウロしていたようです。
その間、親鳥は遠く近く見守っていました。

その2時間くらい後には、屋根の上を二羽の雛が歩いています。
親鳥はオロオロと追っかけまわしていました。

親鳥が出入りしていた屋根の間から上に上がったのでしょうか。

夕方(6時45分)には、一羽飛び立とうとしています。
090607d

奥にいた最後の一羽はどうしても飛び立てず、この夜は巣に残りました。
気にかかって今朝(6/7)5時頃巣を見ると眠っているようでした。
少したって覗くと、もう巣は空っぽになっていました。

きっと親鳥が迎えに来て、ほかの幼鳥と一緒に遊んでいることでしょう。

少しの間でしたが、巣作りから巣立ちまでお付き合いくださってありがとうございました。

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

セグロセキレイの子育て 3

セグロセキレイの子育ても3回目になります。
昨日(6/5)で5月26日に雛の姿を確認して11日目です。

お天気がよくないと、ぼんやりした写真しか撮れません。
そう思っているうちに、雛たちは随分大きくなりました。

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

それでも親がやってくると、大きな口をあけて餌をねだっています。
090606a 6/5

親と同じくらいの大きさになって、白黒のツートンカラーも判ります。
090606c 6/5

親鳥は相変わらず、排泄物をちゃんと始末しています。
壁にくっついたのも剥がして持っていっています。
090606b 6/5

親鳥は用心深く、巣に戻るのも一度屋根に止まって遠まわりしたり
出る時は奥のブロックのあいだに入って、屋根から出たりしています。

雛たちは親が戻るまで静かですが、一人前に羽繕いなどしています。

巣立ちするのも、間近なのでしょうか。

続編を近くアップしたいので、コメントは次でまとめて下さいね。

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

|

コウホネの花とバンの親子

梅雨入りが近いのでしょうか、曇り空の日が続いています。

雨になる前にと、去年コウホネの花とバンを見た池に行ってきました。
 clip去年の記事は2008.5.27→(こちら)

20090602_0108 6/2

家から車で10分ほどですが、いつもの公園と反対方向です。
買い物のお店もないので、思い立って出かけなくてはいかれません。

思ったとおり、コウホネが咲いていました。
090604e

バンは見つけられそうに無いナと諦めかけた時、ガマの茂みが動きました。

あ、ちっちゃい雛が・・・ 見えますか?
090604b

うしろから親鳥も付きそって泳いでいます。
090604c

水草を上手に食べています。
090604f

アオサギが飛んできました。
090604d
そして、雛が泳いでいたあたりに身をひそめています。

まさか雛を狙ってるのじゃないでしょうねと、近づくと飛んでいってしまいました。

昨年、この池には蓮の花やチョウトンボを撮りに何度か通いました。

今年も、すぐにそんな季節になりますね。

clip去年の蓮の花の記事
   2008.7.24→(こちら

clip去年のチョウトンボの記事
   2008.7.27→(こちら) 2008.8.3→(こちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

セグロセキレイの子育て 2

セグロセキレイの子育ての続報です。

ぽわぽわの口だけが目立った雛が、少し鳥だと判るようになりました。
090602b

食欲も旺盛で、我先に首を伸ばして餌の催促をします。

たくさん食べると、出るものもたくさんです。

親は餌を運んだあとは、すぐに雛の排泄物を銜えて飛んで行きます。

巣の中に落とさずに、上手にキャッチしてそのまま運び出します。

巣の中は、清潔を保っています。

以下はそんな写真や動画です、気持ち悪いものではありませんが、
お食事中の方や、そんなものダメと思う方はスルーしてくださいね。

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

↓のように雛が孵ったばかりの頃、親が白いものを銜えて出ていました。
090602a 6/1
最初は卵の殻を捨てに行ったのかと思いました。

それもあったかも知れませんが、あまりに度々です。

雛が排泄物を出すのを、親鳥が直接くちばしでキャッチしています。

巣が不潔だと雛が病気になるかもしれません。
巣の中に落とさず、直接銜えて捨てれば巣が汚れることはありません。

親は今日もまだそうして排泄物を捨てに行っています。
雛が自分で外に排泄できるようになるまで続けるのでしょう。

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

初見の野鳥ですが

6月に入り、これから暑い日が続くこともありそうです。
そんな時は、池を泳ぐカモ達をうらやましく思いますね。
090601d 5/11

先日公園で見た初見の鳥さんです。
センダイムシクイのようですが、はっきりしません。
090601a 5/25

木の高いところを飛んでいる姿はウグイスのようでした。
ウグイスは他で鳴いているし鳴き声が違います。
写真を確認しても、よく似たメボソムシクイというのもいるようです。

右サイドバー素敵サイト「ことりのさえずり」さんで鳴き声を聞きました。
それでもよく判りません(^^ゞ

どちらにしても初見の鳥さんが公園にいることが判りました。
なので証拠写真として載せておきます。

追記:zuccaさんの2009.6.1の「センダイムシクイかな?」で

センダイムシクイは
 頭の中央に白い線が走るとの事
 下尾筒も他のムシクイより黄色い

↑のように特徴が載っていました。
それらが写っていそうな写真を捜して2枚追加しました。

頭の中央が見ぇ~~そうで、見えない~(^^ゞ
090601e 6/1

下尾筒、見えてるけれど他のムシクイを見たことがなかった(^^ゞ
090601f 6/1

  。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

証拠写真といえば、4月の終わり頃に一度だけ出会った鳥さんがいます。
090601b
090601c 4/24

こちらも名前の特定は出来ません。
でも、またいつか公園で会えるのを期待しましょう。

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

今日の野鳥は、なんともスッキリしない記事となってしまいました。
どなたか、ご存知の方はどうか教えてくださいね。

追記:zuccaさんの「センダイムシクイかな?」にTBさせていただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »