« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

セグロセキレイの子育て 1

公園のショウブの花が咲き始めました。

090530a 蜜を求めて蜂が飛び回っています。
体に黄色の花粉がついて、うまく同化しています。
mobaqどこにいるか解りますか?

chick公園のスズメの雛は、興味津々でこちらを見ています。
090530b5/28

↓親が運んできたものは、公園の桑の実です。
090530c 5/28
熟したものを選んで運ぶのでしょう、壁の色が紫色になっています。

090530d 桑の実

chick一方、セグロセキレイは親鳥の餌運びが忙しくなってきました。
090530e 28日朝(右)は、二羽が交代で餌を運んでいました。

昨日(29日)は両親共に出掛けて忙しそうでした。
090530f 5/29
夕方遅くまで、餌を運んでいました。

今朝は、4時過ぎから雛の餌を催促する声が聞こえてきました。
090530g 5/30
元気よく大きくあけた雛の口から、雛は5羽いると確認できます。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

雛達は親鳥が帰ってくると、いっせいに口をあけます。
そして親鳥が行ったあとも、いつまでも口をあけている子もいます。

成長の様子は続けてリポートするつもりです。 お楽しみにheart01

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

セグロセキレイの巣 その後

公園では時々遠足の子供達とすれ違います。
そんな時、子供達が「コンニチハ~」と可愛く挨拶してくれます。

090527e 口々の「コンニチハ~」に、返事のタイミングを迷って何度も「こんにちは」と言ってしまいます。

昨日会った子供たちは、声を揃えて「おばちゃん、コンニチハ!」でした。
こちらは「は~い!こんにちは」の一言で済みました。

chick セグロセキレイの巣(こちら)のその後です。

抱卵日数は11~13日位ということでしたので、雛はまだかと待っていました。
いつ卵を産んだのか判りませんが、ずっと親鳥が交代で暖めているようでした。

鳴き声も聞こえてきませんが、一昨日くらいから親鳥の出入りの間隔が短くなってきました。

写真を撮ってみても、遠いし暗くてはっきりしません。
090527c 5/26
それでもよ~く見ると、
黒っぽいぽわぽわしたものが見えてるような気もします。

親鳥が巣に入ったところでは、黄色の嘴のようなものも見えます。
090527a 5/26
きっと餌を与えるところで、雛が口を明けているのでしょう。
090527b 5/26
黄色の嘴は、ぼんやりですが二つ見えるようです。
はっきりした写真が撮れていませんが、とりあえずの報告です。

chick 公園の建物でも、親スズメが忙しそうにしていました。
090527d 5/26
奥から一羽の雛が覗いていますが、まだ居るかも知れませんね。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

コムクドリ&コサメビタキ

エナガやシジュウカラのおチビさんの記事が続きました。
可愛いので、なんども写真をのせてしまいました。

090521a前後しますが、公園での出合いはほかにもありました。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

4月27日と5月1日にはコムクドリに会いました。

写真には初めて撮れました。
夏鳥としてやってきたようですが、ここは通過しただけなのでしょうか。
この後には見ていません。
090521b 4/27

↓は、お馴染みのムクドリですね 。
090521c 5/2

次に出合ったのは、コサメビタキのようです。
090521e 4/27
090521h 4/27
コムクドリと同じ日に見つけました。

090521d 5/18
最近も見ましたから、まだ林にとどまっているようです。
去年の秋に見たエゾビタキ(こちら)とよく似ています。
間違っていたら、どなたか教えてくださいね~。

エナガの群れを撮影している時にしつこく威嚇してきたコゲラ。
090521f 4/29
ほかの日も同じ場所で見かけました。
餌を運んでいたようですので、近くに巣があるのかもしれません。
090521g 5/3

昨日(5/21)見つけた、桜の枝についた徳利をさかさにしたようなもの。

090521iこれはコガタスズメバチの巣だそうです。

冬を越した女王バチは最初の働きバチが羽化するまでの約1ヶ月半位のあいだに、一匹で巣作りと子育てをするそうです。
この時期の巣がこの徳利を逆さにしたような形のものということです。

徳利の棒の部分は羽化した働き蜂がかじり取って、まるい形の巣になるそうです。

mobaqさて、今日の記事の共通点はなんでしょう?

flair答えは、頭にみんな「コ」の付くものでした。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

まだエナガの雛たち

エナガの雛たちが、もう自立したようだと前回載せました。
でも、遅れて誕生のちびっこエナガたちを昨日今日と見ました。

昨日はシジュウカラの雛のいる所にエナガの集団がきました。
090519a 5/18
とても小さな尾の短い雛が二、三羽ちょこんと止まって。
よく見ていると、他にもおちびさんがきてみんなで並びました。
090519b 5/19
昨日はモミジ今日は桜の木で、上手に葉陰に隠れています。

姿を見失わないよう上を見上げ、木の周りを歩く私って変かもcoldsweats01
090519e 5/19
そう思ってみると、上から雛達が覗いてるsign02
090519f 5/19

今日も並んでみせてくれました。
090519d 5/19

同じような写真ですが、可愛いのでまた載せました。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (12) | トラックバック (1)

シジュウカラの雛たち♪

公園のエナガの雛達は、もうそれぞれで餌を探しています。
090516h 5/8

090516i すごく高い所で飛んでいる虫を狙っています→

最近は、シジュウカラやスズメの雛を見かけます。
可愛い姿を見つけるとシャッターをたくさん押しています。
でも、パソコンで確認するとがっかりします。
逆光やピンボケだったり、たまにピントが合っても後姿や枝かぶりです。

それでも、少しでもマシなものを見つけると嬉しいものです。
そんな雛たちの写真を載せてみました。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

餌を求めて親を呼ぶ鳴き声で、雛たちの居場所が分かります。
090516f 5/13

マウスオンしてくださいね。
5/11

枝のアチコチで餌をねだる雛たちに親鳥はせっせと餌運びです。
090516c 5/13

お腹いっぱいになった子は鳴くのをやめるので、少しづつ静かになります。
090516g 5/13

090516d静かになると、親は自分の餌を捕りにいってしまいます。
そして、雛たちは静かに毛づくろいやまどろんでいるみたいです。
そんな場所では、雛がいることも判らず通り過ぎてしまいますね。

可愛い雛の兄弟でも、ちょっとした小競り合いがあるようです。
090516e 5/13

orengeさんのブログのシジュウカラの雛の記事(こちら)にTBさせていただきました。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

エナガの雛その後

お天気続きで外歩きが心地好く、毎日お散歩に出掛けています。
公園はベビーラッシュで、今日はシジュウカラの雛達を見ました。

写真の整理が追いつきませんが、少しづつ紹介していきます。

少し前に戻りますが、エナガの雛その後です。
5月2日、まだみんなで固まってはいますが、すぐにばらけてしまいます。
090513a 5/2

090513b 5/2

個人行動も少しづつ広範囲になってきました。
090513d 5/2

顔つきも大人びてきたような気が・・・
090513e 5/3

090513f 5/3

090513g 5/3

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

少しとぼけたおチビさんもいましたよ~(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
090513c 5/2
そのあわてぶりが、とても面白かったのでスライドショー(42秒)にしました。
↓時間のある方は見てやってください。
エナガの雛の危機
エナガの雛の危機

| | コメント (6) | トラックバック (0)

セグロセキレイの営巣

今日は母の日ですが、愛鳥週間の始まりの日でもあります。

我が家の窓から見えるところに、セグロセキレイが巣作りしました。
セキレイのお母さんも頑張って卵を抱いています。
この後、育児の様子を見せてくれることになるのでしょうか?

一日に何度も、ペアが交代で巣材を運んでいました。
090510c 5/4

090510a 5/4

♀でしょうか、巣材を置いたあと何度も据わり心地を確かめます。
090510b 5/4

090510d その後、卵を産んだようです。

book ちょっと調べてみました。

卵数は4~6個。

抱卵日数は11~13日位。

巣立ちまでは14日位だそうです。

右は今日(5/10)の様子です。
朝日が当たっていますが、頑張って卵を抱いています。

二、三時間おきに飛び立って数分くらい留守にするようです。
♂が交代しているようにも見えません。

逆算すると、あと一週間くらいで雛が見られるかも知れません。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

clipセグロセキレイの巣作りから巣立ちまで一度に見られるようカテゴリーを追加しました。
  セキレイの巣立ちまでのカテゴリー(こちら)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バックのビフォーアフター♪

三月末にお友達と行った骨董市で求めたもの。

黒いシルクの少々擦り切れたビーズのバックと、笹竹の柄の着物です。
090423a
お細工物をしていた時なので、着物の緑色が気に入って求めました。

ビーズのバックは、お友達が手に取って眺めて諦めていました。
よく見ると、持ち主が愛用し大事に使われていたのが偲ばれます。
金具を触る指が当たる所だけが擦り切れて、ビーズも取れています。

なんとかリメイクできそうだし、好いとこ取りして小物にでも使えそう。
090423b
表側は可愛いビーズ模様、擦り切れはないけど少し布が薄くなっています。
口金の指が当たる所にビーズで模様を加え、自然な感じにしました。

問題は擦り切れです。
ビーズをはずすと全部取れてしまいそうです。
なにか布をと、パンドラの箱を探してみましたがしっくりしません。

少しの間そのままでしたが、先日見つけた端切れがぴったりflair
帯の織り見本ですが、小筥を作ったとき(こちら)の残り切れです。

ぎりぎりの寸法で、切り取ったときの糸端もそのまま利用しました。
アクセントにビーズをちょっと付け足してみました。
090424a
notesなんということでしょう!!
あの擦り切れて使えないと思われたバックが、見事に蘇りました。
こんなにもぴったりの布は熟成され、この時を待っていたようです。

素敵にリメイク出来て手放すのがちょっと惜しくなってしまいました(^^ゞ
でも、始めの思い通りにお友達にプレゼントして喜んで貰えました。

ビーズをひとつづつ刺していく作業が楽しかったので・・・
090423d
こんなことを始めてしまいました。
でも、ちゃんとゆびぬきも作っていますよ~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »