« ルリビタキとメジロ | トップページ | ウグイスとシロハラ »

花袋 八重椿

お細工物の椿の花袋、今回のは(手前)八重椿です。
作り方は前と同じですが、花びらの枚数が10枚と多いです。
ボリュームがあってとてもゴージャス。
20090205_0005
今の季節にふさわしく、前に作ったものも置いて椿尽くしに。

椿は木へんに春と書きます。立春も過ぎて、もう春です。
090210a

20090206_0160

お細工物での椿の花袋は今回で一区切りとします。次はconfident

20090206_0172
ソシンロウバイ(素心蝋梅)

手まりもそのままにならないよう、取り掛かるつもりです。
古い布に風を当てたら、お細工物も楽しくなってきました。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

memo参考にした本は「歳時を飾る12カ月のお細工物」です。

|

« ルリビタキとメジロ | トップページ | ウグイスとシロハラ »

コメント

わぁ 八重の椿が ほんとゴージャスshine
赤い椿をグリーンバックに記念写真とは にくいっ♪
緑に良く映えて 更にステキに見えますよ~。

椿の字は木へんに春ね、
では問題 魚へんに春は? 
淡白で けっこう好きな魚です(^^ゞ

シマのママさんは椿や山茶花の写真 上手に撮られますね~、私はテカッテしまってダメです。
ロウバイも満開ですね~、椿の次はロウバイなの~(^^ゞ
手まり 楽しみにしていますね、私はギブアップ気味なんです(^_^;)

投稿: zucca | 2009年2月 9日 (月) 22:24

八重椿、ゴージャスですねぇ~♪
作り出すと、いろいろな色や形で作りたくなりますよねぇ
また、次のお花の季節を楽しみにしています♪
うちの椿はまだ咲きませんが、咲き出すとメジロの御馳走になってしまいます。
山茶花の花は、真っ盛りです。
駅まで行く途中に山茶花の植え込みがあり、メジロの囀りがよく聞こえます♪
↓ルリビタキに会いに、何度もお出かけになったのですネ♪
居るとわかれば、私も何度も通ってしまいそうです♪
ステキなジョビコさんの写真がゲットできましたネ
いいなぁ~

投稿: orenge | 2009年2月10日 (火) 02:22

zuccaさん、お褒めの言葉をありがとう~notes
緑の布は口べり(紐を通す所)に使ったものです。
片付けていなかったので使いましたが効果があってよかったです。

zuccaさんのクイズにこたえま~すhappy01
魚へんに春は、サワラでしょfish
当県は鰆料理を名物に売り出しているのですよ。
↓商工会議所のさわら料理のホームページもありますよ。
http://www.okayama-cci.or.jp/sawara/index.html

>シマのママさんは椿や山茶花の写真 上手に撮られますね~、
>私はテカッテしまってダメです。
写真の好きな方に聞きましたが、
すごく晴れた日より少し曇りの方が反射しなくて好いそうです。
前にzuccaさんに教えてもらった、絞りをアンダー気味にして撮っています。
上手く撮れてるとすれば、たくさんの中のまぐれということもありますよ(^^ゞ

手まり、今日のおしゃれ工房で作り方があったはず(見てないけれど)
夜に再放送があるのではなかったかな~
録画しなくちゃね。
zuccaさん、諦めないでやってみましょう。
いまでなくても私のお細工物のように、ねかせておいたらいつか出来るかもconfident


投稿: シマのママ | 2009年2月10日 (火) 17:05

orengeさん、こんにちは。
花びらが増えた分とても豪華な感じになりました。
お細工物、ちょっとしたマイブームになっています。
布と遊んでいるのが、とても楽しいですnotes
もう少し、ちょこっとしたものを作ってみようと思います。

メジロは、サザンカや椿が好きですね。
蜜が美味しいのでしょうが、椿はポトンと落とされてしまいそうですねcoldsweats02

ルリビタキ、懲りずに通ってみました。
アオルビ君の居る公園は少し遠くて、ゆっくり出来ないから行かれません。
それに比べて、この神社は20分走れば行かれますのでcar
仕事を持っていた頃から思えば、そんなことが出来るようになったのが嘘のようです。
それでも、orengeさんのお庭で鳥見がうらやましい私です(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2009年2月10日 (火) 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/43999081

この記事へのトラックバック一覧です: 花袋 八重椿:

« ルリビタキとメジロ | トップページ | ウグイスとシロハラ »