« 椿の花袋 | トップページ | 立春大吉 »

また椿の花袋

昔布を使ったお細工物の椿の花袋が二つ出来あがりました。

前の椿袋を見て、お友達が椿の模様のゆびぬきを作っていました。
私も以前作ったようなと、探し出して大きさの比較に並べてみました。
写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

searchクリックした画像が、ほぼ実物大です。
090130b
春らしい色の、鹿の子絞りと青海派の小さいゆびぬきも置いてみました。
う~ん、ゆびぬき作りもまだまだ捨て難いです(休んでるだけよん)coldsweats01

ringお友達の椿のゆびぬきはこちら→zuccaさんのブログ

お細工物を作る時は、在庫の布の中から布選びをします。
大きな布を使うにはもったいなくて、小さな端切ればかり使います。
接着芯を貼るので、何とかなるかと思いながら作ります。

ところがsign02
ベージュ色のは、虫食いを上手に避けたつもりが目立つ所にポツン。
葉っぱの布は、もっとひどくて触っている間に擦り切れてしまいます。

せっかく作るのだから、好い布を使えば好いのに小心者ですdespairsweat01

小さな椿の花、花芯のところが袋状になっています。
090130a 
左は花の後ろ側に、右は花の前が入れ口になっています。
右の黄色い紐通しは刺繍糸、紐はリリアンを三つ編みにしたもの。
本当は絹の打ち紐が好いのですが、あるものを使っています。

昔はお琴を弾くときの琴爪等、小物を入れたようです。
ただの袋ではなく、お花の形にしたところが生活を楽しんでいますね。
素敵なアクセサリーなど入れると良さそうですねring

memo参考にした本は「歳時を飾る12カ月のお細工物」 です。

|

« 椿の花袋 | トップページ | 立春大吉 »

コメント

こんばんは~。
今度の花袋もきれいですね~heart04
花びらと花芯がそれぞれお対になっているのですね。
虫食い 全然分かりません~。
葉っぱの布もちょうど良い色で よく合っています♪

小さなものを作るときには 大きな布を切って作るの もったいないですよね・・・なるべく有り合わせでというのは とても合理的で いいと思います(^o^)丿
紐も全部手作りされたのですか?すごーいnote
ゆびぬきと一緒の写真・・・更に可愛さアップでとてもよい感じです♪
ゆびぬきも捨てがたいでしょ。ピンクの鹿の子 可愛いですね。
私は タビックスのリクエストがあって(来年でもいいよといわれたけど)忘れないうちに編んでおこうと思うので、しばらくは編み物に専念しなくちゃ。
記事の紹介とリンクありがとうございました。リンクの事 あまり気を使わないで、 お互いこれからは リンクフリーで行きましょうねfreedial

投稿: zucca | 2009年1月30日 (金) 20:45

zuccaさん、ちくちくが楽しくなってしまいましたよ~heart01
ゆびぬきも、zuccaさんの椿を見て探し出しました(^^ゞ
あれもこれも、捨てがたいからぼちぼちマイペースでやりましょう。
zuccaさんは編み物に取り掛かるのですね。
リクエストがあると嬉しくて、すぐにやってあげようとなりますよね。

>花びらと花芯がそれぞれお対になっているのですね。
どれも端切れなのですが、他の布はまだ何かに使うかもと思いきって布を使えません(~_~;)
他に使うかもって、私のなかでやるかやらないかなのにね・・
葉っぱの布は気に入っているのですが、ホントにボロボロなのよcoldsweats02
あとで作りかえなければと思っています。
紐は、なぜかたくさんあるリリアンを消費のために使いました。
ただ、紐通しには伸びてしまうリリアンは使えなくて、
これもなぜかたくさんある刺繍糸を使いました。

>お互いこれからは リンクフリーで行きましょうね。
ありがとうございます、記事の内容が似ているとついリンクしたくなっちゃいます(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2009年1月31日 (土) 09:16

こんばんは。
花袋、とっても素敵ですねぇ!note
椿の小袋、季節の花がこんなに素敵な和のものに
なって、なんて素敵なのでしょう。
虫食いなんて、わからないですよぉ!
和の布は、大きいものでもなんとなく
カットするのがもったいなく、ついこまごました布からという気持ち、わかります。
でも、それが良い味を出すのですよね。
和のお細工物は、やっぱり優しい気持ちになれて
良いもの、日本人の心を感じますね♪

投稿: ぴよ | 2009年1月31日 (土) 18:47

ぴよさん、こんばんは。
もの作りの名人のぴよさんに褒めていただけて嬉しいですheart01
この椿の花袋は随分前の雑誌に載っていたのを
いつか作って見たいと思っていました。
お正月のorengeさんのところの素敵な椿のお細工物を見て、
俄然やる気が出たのです(^^ゞ
和のものは小さいのにちゃんと形になっていて
昔の人の心豊かな工夫が偲ばれます。

虫食いの穴、実は見えないところに・・coldsweats01
ぴよさんなら布にhairsalonのときの気持ちを解っていただけますよね。
>でも、それが良い味を出すのですよね。
ああ、そんなものかと安心しました。
もう少し、和のものをやってみようと思いますので、
また好かったら見に来てくださいね。

投稿: シマのママ | 2009年2月 1日 (日) 20:01

わっ!
また、2つもかわいい花袋が出来上がったのですネ
小袋の感じが違っているんですネ
かわいい~♪
そうそう、琴爪袋なんですよねぇ~
聞いたことありました♪
私も、小物を作る時は大きな布は切れませ~ん(^^ゞ
端っことか、小布を利用してですよねぇ
いつか、思いたった時に何かにできるとかも?と、小心者のささやきが聞こえます(^^ゞ
手が慣れてくると、どんどん作れますネ♪
次も楽しみにしていま~すheart04

投稿: orenge | 2009年2月 2日 (月) 02:25

orengeさん、こんばんは。
お陰さまで、まだ楽しく作れていま~す♪
同じ椿の袋でも少し違った形でしょう。
素材を変えると、同じ形でも違う雰囲気になるのも楽しいです。

あら、orengeさんも同じ気持ちなのですか?
端っこや、小さな切れ端を使ってるのですねconfident
きっと他の何かに使う時、広く残して好かったと思えるでしょうね。
>手が慣れてくると、どんどん作れますネ♪
はい、ミシンでなく手縫いで半返しをちくちくなので場所もとらず、ゆびぬきの絹糸もあるしね。
次は、八重の椿にしようと花びらを10枚縫っています。
そして、その後はお・た・の・し・み・に~wink

投稿: シマのママ | 2009年2月 2日 (月) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/43903095

この記事へのトラックバック一覧です: また椿の花袋:

« 椿の花袋 | トップページ | 立春大吉 »