« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ゆびぬき&クイズ

暑さ寒さも彼岸までの言葉通り、暑さは通り越しました。
雨と共に涼しさというよりも、少し肌寒くなっています。

雨で出られないので、やりかけのゆびぬきを完成させました。
涼しくなってゆびぬきを再開とした前回から、もうひと月たってしまいました。
なかなか落ち着いて手仕事が出来ていませんsad

金魚
080929a 上向きと下向きの金魚です。

開き刺しでかがりますが、水色と白の配分が悪くて最後の糸一本が入らなかったcoldsweats02

前に作ったものと同じ配色です。
配色が気に入っていたけれどお嫁入りしたので、もう一度作りました。

三色うろこ
080929b 三色うろこ模様の紺色に、水色の糸を三段おきに入れました。

横向き金魚を作るつもりが最初からかがる向きを間違って、分割が同じ三色うろこに変更。

配色は赤を入れるところを白にしてみました。

矢羽根模様
080929c 矢羽根模様を少しアレンジ。
薄いピンクの矢羽根の角をちょっと落としてみました。

お友達に頂いた優しい色の絹糸を使いました。

  • memo
    * ゆびぬきの記事はカテゴリのゆびぬき(こちら)で見られます。
    * ゆびぬきの写真は左サイドバーのマイフォト(ゆびぬき2006 ゆびぬき2007 ゆびぬき2008)にまとめていますので好かったらご覧ください。
    * 参考にした本は、右サイドバーの「絹糸でかがる加賀のゆびぬき」です。

    ~ shadowshadowshadowshadowshadow

mobaq クイズです。

Kage2

不思議な影ですが。

これは誰の影でしょう?

答えはこちらです。
↑クリックすると別窓で写真が出ます。

貴方の答えは正解でしたか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公園の蝶も

秋分の日が過ぎ、涼しくなって気持ちよく散歩ができます。
それでも今日は曇り空、明日からのお天気は下り坂のようです。

赤いハナミズキの実は、秋の青空によく似合っています。
080925f

土手も赤く染まりました。
080925b

ひらひらとアゲハチョウが飛んできました。
080925a
080925c
随分翅が痛んで、今まで色々なことがあったのでしょう。

ノコンギクにはツバメシジミがとまっています。
080925h
小さなアブが邪魔をしにやってきています。
この後、アブに場所を譲ってしまいました。

呪文を唱えて(笑)、翅を広げてもらいました。
080925i

ハギの花にはキチョウがとまっていました。
080925j

| | コメント (8) | トラックバック (0)

公園の花と

台風13号は四国沖を東よりに進んでいるようです。
当地の雨はあがりましたが、台風が向かう地方の方は心配ですね。

散歩の公園では木々の紅葉が始まっています。
080919g
桜の葉ですが猛暑のせいか、そのまま枯れて散るのも多いです。

お彼岸も近づいたのでヒガンバナもいっせいに咲き始めました。
080919c 080919h
何も無いところからにょきにょき。
そして咲いた花の鮮やかなこと。
左の花にトンボが止まっています。ノシメトンボでしょうか。
080919b
近づいても逃げないで、少しの間モデルになってくれました。

秋の花も咲き始め、それぞれ好みの花に虫たちも一休みでしょうか。
チョウの仲間にも出会いました。

ヤマトシジミの♀でしょうか、翅裏は地味ですね。
080919f

初めて見たキマダラセセリです。
080919e
↓葉っぱに止まっている翅はロケットみたいでカッコ好いです。
080919d

キツネノマゴに止まるヒメウラナミジャノメ
080919a

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ちいさな花みつけた

中秋の名月、当地は薄い雲のあいまに見ることが出来ました。
月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月 と、
今の時期は、十五夜でなくてもお月様が綺麗です。
見上げる秋の夜空が、台風の影響で曇りがちなのは残念ですが。

歯科の定期検診に行く病院は、珍しい鉢植えの花がさりげなく置かれています。
鉢にはちゃんと名札もついていますが、解り難いのです。
080912e 080912d
左はニラの花に似た、名札はアケボノでしたがアケボノソウとは違うようです。
右はキントラノオとありました。
野草のトラノオとは違い、キントラノオ科のアセロラと同じ仲間の低木です。

080912c
↑名札はヒメタムラソウでしたが。
調べてみるとシソ科の植物のヒメタムラソウではなく
キク科のホソバタムラソウ。
園芸店で姫タムラソウと売っているそうです。

↓8/8撮影のタムラソウ(キク科)です、よく似ていますね。
080912f

病院の敷地もすっかり秋の様子で、ハギの花が紅白で咲いていました。
080912a

080912b

| | コメント (6) | トラックバック (0)

残暑には水浴び

朝夕は涼しくなってきましたが、日中はまだ残暑が続いています。

公園の水場は野鳥の水浴びで大盛況です。
鳥さんたちも水が恋しいようですね。
080911b

セキレイがやってきました。
080911f

次はシジュウカラ御一行。
080911e

カワラヒワも参加しました。
080911d

ハトがやって来ても平気です。
080911c

カラスの行水が始まるの?
080911a
それぞれの鳥さん達、入れ替わっては水浴びをしていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

センニンソウ

今までその花に気づかなかっただけですが、今年はセンニンソウの花をたくさん見ることができました。
080907a

そして先日、まさかと思われる光景を目にしました。
散歩途中の土手から見下ろした家の庭です。
080907b

土塀があって近くからの写真は撮れません。
びっしりと咲いたセンニンソウの花、まるで雪景色のようです。
080907d
住む人が無いのか、庭全体センニンソウに乗っ取られたよう。
庭木に絡まって咲いた、その繁殖力はすごいものだと感じました。

080907c
塀のこちらに伸びている柿の実が、少し色づいているのも淋しげです。

↓の記事でセンニンソウの髭(種子)が見られます。
clip2009.10.21 秋祭りとセンニン →(こちら)
clip2009.11.20 センニンソウの綿毛→(こちら)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

残暑です

今日から九月になりました。

すごい雨降りがあって、夏は終わったような涼しい日々でした。
すっかり残暑を忘れてしまうところでした。
過ごし易い日のあとでの残暑は、油断した心身にはちょっと辛いです。

それでも公園では秋の花が咲き始めました。
秋めいたというには、まだ少し早いようですが季節の先取りです。

080901d散歩コースから外れた石段の横です。

ナツズイセン(ヒガンバナ科)

咲き始めは石段の高い所。
下の方は蕾ばかりです。

なにの違いでしょうか。

もうすぐ赤いヒガンバナも咲きますね。

池の水草にはハグロトンボが産卵しているようです。
080901c
そろそろ子孫を残す頃ですか。

センニンソウ (キンポウゲ科)
080901a 去年まであった一本のツルからほんの数輪咲く場所が、今年は刈り取られ、もうお花は見られないと思っていました。

ハグロトンボを撮っていると、池の畔に沢山の花を発見。

足元の危ないところで刈られずに残ったみたいです。

黄葉するはずのイチョウ、葉が枯れた樹があります。
080901e
樹が枯れる前に子孫を残すためでしょうか、ギンナンがびっしり出来ています。

反対側の樹を見上げると。
080901b ヒヨドリの雛でしょうか。

こちらは子孫繁栄のようです。

ピントが合っていませんが、大きな口とビックリしたような目を見てやってください。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »