« 時には茶飲み話 | トップページ | ゆびぬき二種 »

チョウかハチか

苦手な虫の仲間も興味を持ってみると、散歩途中にも出会いがあります。
写真を撮って帰って、名前を調べるのは楽しいけれど一苦労ですbooksearch

めったに見たことのない虫は、種類の特定も出来ません。
今日の虫たちも、そんな思いをして調べました。

公園の咲き終わりに近づいたクサギの花にcameraを向けていると。
チョウのような、ハチのような虫が飛んでいました。
080821d
ribbon オオスカシバ(大透翅) チョウ目スズメガ科
透明な羽をもち花から花へと飛ぶハチのようだが、スズメガの仲間。
幼虫はクチナシの葉を食べる。
食草さえあればどこにでも姿を現わし、東京の都心部では最も普通に見られる蛾。
                 (参考:Yahoo!きっず図鑑)

こちらは蛾のように見えますが、チョウの仲間です。
080821c
ribbon チャバネセセリ チョウ目セセリチョウ科

オミナエシの花には、何やら綺麗な色の虫が飛んでいます。
080821a
ribbon ルリモンハナバチ ハチ目コシブトハナバチ亜科
080821b
少し遠くでしたが、何とか写っていました。
上のチャバネセセリの止まっているヒゴタイの花に毎年集まってくるようです。
この日はオミナエシの方が好かったようです。

写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます

|

« 時には茶飲み話 | トップページ | ゆびぬき二種 »

コメント

こんにちはhappy01
美しい花に 蝶やハチが集まってきてますね~notes
私は花と昆虫とを一緒に撮るのが好きです。
オオスカシバは蛾だったの~、蝶かと思っていました。
セセリチョウは目がクリッとしてて可愛いですよね、
林でも良く見かけますが、似たようなのが多くて名前がなかなか分かりません。
そして・・・ルリモンハナバチ 珍しい色のハナバチですね、初めて見る気がします。
私も蝶や虫をcameraで追いかけて、遊んでもらっていますよsign04run

投稿: zucca | 2008年8月22日 (金) 14:21

zuccaさん、こんばんは。
>私は花と昆虫とを一緒に撮るのが好きです。
私もできればお花を主役に、虫さんは引き立て役にしたいです(^^ゞ

オオスカシバって、私は初めて見たのです。
zuccaさんはご存知だったのですね。
セセリチョウも今まで出来れば目を背けていました(^^ゞ
ルリモンハナバチは綺麗な色のハチです。
瑠璃系は鳥さんや蝶もなかなか撮れないし、
この虫さんにもファンが多いみたいです。
この時期を狙って撮影に行く人が沢山のようですcamera

少し涼しくなっきて、外での遊びに好い気候になりますね。heart01

投稿: シマのママ | 2008年8月22日 (金) 20:36

最初の虫はオオスカシバという名前なのですね。
これはうちの庭にもよく飛んできて蜜を吸っていますよ。
ストローみたいに長い口を花に突き刺している、あの虫ですね。
てっきり蜂の仲間だろうと思っていましたが、蝶とは驚きです。
胴体を見ると、鳥にも欲にている不思議な虫ですね。

投稿: くるみ | 2008年8月22日 (金) 21:17

おはようございます。
最初のオオスカシバ、我が庭にも
ぶんぶん!とやってきます。
が、いろいろなサイズのものが来るので
仲間かな?
最初は蜂!と思って怖がっていたのです~coldsweats01
こうやってカメラにおさまっている虫たちを見ると
ああ、ちゃーんと役割があるのだなと。
そして虫たちが可愛く見えてくるのは
シマのママさんの優しい目を通して・・・だから
なのでしょうね、きっと。

投稿: ぴよ | 2008年8月23日 (土) 06:58

くるみさん、こんにちは。
くるみさんのお庭にもオオスカシバがやって来るのですね。
私は初めて見たので、何者か見当もつきませんでした。
遠くからでカメラを通してなので見ることが出来たのかも?
後から写真で見るとこんな姿だったかとgawk
小さなハチドリとも間違われることがあるようです。
興味を持たなくては、知らないままだったでしょうねthink

投稿: シマのママ | 2008年8月23日 (土) 10:28

ぴよさん、おはようございます。
ぴよさんのお庭にもオオスカシバはやってくるの?
近くだと案外大きくて怖いかもしれませんね。
私は初めて見たもので、知らないことは怖いものなし(^^ゞ
遠かったし、カメラを通してなので見られましたよ。
興味は持ってみたものの、今だに虫が好かないなんちゃってcoldsweats01
だから
>虫たちが可愛く見えてくるのは
>シマのママさんの優しい目を通して・
なんて言って頂けると嬉しくなってしまいます。

投稿: シマのママ | 2008年8月23日 (土) 10:37

おっ、オオスカシバだ。
帰省中、見かけたので、カメラを取りに行って戻ったら、いなくなっていました。結局撮影できませんでした。
そうそう、アメリカ帰りの友人は、この子を見たとき、ハチドリだと思ったそうです。確かに、鳥のようにも見えますね。
セセリチョウは、私も、ずっと蛾だと思っていました。
ルリモンハナバチは見たことありません。蜂にも瑠璃色の子がいるのですね。出会ってみたいです。
虫さん嫌いといいながら、面白い虫たちを良く撮影されていますね。羨ましいですよ。

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月24日 (日) 17:12

オオスカシバ、私も最初ハチかと思っていました。
我が家のクチナシにいっぱい卵を産み付けて、丸坊主にされてしまいました~(-_-;)
幼虫が、見る見る大きくなるのでビックリでした。
セセリも蛾みたいだけど、わりとかわいいですよね♪
庭に、蝶や鳥が来たのを見かけて、慌てて外に出ると、み~んな驚いてどこかにいってしまいます~(^^ゞ
ドタバタ出てる私なんですネ(^^ゞ
今度はソォ~とおしとやかに飛びだそう~♪

投稿: orenge | 2008年8月24日 (日) 18:05

ジュリジュリさん、沢山ありがとうございます。
皆さんオオスカシバをご存知で、私が知らなかっただけなのね(^^ゞ
ホバリングしながら蜜を吸っていましたが、
そんなところがハチドリみたいなのでしょうか?
ハチドリも確かテレビでしか見たことはありませんが。

セセリチョウって、地味だし翅の鱗粉の様子が蛾のようですよね。
ルリモンハナバチはヒゴタイが咲く頃にいつも出現するとかでマニアはこの時を待っているようです。
遠くから撮ったので、帰ってよく見てこんな虫だったのと。
ビギナーズラックですし、虫さんには直接でなく、
カメラを通してなのでなんとか見ることが出来るのです(^^ゞ

今回、調べてみて益々いろんな事がわかりました。

投稿: シマのママ | 2008年8月25日 (月) 15:03

orengeさん、こんにちは。
お庭の木にオオスカシバの卵ですか?
そんな光景を見ると、きっと写真は撮れそうに無いです。

でも、orengeさんの花いっぱいのお庭は鳥や蝶たちの楽園なのでしょうね。
ヒラヒラ蝶が舞って鳥がさえずる中を
慌ててカメラを持ってるorengeさんの様子はどんなのかしらconfident
おしとやかに飛び出すと、待ってくれるかも知れませんね。
でも、そっと近寄っても逃げ足は速いですよね。

投稿: シマのママ | 2008年8月25日 (月) 15:07

ご無沙汰しておりました。
オオスカシバ、この夏ベランダによく飛んできまして、スズメガだなっていうのはわかっていたのですが、実際成虫をみたのは初めてでした。幼虫は私の大嫌いな角のある芋虫なんですよね。なのに、うちの主人のモンタは虫の中で一番かわいいとおもっているのがスズメガの幼虫なんですって。畑で見つけていとおしそうにしているところを見て絶叫したのは言うまでもありません(^^;)

投稿: 江戸もん子 | 2008年8月25日 (月) 21:20

江戸もん子さん、こんばんは。
そちらには、そんなにオオスカシバは居るのですか?
ぶんぶんとやって来られるのは、ちょっとイヤかも知れませんね。
私も幼虫は、間近ではダメですね。
モンタさんが可愛いと思っているものが
もん子さんが嫌いなものとは困りますね。
来年はベビーの方にモンタさんの気持ちが向いてるから大丈夫ですよねぇ。
涼しくなったとはいえ、残暑の折お身体大切に過ごしてして下さいね。

投稿: シマのママ | 2008年8月26日 (火) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/42147590

この記事へのトラックバック一覧です: チョウかハチか:

« 時には茶飲み話 | トップページ | ゆびぬき二種 »