« 冬瓜(トウガン) | トップページ | 蓮池にて »

子供用布ぞうり&準備を

小さい人に作った布ぞうり、サイズが合わなかったので(こちら)、今度こそと作ってみました。
暑くてなかなか取り掛かれなかったけれど、やっと出来上がって送り届けましたpresent

うっかり写真を撮り忘れて送ってしまいましたが、もう一足作りました。
080721g
こちらの行き先も、決まっています。

黒文字さんに教えて頂いた通りに、しっかりバックベルトも付けました。

黒文字さんは記事のコメントで、『小さな草履には、鼻緒にパジャマのゴムをとも生地で作った筒に通して、クシュクシュにしてバックベルトにしてあげています。』と教えてくださいました。

バックベルトの長さの見当がつきません。
片方だけ縫い付けてゴムの調節が出来るようピンで留めたまま、後は足に合わせて縫い付けてもらうことにしました。

そして、去年布ぞうりをプレゼントしたところからは、もうダメになったよ~!と。。

080721c hairsalon それならばと、次のものに取り掛かれるよう、鼻緒を二組準備。
小さいものは、子供用です。
ミシンを出すのも面倒で、手縫いで筒状にして表に返し、さて中身には。

今回の中身はストッキングを通し、その中に荷造りロープ(撚っていない新聞などをまとめる物)の太いのを6本入れてみました。
ストッキングがクッションになって、ゴワゴワしないからグッドですgood

loveletter 今までの布ぞうりの記事が見られます→カテゴリの布ぞうり

    ~ ringringringring

そして準備と言えば、ゆびぬき用の土台の準備も出来ています。
080721b
次の真綿を巻くのも、針を持つのも手が汗ばんでいてはやりづらいです。

準備だけは整いましたが、取り掛かるのは う~ん どうでしょうcoldsweats01


loveletter こちらは今までのゆびぬきの記事です→カテゴリのゆびぬき
loveletter 左サイドバーのマイフォトでは、今までのゆびぬきも見られます。

|

« 冬瓜(トウガン) | トップページ | 蓮池にて »

コメント

おはようございます。
可愛い布ぞうりができましたね、
黒文字さんのクシュクシュのバックベルトは良いアイデアですね。
今度は大きさバッチリで喜んで履いてもらえそうですね。
私もお友達用に作らなくちゃと思っているのですが、
外歩きが忙しくてcoldsweats01 まだ取り掛かっていません。

ゆびぬきの土台も沢山準備できましたね、ざっと数えてみましたが、この数は 私の一年分以上(^^ゞ
まだ夏は始まったばかりですが、涼しい季節が待ち遠しいですね。
私も 秋の準備しておこう~!

投稿: zucca | 2008年7月22日 (火) 09:04

今日は。

可愛い草履が出来ましたね。
しまのママさんの作品は本当に配色が素敵です。

皆さん暇を見ては次のシーズンの準備をなさっているのですね~。
私は本当にせっかちなので、準備をして時を待つということが出来ないので、
つい仕上げたくなって・・・

私も冬瓜だぁ~い好きです。
冬瓜や糸瓜、夕顔なんて畑にゴロゴロ転がっているものだと思っていましたが、
今では私も半分や四分の一の物を買っています。
もっぱら中華スープで頂いています。

投稿: 黒文字 | 2008年7月22日 (火) 13:15

zuccaさん、こんにちは。
前回小さかったよ~、と言われ
じゃあ、また送るね、と言ってから随分でした。
黒文字さんのアイデアのお陰で、喜んでもらえました。
在庫布一掃のため布ぞうり作りと思うのに、
外歩き無しの私も、なかなか取り掛かれませんよ(^^ゞ

ゆびぬきの土台、一年分でしょうか?
こうしていれば、すぐに取り掛かれるはずですが
これまたどうなることやらですね。

zuccaさんの秋の準備は、さて何になるのでしょうか?

投稿: シマのママ | 2008年7月22日 (火) 17:26

黒文字さん、こんにちは。
事後承諾で申し訳ありませんが、
コメントの転用をさせていただきました。
バックベルトのアイデア、お陰さまで「偉いね~」って喜ばれました(^^ゞ

配色を褒めていただいて嬉しいです。
ただ、家の残り布を使っただけなのですが(^^ゞ

黒文字さんって、せっかちなのですか?
でも、すぐの仕上げてしまえれば
途中で放りっぱなしってことにならずに好いですね。
私は、やりかけのものが沢山で・・・coldsweats02

冬瓜と糸瓜、又貰ってしまいました。
ゴロンと二玉転がっています。
中華スープ、美味しそう、このアイデアも頂きますねconfident

投稿: シマのママ | 2008年7月22日 (火) 17:37

こんばんは。
子供用の布ぞうり、なんてかわいい~~♪
小さい子に・・・と、ちゃーんとかかとにベルトも
ついて。
これなら小さい子も安心して履けますね。
そして、ゆび抜きの準備も、すごい量ですねぇ!
これならきっと素敵なゆび抜きがすぐにささっ!と!!!happy01
何事も下準備をしておくと、とても楽ですよね。

投稿: ぴよ | 2008年7月23日 (水) 18:57

ぴよさん、こんばんは。
小さい人用のもの、何でも可愛いですけれど
大人用をそのまま縮小では、少しおかしくて
横幅に比べ長さを大幅に短くしたら、好くなりました。

バックベルトのアイデアを教えてもらって、
子供の頃、下駄を履くのに後ろにゴムをつけてもらったのを思い出しました。
こんなお洒落じゃなくて、ゴムひものままだったなぁ。

>何事も下準備をしておくと、とても楽ですよね。
ぴよさんに言われると、う~ん!納得ですconfident


投稿: シマのママ | 2008年7月23日 (水) 21:03

こんばんわ!まだ、布ぞうりにはまってる私です。鼻緒にストッキング!アイデアいただき!Tシャツ地の鼻緒ははいているうちにどうしても伸びてきて普通の綿の布地に変えました。買ってきたぞうりは鼻緒にワラがはいってはきやすく、いつもシャキットはなおが立ってます。あんな感じになるものないかなぁ。
 私からもアイデアプレゼント。パートナーの古くなったブランドネクタイがとってもリッチな鼻緒になります。アルマーニの擦り切れネクタイなんか最高でしたよ。試行錯誤しながら、来月は2回ぞうり講習会を開きます。いやはや、ナンチャッテ講師なので大変!大変!

投稿: KIKI | 2008年7月23日 (水) 22:45

KIKIさん、こんばんは。
布ぞうり作り楽しいですよねnotes
ブランドネクタイの鼻緒、一つしかない素敵なものが出来そうですね。
鼻緒にTシャツの布を利用されたもの、どうしても伸びてしまいますね。
筒に縫った鼻緒の芯に荷造りロープを入れると、
ストキングや綿を使っても、伸びなくて好いのではないかと思います。

土台は編みこむ時にしっかり編めばよいけれど、
鼻緒はしっかりした物にしていた方がよいように思います。
試行錯誤でだんだん好いものが出来ていきそうですね。

ぞうりの講習会の講師も
会を重ねるごとに板についてくるのではないでしょうか。
頑張って皆さんに布ぞうり作りの楽しさを広めて下さいね。

投稿: シマのママ | 2008年7月24日 (木) 19:40

わっ!かわいい~♪
バックベルトもいいですねぇ
小さい子がいないけど、作りたくなってしまいすねぇ~
いろいろ準備して、次はすぐとりかかれますネ♪
暑いと、集中力・持続力が無くなりますねぇ~
何もやる気が無くて参ってます(^^ゞ

投稿: orenge | 2008年7月27日 (日) 12:15

orengeさん、こちらにもありがとう
小さな布ぞうり、履く人がなくても
可愛いので、ちょっとした飾りになりそうですよnotes
orengeさんちだったら、ハルちゃんのおもちゃになってしまいそうですね。

やる気が出たらすぐ出来るかと、準備だけで始めましたが
ホントに暑くて何も出来ませんね。
orengeさんも涼しくなったら、取り掛かるものが沢山ありそうですね。

このところパソコンの前に座るのも暑いし
パソコンももオーバーヒートしてしまいそうです。

投稿: シマのママ | 2008年7月27日 (日) 19:56

小さな布ぞうり、かわいくて飾っておきたいですね。
バックベルトはグッドアイデアです。
安全にはいてもらえますものね。
布ぞうりにゆびぬきの準備。
すごいですね。涼しくなったら、一気に始めるのですか。
暑いといいながら、やる気パワーは全然衰えないのですね~。羨ましいです。

投稿: ジュリジュリ | 2008年7月28日 (月) 13:49

ジュリジュリさん、こんばんは。
小さな布ぞうり、玄関にちょこっと置いてみるのもかわいいです。
バックベルト、黒文字さんに教えていただきましたが、
実際に小さい人を見ていないと気付かないですよね。

>暑いといいながら、やる気パワーは全然衰えないのですね~。
いえいえ、このところお散歩もさぼってるし、何かやらねばと、
準備をしてみましたが、この暑さではやる気も思考能力もゼロで~す(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2008年7月28日 (月) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/41922179

この記事へのトラックバック一覧です: 子供用布ぞうり&準備を:

« 冬瓜(トウガン) | トップページ | 蓮池にて »