« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ウグイス

公園のお散歩ですが、お花見の人が多くなった時から少し敬遠していました。
昨日買い物帰りに久しぶりで寄ってみた公園は、すっかり若葉に変わっています。

鳥の鳴き声もこの間までとはちょっと違って聞こえます。
姿を探しても葉っぱが茂っていて、うまく見つけられません。

時間が無いので歩くだけのつもりでしたが、ウグイスの鳴き声がearだんだん近づきます。
道沿いのすぐ近くの木で鳴いているようです。
なかなか姿を現してくれないウグイスを初めて見つけました。
上手な「ホーホケキョnote」でウグイスと解りましたが、鳴いてなければ名前が解らなかったでしょう。
080429c
木の中で良く写っていませんが、初見初撮りなのでもう一枚 camera
080429d

080429a そして、少し高い所を見上げるとこんな鳥もいました。
一枚だけ撮れましたがすぐに飛んで行ってしまいました。
book 調べても正体が判りません。

どなたか判れば教えて頂けると嬉しいです。


080429e 少し行かないあいだに公園の花の様子も変わりました。
色合いもすっかり初夏に様変わりです。
藤棚の花は、もう見頃をすぎてしまっています。

ハナミズキも綺麗に咲いています。
花びらに見えるのは苞で、真ん中のシベのようなのが花です。
080429g

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ゆびぬき 元禄

久しぶりに作ったゆびぬきの針目が揃わなくて、作り続けようと思ったのも束の間でした。
何となくまた間が開いて、今度も上手くできなかったthink

参考にした本では元禄という名前の模様です。
Yubinuki1 一つ目はピンクとグレーの二色の糸でかがってみました。


Yubinuki2 次は、上の二色に臙脂(えんじ)色を加えて。
針に残った糸を替えずに色を一つだけ足してみました。


どちらも「開き刺し」というかがり方です。

ゆびぬきは上の辺と下の辺に何等分かした印をつけ、その印の箇所を目印にジグザグに絹糸でかがりながら表面を埋めて行きます。

今度のはジグザグに糸を渡しているのに、四角い模様が現れます。
隣り合った糸を左側と右側に刺して行くことで、それぞれの糸が交差した処に縦の線が現れます。
説明すると判りにくいのですが、本の通りに糸でかがってみると形が現れてくるのがとても楽しいです。

自分でこのような模様を考えることは出来ませんが、参考の本のおかげで糸の色を変えるだけでさまざまな雰囲気のゆびぬきが出来上がります。
参考にした本は、右サイドバーの「絹糸でかがる加賀のゆびぬき」です。

clover 暖かさが増したベランダでは、今年もお馴染みの花が咲きました。

080425c タツナミソウ
年末に買った紅白のミニシクラメンとの寄せ植えで窮屈そうですが、沢山の花をつけました。

080425b セロジネ・クリスタータ
少し思い入れのある花ですが、去年株分けして冬の間も外に出していたので少ししか花が付きませんでした。
それでも、枯れずにすんだので、今年は何とかしなくてはと思っています。

080425a コデマリ
去年と同じようにたくさん咲いてくれました。
小さな花が集まって手毬のように咲くこの花が好きです。


淡い色のラベンダーの花もコデマリの花をバックに咲いています。
080425d

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベランダでは

冬の間ベランダの植物に、気を掛けながら手は掛けてやれませんでした。
けれど春の訪れとともに新芽を出したり、けなげに花が咲き始めました。

もう消滅したかに思えたスノーフレークですが、4/10に花を咲かせてくれました。
080418a以前の記事でも、3月末から4月始めの頃に咲いていました。
鉢植えで、北側の日当たりが悪いベランダに置いているせいで開花が遅れたみたいです。
消滅したのでも、今年の開花が特別遅い訳でもなかったようです ホッ!sweat01


↓ヒトリシズカの花は今年も沢山咲いてくれました。
080418d 4/14撮影
野草園でも見ましたが、野生のものに比べ鉢植えでは少しひ弱な感じです。

↓は公園のヒメオドリコソウですが群生していました。
一人静かに比べて、たくさんの踊り子たちはどんな踊りをしているのでしょうnotes
マウスオンすると、踊り子たちがboutique

     ~ budbudbudbudbud

ホトトギスの鉢にも新しい芽が見えてきました。
080418f 4/10撮影
宿根草の地下茎だけで冬を越すものは、枯れてしまったようでとても不安です。
その分、新しい芽がちょこっと見えたときはとても嬉しいものですbud

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野草園の花

この春はすっきりと晴れた日が少なく、曇り空が多いように思います。
昨日も朝から雨、今日も一日中降っていましたrain

一昨日は、カタクリ等が咲いているという野草園に行ってきましたrvcar
遠くはないけれど、道が分らず一人では行けないところです。

迷って通り過ぎた山頂で、はるか向こうに飛行船が飛んでいました。
080415a
すごく小さくて見えにくいけれど、証拠写真です。

080415i ソメイヨシノは散って花びらの絨毯
八重桜は満開でした。
080415b

初めての場所ですが、管理人もいない知る人ぞ知るという場所です。
あまり周知してないようだし、知られない方が荒らされなくて好いように思いました。
この日も根こそぎ採ってしまった後のような、新しい穴が数箇所ありました。

目的の花は見つけられませんでしたが、少し歩くだけで何種かの野草に出会えました。
お出迎えは満開の山吹の花でした。
080415c

茎から花が一輪しか咲いてないのもあるけれどニリンソウ。
080415d

キンポウゲ科
 ニリンソウ
080415h
イチリンソウやサンリンソウもあるそうですが、茎葉に葉柄がないのが目印になるようです。
暗いけれど右側の写真で判るでしょうか。

ぽつんぽつんと咲いているのはヒトリシズカです。センリョウ科
080415g

ミヤマキケマンの花もまとまって咲いています。
080415e
ケシ科
 キケマン属
  ミヤマキケマン

よく似た花に
キケマンやフウロケマンがあるそうです。


オキナグサも咲いていましたが、すでに翁になりはじめたものが。
080415f
キンポウゲ科  オキナグサ属
右端の花は散りかけていますが、散った後は真っ直ぐ立っているひげのような実になります。
少したつと、ふわふわした綿毛のようになるようです。
この様子を老人に見立て、オキナグサという名がついたようです。

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

うこんの桜&植物園 4/11

少し遠出して、うこんの桜を見に行ってきました。

うこんの桜は右近の桜ではなくて、鬱金(うこん)の桜です。
花びらがウコンの根で染めたような鬱金(うこん)色の緑色がかった淡い黄色をした八重桜です。

080413b 080413h
開花には少し早く、咲いているのはごく僅かでした。

去年は場所を間違えて別の所で見ました。(こちら
今年はちゃんと連れて行ってもらえました。
080413g

土日にはこの花を見ながら野点のお茶会が催されたようで、臨時駐車場も出来ていました。
もう少しお花が咲いていると好かったでしょうが、自然は思い通りになりませんね。

右近(うこん)の桜といえばお雛飾りなどで、京都御所にある「左近の桜」「右近の橘」を真似ての配置のことだそうです。
お内裏様から見た左右なので、こちらからでは左近の桜が向かって右、右近の橘が向かって左のようです。

rvcarその後、前から行きたかった高台の植物園に初めて行きました。

桜を見ながら満開のチューリップの花壇の横を登りました。
080413d
チューリップの中央にある木はベニバナトキワマンサクのようです。

080413e 080413f
桜の花は散り始めていましたが、下にはツツジの花も咲き始めています。
山を下るのは階段でしたが公園全体が桜色に染まっているようでした。

普段座ったきりで歩かない人は、帰ってから足が痛いと言っていました。
私はいつもの散歩よりも、少し歩いたくらいの感じなのですがshoe

下りの階段から見た写真を貼り合わせてみました。
坂道なのですが、全景が解かるでしょうか?
080413a

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだ満開でした 4/9

昨夜から冷たい雨が降り続いていますrain
公園の桜には、この雨が花散らしの雨となるのでしょうか。

ソメイヨシノは散り始めましたが、八重桜も少しだけですが出番を待っていました。
080409a 080409b

散歩の途中で桜のトンネルにお人形を置いて撮影している女性を見かけました。
その様子があまり可愛いのでお声をかけました。
詳しくはお聞きしませんでしたが、お人形を送って頂いた人に送る写真を撮っているそうでした。
お願いして私も一枚、パチリcamera
080409c

前日ニュウナイスズメと出会った場所でまた会えるかと少し様子を見ました。
お花見の場所取りの人が陣取っているすぐ横の大きな桜の木に群れがきました。

cameraを構えても沢山の桜の花が満開で姿が見えません。
風が吹いて枝は揺れるし、子供がバタバタ走ったりするとすぐ飛んで行ってしまいます。
080409d 少し待つとやってきますが、なかなか上手く捉えられませんでした。
何とか見られるのは一枚だけ、正面顔です。

080409f 高い枝で花をついばんでいましたが花の根元をくわえて、ポトンと落としています。
花の蜜を吸うというよりは、これぞ花喰い鳥という感じで花をくわえているのです。
その写真を撮りたいと思いましたが無理でしたbearing
(4/13追記:zuccaさんのブログにスズメが桜のガクを銜えた写真が載っています。)

下を見ると、花がそのまま咲いているように落ちていました。
080409e

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

満開でした 4/8

桜は咲きましたが花曇りの日ばかりで、空が白っぽくて花の色が綺麗に出ません。
昨日(4/8)は少し空が晴れたので出かけましたが、強い風が吹いていました。

080408h
見上げれば飛行機 airplane

強い風で雲が飛ばされたのか青い空です。

飛行機雲が桜の枝から続いています。


080408a こちらは見事な桜のトンネルです。
昔から桜で有名な公園でしたが、少しのあいだ木の勢いがなくなり花数が減っていました。
その後、手入れや植樹して今のようになったそうです。

080408d ところどころに右のような木もあります。
春先の花の前に、幹の腐ったところを出して水苔などを入れていました。
痛々しいですがこれで復活して、又何年か楽しませてもらえそうですcherryblossom


080408g 池には散り始めた花びらが浮いています。
水面に散った花びらが吹き寄せられて流れていく様子を「花筏(はないかだ)」と呼ぶようです。

ちなみに水面に散った花びらが敷きつめられた様子を浮き橋に見立てて「花の浮き橋」と言うそうです。
まだ浮き橋にはなりそうにありません。

途中でエナガに会いました、尻尾が曲がっているように見えます。
たまごを抱いていると尻尾に抱卵癖がつくそうです。
相方さんと交代して、ちょっと食事に出てきたのでしょうか。
080408c

桜の木に止まって花をついばんでいるスズメに camera を。
ん!人相(?)が違います。
080408f

近くにはもう一羽、これも人相(?)が違います。
080408e

ニュウナイスズメのつがいのようです。
花が沢山のうえ風が強くて枝が揺れ、姿が見えにくいし上手くピントも合いません。
ツーショットが撮れたのは↓の一枚だけでした。
080408i

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

桜が満開でした 4/5

公園の散歩は、桜が咲き初めて花見客が増え駐車場も込むので少し敬遠していました。
それでも一昨日はお花見に誘われ、お友達の愛犬も一緒なので近場の公園で済ませようと行ってきました。
080405a

花曇りでしたが土曜日のお昼前でブルーシートがびっしりと敷かれ、お弁当を広げたりバーベキューをする人たちでいつもの公園とは思えないくらい賑わって居ました。

080405gほとんど家から出ることがないワンちゃんは、大勢の人にビックリ。
歩かなくなってしまったので、早々に公園を引き上げました。
その後、お花見弁当どころか近所でランチでした。
それでも今年のお花見は一応済ませた気分です。

今日は朝から雨になりました。
多分、昨日の日曜日も賑わった公園の桜や野鳥もホッとしていることでしょう。
080405e
池の向こう側は歩道の両側に桜の木があって、歩くと桜のトンネルのようです。

桜に目を奪われていますが、モミジにも小さな葉と花が綺麗に色づいていました。
080405d

(写真をクリックすると、少し大きい画像が見られます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »