« 睡蓮とヤマモモ 6/29 | トップページ | ナツツバキとモウセンゴケの花 »

久しぶりの数寄屋袋

数寄屋袋用に接着芯を張って裁断、後は縫うだけの布が2組そのままになっていました。
内袋にする布を選んでいるうちに、布ぞうり作業が始まったから(^^ゞ
片付かないので表が洋服の余り布だから、内袋も木綿でも好いかと適当な布を選んで作り上げました。

Fukuro 出来上がって、何か不自然な感じ。
よく見れば、底のマチを作り忘れています。
写真をクリックして比べてみてください。

何も入れない時はそのままでもおかしくはないのですが、中に物が入ると気になるのでやり直しました。
折角縫ったのを全部ほどくのはもったいなくて、内袋の縫い目を少し切り中身を引っ張り出してちょこっと手直し、後は繕ってハイ出来上がり。

↓こんな感じです。
Fukuro2
河童の川流れ=慣れてることも油断すると失敗すること
オッチョコチョイの私はいつもこんなです。

参考にした本はサイドバーにも載せましたが「茶の袋物ー手作りを楽しむ」と「和布で楽しむプレゼント小物」です。

|

« 睡蓮とヤマモモ 6/29 | トップページ | ナツツバキとモウセンゴケの花 »

コメント

おはようございます。
やさしい色の数奇屋袋ですね。(^o^)丿
マチがあるほうが丸みを帯びて柔らかい感じになりますね~。
ちゃちゃっと修正できちゃうなんてさすがです。
そっか シマのママさんも川に流されたり木から落っこちたりするのね(^^ゞ
私もしょっちゅう失敗。久しぶりのゆびぬきも土台布の先を折り曲げ忘れて付けちゃうし・・・(^_^;)
油断大敵ですね、いつも初心忘るべからず・・・わかっちゃいるけどね。
ところでこの数奇屋袋 後ろにベルト用のループなどつけたら、ウエストポーチにもなりそうですね!

投稿: zucca | 2007年7月 5日 (木) 06:46

zuccaさん、おはようございます。
随分昔の洋服の残り布です。
少しの布から二枚出来ましたが、一枚のは少し虫食いが(^^ゞ
ミシンでなくて手縫いだからほどいて直しも簡単でした。
そう 初心、すぐ忘れちゃうんですよね(^^ゞ
zuccaさんもそうですか、どこか似てますね。

ウエストポーチとはさすがアイデアウーマンの知恵、気づきませんでした(^^♪
数寄屋袋、簡単に出来ますから作ってみませんか?

投稿: シマのママ | 2007年7月 5日 (木) 08:47

とても上品な色と形の袋ですね。
これはリバーシブルにもなるのでしょうか。
ちょっと小物を入れてバックに入れておくのにもよさそうですね。
シマのママさんでもこういうミスをするのですね~。
私なんてしょっちゅうだから・・・ちょっと安心しました~(^_^;)

投稿: くるみ | 2007年7月 5日 (木) 16:06

くるみさん、こんばんは。
縫い目が外に無いのでリバーシブルにも出来ますが、
これはスナップを付けてしまったので、残念ながら駄目ですね。
21×17cmの大きさなので、小物整理にはぴったりですよ(^.^)

私はそそっかしいので、うっかりミスはいつものことなの(^^ゞ
物作りの最初は慎重にテキストを見てやるので上手くいくのですが、慣れると駄目ですね(~_~;)
へ~、くるみさんも同じなのですか?

投稿: シマのママ | 2007年7月 5日 (木) 20:03

おはようございます。
ほんと、上品な色合い、素敵ですね~。
ささっと作ってしまう、シマのママさん、
すごい!
作りなれているもの、作り進んでから、あれ?なんてことたまにありますね。
でもすぐに直してしまうところは、さすが!
この季節に気持ちの良い色合い、いいなぁ♪

投稿: ぴよ | 2007年7月 6日 (金) 07:31

ぴよさん、おはようございます。
写真にしても好い色になってよかったです。
ささっとなんて、ぴよさんに言われると恥ずかしいですよ(^^ゞ
すぐに出来上がるものは何とか誤魔化して作っても、
ぴよさんのようにじっくりと大物には取り掛かることも出来ません(-_-;)
いつか挑戦したいと思っているのですけれどね。

そのままでも使えるのですが、
物が入ると角張ったところが気になってやり直しました。
昔からの袋物、先人の知恵には叶いませんね(^.^)

投稿: シマのママ | 2007年7月 6日 (金) 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/15649572

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの数寄屋袋:

« 睡蓮とヤマモモ 6/29 | トップページ | ナツツバキとモウセンゴケの花 »