« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

風呂敷&布ぞうり

部屋の模様替えをし、物の置き場所が変わって何をするにも手順が慣れません。
私のパソコン周りが落ち着かないので、木綿の風呂敷を吊って間仕切りのようにしてみました。

Furosiki1 ローケツ染めのなかなかモダンな柄です。
何の模様か判るでしょうか?
写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

答えは、フクの郷土玩具が描かれています。
私のふるさとでは、魚のフグのことを幸福の福にかけてフクと言います。

ふく笛・ふく凧・ふくちょうちんです。
どれも地元の人ならおなじみですが、こうしてみるとなかなかユーモラスです。
随分昔のお土産用のもので、今では風呂敷を使う人が少ないのでお土産店にもないことでしょう。

  -*- -*- -*- -*- -*- -*-

鼻緒の作り方で出来た鼻緒を使った布ぞうりです。
Zouri68jpg左右がびみょー。
次は古い浴衣の布を使います。
あと何足出来るかな?

布ぞうりの記事は↓で全部見られます。
  布ぞうりのカテゴリ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

模様替え

部屋の模様替えをしました。
理由は、暑くなったからでも気分転換でもありません。

土曜日の朝、テレビの電源を入れても画面が真っ暗です。
前の晩まで機嫌よく映ってくれていたのに(>_<)
仕方ないから、急遽思い切って買い換えました。
購入の動機が故障なので、何もかも予定外です。

Terebi 新しい物がやってくる前にちょっと掃除のつもりが模様替えに。
この機会にシマちゃんが入るテレビ台の後ろのスキマを封鎖することにしたのが始まりで。

パズルのようにものを置き換えて、やりだしたら大掛かり。
持ち込んだものがあふれんばかりの部屋がスッキリどころか、収まるところが無くなった物がいっぱい。

何とか大きなものは動かし、後は要らないものを捨ててしまえばスッキリするはず。
でも、なかなか捨てられない、片付かない(>_<)
ふつかがかりの大仕事で、普段より腕力を発揮したので今日は筋肉痛です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

布ぞうり 鼻緒

布ぞうり作りがブームのようですが、私も布ぞうり作りが止まりません。

前回プレゼント用の布ぞうりの鼻緒を、今まで作っていた物と違う感じにしてみました。
Zouri5 ちょっと雰囲気が変わって楽しいものになったので、今度もまた同じように作りました。

今までは鼻緒は無地か、柄物でも小さな柄の布でした。
最近見た本には、大きい柄の布が使っていてとても可愛いのです。

Zouri3我が家にも使えそうな布があったと思いだして、早速ゴソゴソと捜してみると有りました。
随分前に知り合いから貰って、使い道が無くお蔵入り?していた布団生地の見本です。
見本なので一枚の大きさが40cm×30㎝と小さいけれど、色違いでいろんな柄があります。

Zouri2 ←こんな風に途中で合わせてみます。
土台が地味だとどんな柄でも似合いますね。


Zouri4出来上がりました。
ちょっと渋かったかしら?
プレゼントする相手が決まっていないので無難に。

でもまだまだたくさんの布、在庫一掃には程遠いですね。

続きを読む "布ぞうり 鼻緒"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

梅雨の晴れ間に 6/16

梅雨入りしたばかりというのに、らしくないお天気が続いています。
梅雨には珍しい晴天が五月晴れとのことなら、まさに五月晴れのお天気になりますね。

雨が降り出す前にといそいそお散歩に出かけるのも3日も続くと、日常と変わりないということでですが。

Hana26_1 買い物の前にちょっと車を止めて公園へ。
花菖蒲が我が世の春(初夏?)と咲いていました。
色々な柄、どれも素敵ですね。

Tori20上の方からはビィー、ビィーとツバメの幼い鳴き声がします。
多分巣立ったばかりの子ツバメが二羽、親ツバメの持ってくる餌をまっていましす。
見ていると、親が餌を運んできますがどちらの子にも平等に食べさせてやっていました。
写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

  -*- -*- -*- -*- -*- -*-

Sima3_2
そして今日もシマちゃんはケージの外に出るとパパの腕に乗ってまったりとしています。
こらこら落ちそうになりながら、その足はなーに(^・^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

あなご飯

ちょっと前のこと(6/10)ですが、お友達が広島のお土産に「あなご飯(めし)」を買ってきてくれました。
用事で広島に出かけるから、買えたらメールを入れると言うことで待機していました。
メールが届きました。
じゃ~ん「晩ご飯のメインは決まりだよ(^.^)」

アサリのお味噌汁とサラダを作って待つこと2時間。
届いたのが、レトロなレッテルの包装紙に包まれたお弁当です。
Bennto
 ☆ 中は写真をクリックしてみてね♪

懐かしいへぎ(経木)の折り箱 にぎっしりのご飯、上にあなごが敷き詰められていました。
へぎの香りがとても懐かしく、昔の駅弁を思い出しました。
このへぎの折り箱は、北海道の間伐材である「しなの木」を使っているそうです。

「あなご飯」は広島県 宮島駅の有名な駅弁で、この間からお友達と青春18キップで在来線に乗って買いに行こうかと話していたところでした。
広島のデパ地下にも売っていたということで、買ってきてもらって美味しく頂くことが出来ました。

追記(6/15):「経木」は「きょうぎ」で、「へぎ」は「片木」の方が正しいようです。
木を薄く剥ぐことを方言で「へぐ」と言うのからへぎとなったのでしょうか?
この辺りの年配の人は、お料理屋さんで残った料理を持ち帰る時に包んでもらうのに、「へぎ」に入れてちょうだいと言っています。
結納などを載せる白木の台のことを「片木(へぎ)」とも呼ぶようです。
(zuccaさんからのコメントでちょっと調べてみました)

   -*- -*- -*- -*- -*- -*-

当地では、きょう梅雨入りしたとみられると気象庁が発表したそうです。
中国地方は平年より八日遅いとのことです。

梅雨入りしたばかりですが、平年の梅雨明けは、近畿で七月十九日ごろ、中国と東海、関東甲信は同二十日ごろだそうです。
梅雨入りが遅れたら、梅雨明けも遅れるのでしょうか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

布ぞうり お揃いに♪

前回作った布ぞうりの布が余ったので、もう一足お揃いに作ってみました。
Nunozouri3_1
ちょっと好い感じに並んでいますね♪
形の不ぞろいは、見なかったことにしてくださいね(^^ゞ

早速、荷造りして義姉宅へ発送しました。
気に入ってもらえると嬉しいのですが。。

図書館で布ぞうりの本をまた見つけて借りてきました。
編んで楽しい!履いて快適!手づくり布ぞうり―古着も再生!足にも地球にもやさしい!」という本です。
去年は参考にしようと思って探しても本が無かったのに、最近はちょっとした布ぞうりブームのようで布ぞうりに関した本が次々と出ています。

この本はぞうりの作り方も載っていますが、さまざまな布や柄の組み合わせで出来た布ぞうりがたくさん載っています。
Nunozouri4_1 少し派手な柄の楽しい布ぞうりの写真がたくさん載っているのを参考にして、私も鼻緒をちょっと派手な布で作ってみたらとても可愛いものが出来上がりました。
残り布で作る布ぞうりなので、自分では綺麗な色の組み合わせはなかなか出来ませんが見ているだけでも楽しい本でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

布ぞうり イマイチです

先日NHKのおしゃれ工房では、タオル地の布ぞうりを作っていましたね。
足に心地良さそうで作ってみたくなりました。

でも、作りかけだった布ぞうりがあります。
他に目を向けたくなる気持ちをグッと抑え完成しました。
Nunozouri1_2娘ちゃんのために、少し大きめのものというリクエストでした。
幅が上手く出せてないのに、大きめにしたのでイマイチですね。
左右の大きさも不ぞろいです。
クリーム色の布は、掛布団の側だったものです。
たくさん有りましたが、残り少なくなりました。


もう一足出来ましたが。
これもイマイチ気に入りません。
Nunozouri2_2義兄が、家で藁ぞうりを履こうかなと言ってると義姉の話でした。
布ぞうりを送るからね、と約束したので早く送りたくて作ったのですが、やはり不ぞろいですね。
鼻緒の位置も微妙にずれています。

注文を勝手に受けて、早く送りたいのに出来上がりがイマイチです。
次が上手に出来るとは限らないので、とりあえず送ることにします。

あ、水色の布は、コタツ布団の内側の布でした。
まだたくさん有るので、義姉におそろいで作ってみようかな?
クリーム色の方が大きく見えますが、本当は水色の方が大きいです。

去年からの布ぞうりは、↓(カテゴリの布ぞうり)で見られます。
http://attyann.way-nifty.com/kokoro/cat6249291/index.html

| | コメント (10) | トラックバック (1)

公園で 6/1

小鳥の水浴びを見たのと同じ日(6/1)の公園の様子です。
Hana19_1
左の方 桜の木の葉がもう濃い緑になりました。
少し高いところに花しょうぶが咲いています。

Mizunuki1Mizunuki3水抜きの穴は工夫されて、いろんな生き物から排水されています。
(これは昨年の7月の写真です。)


Hana23_1
キンシバイの花と蕾です。 
オトギリソウ科 オトギリソウ属
咲き初めでしたが一つの花が大きくて、とても派手な感じです

Hana24_1
シモツケの花も一面に咲いていました。
シモツケはバラ科の花だそうです。

Hana22_1
取水口沿いの川辺の休憩所、屋形船の形をしています。
まわり一面に咲いているのはキンケイキク(金鶏菊)です。 キク科

ナデシコ科のマンテマの花も一面絨毯のように咲いています。
Hana21_1Hana25_1 花は小さいけれど、ひとつだけをよく見るとナデシコに似ています。


写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

布ぞうり はや一年!

入梅も近付き、今日はもう蒸し暑さを感じました。
素足に布ぞうりがとても心地よい季節です。

布ぞうりの存在を知って、ブログのお友達「備忘録」のzuccaさんのアドバイスや本を参考にしての布ぞうり作りを始めてはや一年たちました。

百足作らなくては一人前に上手には出来ないようですが、冬の間にゆびぬきを作ったり他の小物作りに精出していて、布ぞうり作り一年とはちょっと言いがたいかもしれません(^^ゞ

でも、作る楽しさに履いて心地好いし、プレゼントして喜ばれ♪
こんなに好いことがたくさんなので、やめることは出来ません。

先日の姉妹旅行で布ぞうりの注文を請け負って来ましたのに、なかなか手をつけられない間にこの天候です。

Zouri1_1 少々あせって作り始めようと、なんちゃって作業台の登場です。

ひさしぶりの布ぞうり編みなので出来がよくありません。
幅が揃わないし、これじゃ注文をしてもらってるのにお届け出来ないよ~。
とりあえず一足完成させて、ちゃんと見られるものを作らなくてはいけませんね。

今日は偶然本屋さんでNHK おしゃれ工房 2007年 06月号 [雑誌]を立ち読みしたのですが、明日(6/5)のNHKのおしゃれ工房でも「布ぞうり」の放送があるようです。

  -*- -*- -*- -*- -*- -*-

先日行ってきたふるさとで写したトキワツユクサは前の記事に追記しましたが、他に出会った花です。

Hana18_1 右は少し自信が無いのですがシロヤブケマン(ケシ科)でしょうか?
違っていたら教えてください。

Hana17_1

←優しい色のオドリコソウ(シソ科)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

素敵な水浴び場♪

昨日は久しぶりに出かけたのですが、ずっと家に篭っていたせいか公園へ行ってみたくなって回り道をしました。
サンダルでしたので歩くつもりは無く、いつかスズメの水浴びを見た東屋に座って小川を少し眺めていると次々に鳥さんが水浴びに来ました。
Tori8
↑東屋からの眺めです。
小川は東屋の周囲に作られています。

最初はシジュウカラ。
Tori7_1わーぃ!
水浴びシーンだ、と嬉しくなってカメラを向けましたが、良く写っていません。



次はだーれ?
Tori10_1Tori11_1
顔を上げればすぐ判りました。
メジロですね。


またまたやってきました。
Tori13_1Tori12_1
異色のカップル。
スズメとカワラヒワですね。


こちら↓はカワラヒワとメジロ。 息が合っていますね。
Tori14_1 Tori15_1

Tori16_1
スズメとカワラヒワ。
背中合わせに気にしながら水浴びです。


Tori18_1
カワラヒワのカップルも登場。


Tori19
とうとう
こんなに大勢登場です。

なぜかみんな同じ場所で水浴びしていました。
一時間少しの間に入れ替わり立ち代りで水浴びする鳥さん達に大興奮して、写真はよく撮れていませんが皆さんにも臨場感を味わってもらえるかと載せてみました。
写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

6/8 追記:ブログのお友達「木漏れ日ゆれるバルコニー」のジュリジュリさんに教えてもらいました。
幼鳥は、お腹に縦班があり、嘴が黒く、全体に茶色っぽいそうです。

最後の水浴びシーンに幼鳥がいましたよ。左端にお母さん。間2羽が幼鳥。右端がお父さん。親子の水浴びみたい。
でも、成鳥は性別が定かではありませんが、幼鳥は嘴黒いし、全体の色もぽわんとしているから間違えないと思うけど。

反対側の小川にはアメンボもたくさんいました。
Tori17


写真を少し大きくしました(6/3)

 -*- -*- -*- -*- -*- -*-

追記(6月4日)

zuccaさんの日記「ガビチョウの水浴び 6/3(日)」にTBさせていただきました。

Hana16_1 そしてzuccaさんの写真にあったトキワツユクサの花。
先日行ってきたふるさとに、たくさん咲いていたのを私も写真に撮っていました。
知り合いの家に行く里山の道にずっと咲いていました。
真っ白く小さい花がとても清楚な感じです。
Hana15_2

続きを読む "素敵な水浴び場♪"

| | コメント (14) | トラックバック (1)

デンドロビュームと紫陽花

先日記事にした、思い出の花デンドロビュームが咲きました。
Hana14_1 送ってもらったときは立派な鉢だったのですが、何度も枯れそうになって今回少し元気を取り戻してくれました。
来年も咲くように、もう少し可愛がってあげなくっちゃ。

Hana13_1 紫陽花の花も色づきました。
紫陽花はお日様が大好きと聞いたので昨年の夏はずっと陽に当たるようにしていたのでたくさんの花が付いてくれました。
Hana12_1

去年はもっと濃いピンクだったように思いますが花弁の縁に薄いピンク、この色合いもまた好い感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »