« 麗しい水茎の跡 | トップページ | モネの睡蓮 その後 »

布ぞうり 出来ました♪

雨が続いて、被害の出ているところもあるようですが、皆さんのところは大丈夫でしょうか?
雨の日は余程の用事がない限り外に出ないくて良いので、落ち着いて手仕事が出来ます。

布ぞうり、6月1日に第一回目の作品2点を記事にしました。
その後が続いて作れなくて、やっと3作目の布ぞうりが出来上がりました。

Nunozouri 反省点としては
①ぞうりの巾が、思うように広くならなくて苦労します。(編み始めが肝心なようです)
②かかとのところ、編んでいて最後になるのですが、綺麗に始末が出来ません。(ヘラで丁寧にかたち作らなくてはいけません)
③一番の難点は、左右が同じように出来ないことでしょうか。(数作って慣れることでしょうか)

Nunozouri1_1 右は使った布ですが、水色の布は編む前には薄い感じの色でしたのに、編んでみたら色合いが濃くなったように思えます。
水色だけでは淋しいようでしたので、縞柄の布を足しました。

鼻緒の色を濃くしましたら、全体が引き締まった感じになりました。
色の取り合わせはとても大事だと思いました。
鼻緒の中は、古いシーツの柔らかくなったのを裂いて、何本か入れています。
柿ロープというものを入れるとテキストにありましたが、入手できないし本来リサイクルが目的ということもあって、とりあえず古シーツを始末するために使いました。
少し固い感じになりますのでふんわりさせようと思うと、何か考えて見ないといけないようです。

ここで作っている布ぞうりは、NHKおしゃれ工房の2005年7月号をテキストにしていますが、自分なりにアレンジといえば聞こえは好いのですが変わってきていると思います。

布ぞうりつくりの先輩、zuccaさんのブログを参考にさせていただいています。
たくさん布ぞうりの記事が有りますが、その中の幅だしの記事にTBさせていただきます。

↓で、私の布ぞうりの記事は全部見られます。
布ぞうりのカテゴリのページ

|

« 麗しい水茎の跡 | トップページ | モネの睡蓮 その後 »

コメント

本当によく降りますね~。
昨日は県内に警報が出て、洪水で被害が出たところもあるようです。
布ぞうり、編むのにはかなり力もいるのではないですか?
前回の作品よりもかかとのあたりがしっかりしているように見えますよ。
色合いも夏らしく涼しげでいいですね。

投稿: くるみ | 2006年7月20日 (木) 12:44

私も布ぞうりに挑戦してみたいのですが、難しそうですね。
私が作ると、ギューギューになってしまいそうです。
布で見た時と、出来上がった時とでは随分と違うのですね。
履いてみた感想はどうですか?

投稿: 小春 | 2006年7月20日 (木) 14:56

くるみさん。
もう子供達は夏休みというのに、梅雨明けになりませんね。
布ぞうり台を作るとよいのでしょうが、この興味がいつまで続くか分らないので、
とりあえず足に縄をかけて引張って自力でやってるので、力がいるというよりも変に腰が痛いです。
普段使わない筋肉のトレーニングと思ってやっています(^^ゞ
前のより少しはましと思っていただけて嬉しいです。
なんとなくコツのようなものも分かりかけてきました。
やはり数をこなしてみることのようです。

投稿: シマのママ | 2006年7月20日 (木) 19:42

小春さん。
今の時期にフローリングはぺたぺたしますが、布ぞうり足に快適ですよ。
私でも出来ましたから、やってみられたらいかがでしょうか?
3作目は鼻緒や布など用意する時間は別にして、編み始めて3時間くらいで片方が出来ましたよ。
ギューギューにつめるくらいの方がしっかりしたものが出来て好いので、小春さんはきっと布ぞうりつくりに向いてますよ(^^♪

投稿: シマのママ | 2006年7月20日 (木) 19:50

シマのママさん、こんばんは~。
TBありがとうございました。
今回の布ぞうり 涼しげな色合いですね~。横幅狭くなってしまいましたか?
写真では分らないですよ~。
前の黄色いのもいい形でしたよね。

①は、「布を渡す度に幅が狭くならないように、横に広げる」様にするのが良いようです。
2~3段編んで一緒に広げるようにするのではなくて、右から左に布を渡したら、右のロープと糸を右手で抑えて、左手で左のロープを持って、左側に引っ張りながら編みます。
左から右も(さっきと逆の要領で)1回渡したらひろげ・・・毎回で面倒のような気もしますが、毎回したほうがいいみたいですよ。
上手く説明できているかな?
②かかとのところは、へらはなくても「ゴム通し」などを使っても上手くゆくように思いますが。
③左右同じに・・・これは私も毎回悩みます。数こなせば上手くできるようになるのかしら?難しいですね。左右違うのが手作りの味・・と、開き直っています(^^ゞ

鼻緒の中身 先日 でんせんしたストッキングにキルト用の中綿を詰めてその中にナイロン紐を通したらなかなか良かったよ。

素足に布ぞうり・・・お風呂上りなど特に快適ですね~♪

投稿: zucca | 2006年7月20日 (木) 20:50

zuccaさん、こんばんわ。
記事を更新したところで来客があって、そちらへのコメントが遅くなってしまいました。ゴメンナサイ。
アドバイス有難うございます(^O^)/
①は、機織りをする要領のような感じでしょうか?
②は、少し尖った竹のお箸でやってみていました。
③は、開き直りね(^^ゞ
とても良く判ります、忘れないうちに次を作ってみますね。
あ、鼻緒の中身のストッキングにキルト用の中綿は、細くストッキングを縫うのでしょうか?
まだ次の分の鼻緒は有りますので、ついでの時にでも教えてください。

投稿: シマのママ | 2006年7月20日 (木) 21:16

TBの事、全然気にしていません・・・と言うより、昨日は忙しくて、パソコンを開くのが遅かったから(^^ゞ

①は そう、機織の要領ね。布ぞうりも「織る」んですよね。
②竹のお箸 反対側に布を挟み込むような切り込みいれたんですか?いろいろ工夫されてますね。(^^)ノ
③のキルト綿と言うよりもキルト芯ですね。
キルト芯を細長く切って、少量のキルト綿を均一に広げ、ナイロン紐を3~4本中心に入れて、中味が出ないように気をつけて、一番外側のキルト芯を丸めます。
しつけ糸などで大まかに 広がらないように縫う等して、そのまま鼻緒の芯に使っても良いです。
(私の場合、接着芯を貼り付けてあったので、そのままだと摩擦が大きくて中に入らないので、ストッキングをかぶせて見ました。)
ふかふかの鼻緒が出来ました~♪

投稿: zucca | 2006年7月21日 (金) 21:37

zuccaさん、こんにちは。
雨があがって暑くなりましたよ。
鼻緒のアドバイス有難うございます。
良く判りましたので、今度やってみますね(^^♪

投稿: シマのママ | 2006年7月22日 (土) 15:20

やっとコメントできるようになりました♪
シマのママの元同僚のIです。
わかるかなぁ???
布ぞうり、うちの母親もはまってて、なんだかいっぱい作ってたよ~。最近はやってたりするのかな?
では、また来ます。今日は初めての書き込みなのでこのへんで☆

投稿: 元同僚 | 2006年7月22日 (土) 21:08

元同僚さん、こんにちは。
ようこそ私のブログにいらっしゃいました。
判りますよ、だってこのブログを知ってる人の最後4番目の人だもん(-_-;)
貴女の可愛い教えて~!に負けて教えちゃったのを少し後悔していますよ(>_<)
ここでのシマのママと元同僚は別人だー!って思われるのがこわいんよねぇ(^^ゞ

お母さん、布ぞうりいっぱい作ってるの?
話してみないと判らないものですね。
お母さんとも話が合いそうですね。
これからも、こちらお茶飲みにいらして、お暇があれば甘口のコメントをヨロシクお願いしますね。

投稿: シマのママ | 2006年7月23日 (日) 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/11011903

この記事へのトラックバック一覧です: 布ぞうり 出来ました♪ :

« 麗しい水茎の跡 | トップページ | モネの睡蓮 その後 »