« 旅の思ひ出 その2♪ | トップページ | 沙羅の木(ナツツバキ)の花に思ふ »

旅の思ひ出 最終章♪

前回、前々回とトラブル続きの記事でしたが。
やっと、今回の旅の目的の記事になります。

Kbuki1 福岡の博多座で、十八代目中村勘三郎の襲名披露公演がおこなわれていました。
25日のチケットが手に入ったからと福岡の義姉からのお誘いで、四姉妹と叔母様に私で観劇の会だったのです。
それも、東京、岡山、広島、山口と各地から集合。。
東京の妹は広島の妹宅に前泊し、私は山口からの2人と一緒に新幹線で博多座に現地集合。
その予定が、早く着いた福岡駅で話し合ってもないのにばったり出会いました。
さすが姉妹、匂ったかなぁ?
Hakata
地下鉄博多駅の表示は、博多帯があしらわれていました。

博多駅から地下鉄に乗り中洲川端駅下車で、そのまま7番出口からエスカレーターで上がるとすぐ博多座でした。
そこで全員集合となり、いざ劇場へ・・・

午前11時開演の昼の部 出し物は、
 一、熊谷陣屋(くまがいじんや) 
 二、連獅子(れんじし)
 三、人情噺文七元結(にんじょうばなし ぶんしちもっとい)

Kbuki3 襲名の口上は夜の部ということで、親子三人の連獅子を期待していました。
ところが、勘太郎くんの休演とかで、七之助くんと勘三郎さん親子二人での連獅子でちょっとガッカリ。
最終日前日の公演だということで、お二人共お疲れなのに頑張って?たてがみを振っていらっしゃいましたので、それなりに良かったのではありますが。

Kbuki4 勘太郎くんは後で知りましたが、6/21の夜の部で怪我をされたのに最後まで演じられたということでした。
さすがプロですが、無理は禁物ですね。
今回は三人の連獅子が見られませんでしたが、早く怪我を治して頂いていつか三人での連獅子を拝見したいものです。

Kbuki2 席も一階の中ほどで、いい席を用意してもらってお義姉さんに感謝です。
博多座は初めてでしたが、舞台が見やすく出来ていてとても良かったです。
それにどの演目もみなさん大熱演で感激でした。

久しぶりの姉妹の顔合わせも、皆それぞれ時間がなくて、すぐに解散となったのは少し物足りませんでしたが、それも仕方のないことですね。
次回の集まりに期待を残しての解散でした。

私は前日と同じく義姉の家に戻って、翌日に山陽自動車道を一路駆け抜け我が家へ帰ってきました。
それも、時折バケツをひっくり返したような大雨をサービスエリアでやり過ごしながら、全走行距離820キロを走ってきました。

家に帰ってからは、旅先での毎日の雨が嘘のような良いお天気になっています。
いつの旅もこんな雨降りにあったことはないのに、今回の雨続きは私と同じ日に故郷に帰り、同じ日に故郷を離れた同級生もいたからな・・・
って人のせいにしないで、梅雨だったからだとしておきますねKちゃん。
今度は、二人ゆっくり話せるように逢えるといいな、友情再確認の旅でもありました。

三回に分けての旅の思い出、お付き合いで読んでくださった方ありがとう、途中でどうでも良くなった方ごめんなさい。
この旅のトラブルで、これからは慣れていることでも年取る毎に無理は禁物と、自分に言い聞かせるためにも書き留めておきたかったのです。

|

« 旅の思ひ出 その2♪ | トップページ | 沙羅の木(ナツツバキ)の花に思ふ »

コメント

歌舞伎がメインだったのね、いいなぁ~。
襲名披露の公演 良い御席でよかったですね~。
シマのママさんのご一家は、皆さん歌舞伎のごひいきさんでいらっしゃるの?

勘三郎さんは昔からファンです。私は 歌舞伎座の前は通った事ありますが、中に入ったことはありません。独特の言い回しなど・・・ちょっと近寄りがたい感じ。
けれど、勘三郎さんの人柄に「惹かれるもの」があります。素敵な方ですよね。
お能や狂言、人形浄瑠璃は何度か見たことあります。歌舞伎も一度くらいは見ておかなくてはいけませんね。

帰り道はバケツをひっくり返したようなすごい雨だったとか。
私も中央道で経験あります。こんな時はとても走れませんね。前も見えなくなってしまうでしょー。
サービスエリアで大雨をやり過ごす・・・これも年の功(オット失礼)悪い事ばかりじゃないですね。
あらためて、お帰りなさい。ご無事で何よりでした。

投稿: zucca | 2006年6月29日 (木) 11:05

zuccaさん
他の義姉妹達は余り馴染みがないようでしたが、
私は母が歌舞伎や演劇が好きでしたので、
子供の頃地方に巡業で来た折には、観劇に連れて行ってもらっていました。
こちらに来てからは、四国金比羅大芝居にも何度か行ったくらい好きです。

何かの機会があれば、一度見てみると病みつきに成りそうな華やかさがあります。
歌舞伎座、キャー立ち見で良いから行って見たいです。
一幕だけなんていうのも見られるって聞きましたが・・・
そちらでしたら、コクーン歌舞伎など勘三郎さんが中心となって、
解り易い出し物などたくさん有りそうですよ。
ただ、チケットが中々手に入らないようですが。
お能と狂言の中間どころでしょうか、言い回しは慣れかな、
なんとなく筋はわかるものと思いますが。

今回の「文七元結」など、もともと落語ネタですので面白かったですよ(^^♪

帰り道、年の功なんて褒められても(^^ゞ
もう、何度と無く通ってる道なんで・・・
ご心配おかけしました

投稿: シマのママ | 2006年6月29日 (木) 18:15

おはようございます。
今回の旅行、観劇も目的の1つだったのですね。
義姉妹さんたちとの観劇、心に残るものに
なったでしょうね。

歌舞伎や演劇、興味はあるものの、雑誌やたまにTVでの中継を見るくらいで、
実際には行ったことはないのです。
亡くなった母がよく歌舞伎に行っていてその華やかさ、
すばらしさを話してくれていました。
一度母と行けば良かったなぁ~(^_^;
シマのママさんの記事で、またちょっと興味が湧いてきました。

それにしても、今回の旅行の行き帰りは雨にたたられて大変でしたね。
ちょうど悪い時期に当ってしまったのかな。
なによりご無事でなによりでしたね。

投稿: ぴよ | 2006年6月30日 (金) 08:27

おはようございま~す。

雨の中のドライブは大変でしたね。
私も一度、主人の実家の神戸まで車で行った時(運転は主人でしたけれど)、ものすごい雨でもう死ぬかと思ったことがありました。
本当にご無事でなによりです(#^.^#)

一度歌舞伎を観に行きたいなぁ。。。
でも、うちの親族には歌舞伎鑑賞の趣味を持つ人はだ~れもおりません。
落語なら付き合ってくれるかな。。。


投稿: 小春 | 2006年6月30日 (金) 10:03

ぴよさん
お母様も歌舞伎ファンでしたら、一緒に行かれていたら思い出になっていたことでしょうね。
いつか機会があれば、是非見るといいものですよ。

本当に雨ばかりの旅で、これもそれなりに思い出になりました。
ご心配をおかけしました。

投稿: シマのママ | 2006年6月30日 (金) 13:23

小春さん
ご心配おかけしました。
小春さんもすごい雨に逢ったことがあるのですね。
案外自分が運転していると、冷静なものですよ。
他人の運転だと怖いのは、何でしょうか?

金比羅歌舞伎などへ、お母様とご一緒にいかがですか?
余り構えなくても楽しめますよ。
落語も良いな、私の住んでるあたりには、そういう興行があまり無いんですよね。

投稿: シマのママ | 2006年6月30日 (金) 13:36

シマのママさん、おかえんなさい!(遅いって)
旅はアクシデントがつきものかもしれませんね。
雨、車とくれば悪条件。
身体には何事もなく最終日の歌舞伎を観ることができて何よりでした。

ウチは走行中にタイヤが外れて数秒違えば谷底へという目にあいました。
命があってケガもせず、対向車や他の人も傷つけづに済んだことは奇蹟だと思えました。

何事も予測はつかないのでこれからも
日々感謝と用心して過ごしたいですね。
歌舞伎や能をまだ観た事がないので行きたいなあ。

投稿: keiko | 2006年6月30日 (金) 16:04

Keikoさん、ただいま~。
タイヤが外れたって、どうしてそんなことに?
高速道路でパンクしたことは有ります(私の運転ではなかったのですが)
やはり、ちょっとの運ということでしょうか?
今回も、工場に着いてこれ以上乗らないほうが・・・っていう感じでしたので、
途中だったら困ったことに。。

ホント平凡な日常に感謝ですね。
宝塚デビューの次は歌舞伎デビューですね(^_^)v

投稿: シマのママ | 2006年6月30日 (金) 21:43

タイヤが外れたのは3月、長女の大学の下宿先の下見に行く途中でした。寒冷地はどこもそうでしょうが、夏用と冬用タイヤを春と秋に交換するのです。
冬用のスタッドレスタイヤのねじが徐々にゆるんでいたのでしょうね。ガタガタ音がするなあ~と思ったら、目の前をタイヤが一個、転がっていくではありませんか!ウチの車のでした、、。
まもなくガードレールすれすれでストンと車は止まりそれからJAFへの連絡や赤い三角印を探して置いたり色々大変でした。対向車は親切ではなく、「なんでそこで停まってるのか!」と苦情で警察に通報してくれたらしくパトカーまで来ましたが、別に怒られはしませんでしたが、迷惑そうでした(笑)。タイヤも端っこにお行儀よく止まってくれていて幸いでした。

2年前になりますが、それからというもの夫はタイヤ交換は自分でしないで、お金はかかっても車屋さんでしてもらいます。
長々と失礼しました!

宝塚は娘時代から観てるので結構長いんです。最近は舞台を見る機会がなかったのですが、
宝塚も歌舞伎もできるだけ「生」で見ないとだめですね。

投稿: keiko | 2006年7月 1日 (土) 16:31

Keikoさん、こんばんわ。
そうだったのですか~!
こちらはタイヤを換えるほどの雪にもならず、
雪の日は動かずに済むのですが、良くご無事で・・・^_^;
後になれば笑い話も、その時はゾ~ッとしますよね。
Keikoさんご一家はやはり運がよいのですね。

実は宝塚は観たことがありませんので、機会があれば観てみたいです。
そういえば歌舞伎は男性ばかりで演じ、宝塚は女性ばかりですね(^・^)

投稿: シマのママ | 2006年7月 1日 (土) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/10713925

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思ひ出 最終章♪:

« 旅の思ひ出 その2♪ | トップページ | 沙羅の木(ナツツバキ)の花に思ふ »