« 桑の実と桜の実 | トップページ | 淡竹(はちく) »

花ふきん 思い出

これまで私の作った花ふきんを載せてきましたが、今日は思い出の花ふきん。

一枚は、よく登場するK嬢のお祖母様が作ったもの。
おうちの人が留守で退屈するとやって来て、あれこれ教えてくださった中で、私の手持ちの本を見ては色々と作っていた中の一つです。
Fukinn15
七宝つなぎ
(しっぽうつなぎ)
 円が四分の一づつ重なっています。

あとの二つは、私の母が作ったものです。
我が家にやって来て退屈そうにしているので、下書きをして縫って頂戴と用事を作っていました。
自宅でも縫えるように下書きしたものを持って帰らせて、縫ったら次に来る時に持って来るようにと宿題を出したりしていました。
それも、目が悪くなって出来なくなったのは何時ごろだったか忘れてしまいました。
Fukinn16

向亀甲(むかいきっこう)
 横の線は端から端まで縫えます。縦の線は間を飛ばして縫います。

Fukinn14_1
麻の葉(あさのは)
 縦線とひし形を縫ってから、縦線をはさんで山形に縫う。最後に横線を糸を渡しながら縫う。

写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

刺し子糸ではなくて木綿糸、二本取りで刺してあります。

どれも退屈紛れに縫ってくれたものですが、縫った人の人柄が出るような丁寧に細かい目で縫ってあります。
私のように歪みながら大きな縫い目ではありません。
もう少し、ゆっくり丁寧に物事に向かわなくてはと反省させられてしまいます。

追記:花ふきんの記事はカテゴリー花ふきんでまとめて見られます。   

|

« 桑の実と桜の実 | トップページ | 淡竹(はちく) »

コメント

はじめまして
zuccaさんのブログでシマのママさんのコメントを読ませていただき
「始終空・シジュウカラ」にすごく反応して
どんな方だろうと訪問いたしました。

私の住んでいる飛騨でも「飛騨の刺し子」を目に
したことはありますが、それとは糸が違うのですね。

私も子供たちが小さな頃はソーイングが趣味で
夜中までミシンをやっていたことがありますが
大きくなり「ダサイ」なんて言われるようになり
今は埃をかぶっています。
ユニクロにも負けてしまいました!

投稿: keiko | 2006年5月30日 (火) 21:55

本当にどの花ふきんも丁寧に細かい目で縫っておられるのですね。
この花ふきんを見ていると、とても温かな気持ちになります。
それはきっと、お祖母様やお母様が一針一針気持ちを込めて縫われたからなのでしょうね。
私もこんな温かな花ふきんを作ってみたいです。

投稿: 小春 | 2006年5月31日 (水) 11:15

Keikoさん、ようこそ、はじめまして。
始終空に反応してくださるなんて、親近感を持ってしまいますね(^^ゞ
飛騨ですか、何年か前に観光しましたよ、良いところですね。
この、思い出のふきんは、木綿糸で刺していますが、私は草木染めの糸を使っています。
飛騨の刺し子の糸はどんな糸でしょうか?

お暇な時には、こちらお茶飲み話にいらしてください。私も今からお邪魔しますね。

投稿: シマのママ | 2006年5月31日 (水) 11:22

小春さん、おはようございます。
花ふきん、取り掛かっていますか?
はじめは、図案に手間取ったりしてなかなか進みませんけれど、縫い始めるとすぐです。
ゆっくり、気長に運針していれば形が出来て楽しいですよ(^o^)/

投稿: シマのママ | 2006年5月31日 (水) 11:28

思い出の沢山つまった花ふきん、宝物ですね。
一針ひと針 丁寧に縫っていらっしゃるのが良く分ります。

私のほうは もう少しで完成ですが、私は勢いで縫ってしまっているので反省点いっぱいです。
次回はもう少し丁寧に、きれいな仕上がりになるよう心がけながら縫わないとね~。

投稿: zucca | 2006年5月31日 (水) 15:32

zuccaさん。
丁寧なのですが、縫うのを見てるときは運針が早いのです。
運針は右手の親指と人差し指で針を挟み、中指の指ぬきに針の頭をくっつけ(中指はぎゅっと握りこむ感じ)少しづつ押しながら、親指と人差し指で布を少しづつ手繰って、左手の布をつかんだ方を前後に動かすのがコツのようなのですが、なかなか上手くいきません。
ミシンでザーッとでなく、チクチク着物を縫ってた人たちですものね(笑)

投稿: シマのママ | 2006年5月31日 (水) 17:03

こんにちは~。
運針のコツ 左手の布で布をつかんで、ぴんと布地が張るように引っ張りながら上下させる感じですよね~、何となく分ります。ありがとう。
花ふきん きょう一応縫い終わりました~。(^o^)/
ご指導ありがとうございました。

縫い終わってまた一つ疑問が・・・。
チャコペンのあとが残っていますが、時間が経てば自然に消えるようです。
けれど 洗濯などしたほうが良いのかな?教えてね。

投稿: zucca | 2006年6月 1日 (木) 13:10

zuccaさん、こんにちは。
仕事が速いですね(^^♪
チャコペンのあとは、洗うと晒しの糊が抜けて少しみすぼらしい気がして、私はいつもそのままです。
自分で使う分にはそのうち洗いますし、プレゼントする時も「気になったら洗ってね」と説明しています。(気の置けない方にしかプレゼントしないので)
最近のエンピツ型のものは、水を含ませた布でふき取れるようですね。私は何年か前のをまだ持ってるのです(^^ゞ
マーカー式のが発売された時に、母の為に下書きしたものが後で見ると少し黄ばんでいたようでした。最近のは使ったことがありませんのでどうなるかは判りません。
いずれにしても気になれば洗ってアイロンをかけると良いと思います(^^♪

運針、上下というより前後?手前と向こう側?って、なんとなく解ってくれてますよね(^^♪
やってるうちにコツが自然に判りますが、後は回数を重ねることでしょうか?

花ふきん、記事になるのを楽しみにしてますよ。

投稿: シマのママ | 2006年6月 1日 (木) 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/10307537

この記事へのトラックバック一覧です: 花ふきん 思い出:

» 花ふきん サッカーボール柄? [備忘録]
花ふきんにも W杯ぴったりの図案があるのですね~。よく見るとサッカーボールに見 [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 11:19

« 桑の実と桜の実 | トップページ | 淡竹(はちく) »