« 今日のシマちゃん 続き | トップページ | 男の料理 »

寒じめほうれん草

寒じめほうれん草ってほうれん草?

hourennsou スーパーで、珍しい名前のほうれん草を見つけて買いました。
寒じめほうれん草って。書いてありました。
熊本県産のようです。
見た目は、ほうれん草・・・うーん、どうでしょう?
葉っぱがチリチリで、根元は昔のほうれん草のように赤いのです。

茹でて、削りかつおをかけて食べました。
味がしっかりして、甘みもあってとても美味しい。
当分、はまりそうです。

※追記
検索して見たら、岩手県久慈市農政課のほうれんそうコーナーにありました。

「寒じめ」とは、冬の晴れた日にビニールハウスを開放して寒風にさらし、ほうれんそうであれば約100~120日をかけてゆっくり成長させる栽培方法の事をいいます。     
 寒風に当たったほうれんそうは、寒さで葉が凍らないように、細胞に糖分やビタミンCをふんだんに蓄えます。それが強い甘みと高い栄養価を生み出すのです。     

|

« 今日のシマちゃん 続き | トップページ | 男の料理 »

コメント

ほうれん草のおひたしって、茹で加減が命だと思うんです。私は下手でなかなか「うむっ!これは!」という出来になりません。シンプルな料理ほど奥が深いですね。寒じめほうれん草を今度スーパーで見つけたら、私も買ってみますね。

投稿: 小春 | 2006年1月20日 (金) 16:52

>小春さん

ほうれん草の茹で方、ほんとに難しい!
根っこの方に切れ目を入れて、葉っぱの方を上にして熱湯に入れると、均一に茹でられます。
まだ早いかなってとこで引き上げ冷水に取りますが、固すぎたときは、ベーコン炒めとかに料理を変更したりして? ごまかしもあり・・・

投稿: シマのママ | 2006年1月21日 (土) 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136333/8236143

この記事へのトラックバック一覧です: 寒じめほうれん草:

« 今日のシマちゃん 続き | トップページ | 男の料理 »